馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

アメリカンファラオ ベルモントS一週前追い切りで好調をアピール

   

 今年こそ3冠達成の瞬間はやってくるのか・・・。

 現地時間の6月6日、アメリカ3冠の最終戦ベルモントステークス(米G1)において、アファームド以来37年ぶりの3冠達成に挑むアメリカンファラオAmerican Pharoah

 そのアメリカンファラオのベルモントS一週前追い切りが26日、本拠地のチャーチルダウンズ競馬場で行われた。

スポンサーリンク

 アメリカ式の長めから終始速いラップを刻むという実戦に近い追い切りを消化したアメリカンファラオ。ビッシリと追われた訳ではないが負荷は充分掛かっており、抜群の毛ヅヤと筋肉の張りから体調の良さは存分に感じられた。

 フットワークも身体全体をしっかりと使えた力強いもので、来週の本番に向けて万全の態勢で調整を重ねられていると見て良いだろう。

 走りっぷりからも距離延長は何ら問題ないように思えることから、37年ぶりの3冠達成の可能性は非常に高いように思える同馬。

 ただ過去のベルモントSは、幾多の「3冠達成間違いなし」と言われた2冠馬たちの夢を打ち砕いてきた歴史がある。

 僅かハナ差に泣いた1998年のリアルクワイエット。レース中に左前脚を骨折し、3着に終わったカリズマティック。2冠目のプリークネスSを11馬身1/2という記録的大差で勝利し、これは3冠間違いなしと言われるも2着に終わったスマーティージョーンズ。昨年アメリカを熱狂させたカリフォルニアクローム等々。

 アファームド以来、今年こそ、今年こそと言われ続けて早37年も経つ。果たしてアメリカンファラオはその言葉に終止符を打つことが出来るのだろうか?

 いよいよ来週に迫ったベルモントS。これからの一週間、アメリカ競馬界の、そして世界の競馬ファンの視線は1頭の競走馬に注がれることとなる。

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …

ハットトリック産駒がアルゼンチンでG1制覇!南米最強2歳馬へと名乗りをあげる

 地球の裏側から日本の競馬ファンにとって嬉しい報せが届いた。  現地時間の25日 …

ムーア騎手連日のクラシック制覇!レガティッシモを英1000ギニー馬に導く

 ライアン・ムーア騎手、連日の英国クラシックレース制覇を達成!!  本当にこの人 …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

凱旋門賞三連覇を目指しトレヴが今月末に復帰

 世界競馬史上初の偉業となる凱旋門賞三連覇を目指して、今年も現役続行を宣言した名 …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロスト最終追い切りで上々の動き。メンバー的にも今回はG1戴冠の大チャンス

※シンガポール航空国際C出走予定馬の調教映像。4分6秒ぐらいからマイネルフロスト …

クリスチャン・デムーロ騎手がイタリアダービーを勝利。念願のダービージョッキーとなる

 かつてクリスチャン・デムーロ騎手の兄ミルコは、ネオユニヴァースに騎乗して日本ダ …

アメリカンファラオの敗因を考える / 2015トラヴァーズS回顧

 『3冠馬アメリカンファラオが負けた!?』。  トラヴァーズS(米G1)が行われ …

トレヴ G2コリーダ賞を圧勝!凱旋門賞3連覇に向け好発進

 ▼2015コリーダ賞の全着順はこちら  いまだかつて達成した馬どころか、挑戦し …

【プリークネスS】アメリカンファラオが後続をブッチギリ圧勝!37年ぶりの3冠達成に王手

 いやはや・・・、強いねこれは(苦笑)  ケンタッキーダービー(米G1)を完勝し …