馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ダービー馬体診断】リアルスティール 研ぎ澄まされた馬体

   

 一見皐月賞前と大きく変わっていないように見えるリアルスティールだが、細かく見ていくと肩やトモに若干残っていた脂肪がそぎ落とされ、筋肉のラインがよりくっきりと見えるようになった。

 陣営へのインタビューでも「シャープさを追求している」といったコメントが出ているので、その取り組みの結果が馬体に現れていると言うことだろう。それが良いか悪いかは別として、陣営の要求にしっかりと応えられるという意味で馬体は充実しており、皐月賞の反動は無いと判断してよい。

 距離に関しては基本ベストは中距離、2000m近辺だろうが距離の融通性は高いタイプであり、高速馬場の2400mはどんとこいというタイプだろう。ただ典型的なキレ特化型のディープ産駒なので、稍重程度ならまだしも重以上に馬場が悪化するようだと大幅な割引が必要だ。

 使える脚が比較的短いタイプなので、一概に直線の長い東京コースは向いているとは言えない。あまり速く追い出しを開始すると、皐月賞のように抜け出した後に止まってしまい、他馬に交わされてしまう場面を再度見ることになる可能性は高い。

 ベストは共同通信杯のように、ギリギリまで追い出しを我慢することだろう。先行力があり操縦性の高い馬なので、追い出す前までに先頭を行く馬の直後のポジションを取ることは容易なはず。

 東京名物の長い直線を登りきる辺りでスパートすれば、あとゴールまでは約260mあまり。トップスピードに到達する加速力はメンバー中随一の筈なので、そこでリードを作りゴールまで一気に逃げ込むことは可能だ。

 ようはリアルスティールがダービー馬の栄冠を掴めるか否かは、一手に福永騎手の手綱捌きに掛かっていると言えるだろう。2年前のエピファネイアでの失態を取り戻せるか。その手腕に注目したい。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

スピルバーグ 期待よりも不安の方が大きい / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】スピルバーグ Spielberg 馬体解説・比較写真は …

【オークス馬体診断】レッツゴードンキ、距離はこなせる造り

【優駿牝馬】馬体FOCUS レッツゴードンキ Let's Go …

【安田記念馬体診断】ミッキーアイル マイル仕様に馬体を作り直したか?

【安田記念】馬体FOCUS ミッキーアイル Mikki Isle&#10 …

サトノダイヤモンド スケールの大きさはトップクラスだが・・・ / 日本ダービー馬体診断

#サトノダイヤモンド #SatonoDiamond #日本ダービー #東京優駿  …

【オークス馬体診断】クイーンズリング、素晴らしい出来

【優駿牝馬】馬体FOCUS クイーンズリング Queens Ring&# …

ゴールデンバローズ 同期の中でも飛び抜けた風格 / ユニコーンS馬体診断

【ユニコーンS】ゴールデンバローズ 馬体FOCUS 馬体解説・比較写真は …

【オークス馬体診断】ルージュバック、桜花賞よりも良い

【優駿牝馬】馬体FOCUS ルージュバック Rouge Buck&#10 …

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップ。 けさは、横山典騎手が手綱を取り、C …

サトノアラジンに本格化の兆し / エプソムC馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】 エプソムCに出走予定のサトノアラジン。 …

【ダービー馬体診断】キタサンブラック あのダービー馬に通じる雰囲気を纏う

【日本ダービー】馬体FOCUS キタサンブラック Kitasan Bla …