馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

新たなスーパースター誕生!アメリカンファラオが圧巻の強さでケンタッキーダービーを制す

      2015/06/27

 その強さに、「今年こそアファームド以来の3冠馬誕生なるか!?」と期待を抱いた競馬ファンは多かったのではなかろうか。

 データ的にはそこまで悪くはないとは言え、20頭立ての18番枠という枠順。終始外々を回される苦しい展開。特に外を回らされたことによる距離損は大きかったと思われ、4コーナーでステッキが飛んだ時は「大丈夫か!?」と思った競馬ファンも多かった筈。

 しかしその心配は杞憂に終わる。

 ライバルたちよりも多くのロスを強いられながらも、直線のど真ん中を力強く伸びるアメリカンファラオAmerican Pharoah

 1番のライバルと見られたドルトムントDortmundは直線半ばで脱落。あとは名手ゲイリー・スティーヴンスが手綱を取るファイアリングラインFiring Lineとの一騎打ち。

 最後は内で必死に粘るファイアリングラインを、外から文字通り捻じ伏せて見せたアメリカンファラオ。チャーチルダウンズ競馬場につめかけた17万人の大観衆の喝采を浴びるに相応しい、本当に強い勝ち方だった。

スポンサーリンク

 アメリカンファラオは父パイオニアオブザナイルPioneerof The Nile、母リトルプリンセスエマLittleprincessemma、母の父ヤンキージェントルマンYankee Gentlemanという血統のアメリカ産馬(詳しくはこちら)。

 昨年の8月、デルマー競馬場のオールウェザー6ハロンのメイドンでデビュー。このレースは5着に終わるものの、2戦目でいきなりG1デルマーフューチュリティーSに出走。見事快勝し、初勝利がG1制覇という偉業を成し遂げる。

 続くG1フロントランナーSも快勝しG1・2勝目を上げると、その実績と勝ちっぷりが評価されG1ブリーダーズカップジュヴェナイルを故障で回避したのにも関わらず、エクリプス賞最優秀2歳牡馬に選出される。

 幸い故障の程度は軽く、今年のレベルS(G2)で戦列に復帰するとこれも圧勝。そして本番ケンタッキーダービーへの最後のステップレースとしてG1アーカンソーダービーに出走すると、ここでも2着に8馬身差をつける大楽勝。

 押しも押されぬ大本命候補の1頭として、本番ケンタッキーダービーへと臨んできていた。

 これで通算成績を6戦5勝、内G1・4勝としたアメリカンファラオ。この時期の3歳馬としては言うことのない成績であり、昨年のカリフォルニアクロームに続くスーパースター誕生と言って良いのではないだろうか。

 父パイオニアオブザナイルが2着と涙を飲んだケンタッキーダービーを、息子が制すというストーリーは如何にも競馬ファンの心に訴えかけるものがあり、更に人気を集めることになるだろう。

 今後はプリークネスS、そしてベルモントSと3冠達成を目指して進んでいくことになるアメリカンファラオ。

 1978年のアファームド以来、アメリカでは実に37年間も3冠馬が誕生していないが・・・さてどうなるであろうか?

 まずは無事に、そして順調に今後の2冠に臨んで欲しいところである。

2015ケンタッキーダービー全着順 - エクイベース

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

【仏オークス】スターオブセヴィルが怒りの連闘でG1制覇

 現地時間の14日、フランス・シャンティイ競馬場で行われた3歳牝馬により芝210 …

フリーイーグル 未完の大器が遂にビッグタイトルを獲得 / プリンスオブウェールズS

 「凄い馬だと、ダービーを勝てた馬だと2年間言い続けてきた」  「その言葉が正し …

2015ドバイSC@ドルニヤ
ハープスターの輝きは何故失われたのか?日本馬にとって明暗分かれたドバイシーマクラシックを振り返る ~2015ドバイSCレース回顧~

Congrats to Dolniya, winner of the 2015 …

【英ダービー】ゴールデンホーンが圧勝!今年の欧州中長距離路線の主役に名乗り出る

 2015英ダービーの全着順はこちら  今年ほど勝利騎手と2着に敗れた騎手との表 …

【英オークス】クオリファイ しんがり人気馬が激走、大波乱を呼ぶ

 ▼2015英オークスの出走馬全着順はこちら  現地時間の5日、イギリスはロンド …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

偉業達成なるか!?トゥザワールドとトーセンスターダムが挑戦するクイーンエリザベスSを展望する【レース中継リンクあり】

 11日、オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場では芝2000mのG1クイ …

トレヴ圧巻の最終追い切り。凱旋門賞3連覇に向けて視界良好

 いよいよ今年も凱旋門賞の発走の瞬間が迫ってきた。  今年は久々に日本からの出走 …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …

怪物相手に不利な条件で3着と健闘!ゴールデンバローズの未来は明るい ~2015UAEダービーレース回顧~

Jockey Christophe Soumillon tries to spo …