馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ダービー馬体診断】レーヴミストラル 雰囲気良く将来は大きいところも

   

 デビュー時に比べると本当にしっかりしたなという印象を受けたレーヴミストラル

 470キロ台で競馬を使っている馬にしては背が高く、体格の良さを武器に好成績を積み重ねてきた同馬だが、デビュー時は体重こそ今と同じぐらいだったが充分な筋肉が付いておらず、その長い脚を振り回すにはパワー不足だった。

 その後競馬に使われるごとに徐々に身体に筋肉を付け、しっかりしてきたレーヴミストラル。2走前のアザレア賞辺りからパンとしてきて、前走の青葉賞では快勝。そしてこのフォトパドックでの素晴らしい姿。まさに充実一途という感じだろうか。

 キングカメハメハ産駒らしい逞しい肩とトモの持ち主であるレーヴミストラル。共に幅、大きさは充分で、今でも充分な量の筋肉を搭載しているが、これから更に厚みを増していくことだろう。

 パッと見、胴はそこまで長くなくマイルから中距離ぐらいの馬に見えがちだが、実は背が高く脚も長いタイプの馬なので2000m以上の距離が欲しいタイプ。実際青葉賞を快勝しているので当然と言えば当然だが、府中の2400mは全く問題ない。

 背が高く脚が長いと言うことは一完歩の幅が広くなるということなので、当然直線の長い府中は向いている。

 レーヴミストラルも一般的なキングカメハメハ産駒の例に漏れず、スパートを掛けてからは結構なピッチ走法なのだが、バネがあり完歩ごとの飛行距離もそこそこあるので、一般的なピッチ走法の馬よりも長く脚を使える印象だ。

 正直馬そのもののスケールは思っていたよりも大きい。デビュー当初は「後々はオープン特別ぐらいの馬かな」と思っていたのだが、実際のところ青葉賞を勝たれてしまった。

 そして今回、同馬のフォトパドックを見て予想以上に良くなっている姿に「もしかしたら将来的にはG1に手が届くかも?」と認識を上方修正したほど。

 最近では同じように上方修正した馬に、先週オークスを勝利したミッキークイーンが居るが・・・。もしかして、また同じことが繰り返される!?

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

【ダービー馬体診断】サトノクラウン 極上の馬体

【日本ダービー】馬体FOCUS サトノクラウン Satono Crown …

ディサイファ、休み明けの影響は? / エプソムC馬体診断

【エプソムCC】馬体FOCUS ディサイファ Decipher …

【オークス馬体診断】ミッキークイーン、器はG1級

【優駿牝馬】馬体FOCUS ミッキークイーン Mikki Queen&# …

【安田記念馬体診断】リアルインパクト 全盛期の雰囲気を取り戻す

【安田記念】馬体FOCUS リアルインパクト Real Impact&# …

アンビシャス 中距離以下の活躍の場を限定するのは非常に勿体ない馬体 / 毎日王冠

【馬体FOCUS】アンビシャス Ambitious 馬体解説・比較写真は …

【ダービー馬体診断】ドゥラメンテ 体調に黄信号!?

【日本ダービー】馬体FOCUS ドゥラメンテ Duramente&#10 …

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップ。 けさは、横山典騎手が手綱を取り、C …

【オークス馬体診断】レッツゴードンキ、距離はこなせる造り

【優駿牝馬】馬体FOCUS レッツゴードンキ Let's Go …

ディーマジェスティ 仕上がりに一抹の不安 / 日本ダービー馬体診断

#ディーマジェスティ #DeeMajesty #日本ダービー #東京優駿 #競馬 …

ラキシス デビュー以来最高の出来 / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS ラキシス Lachesis 馬体解説 …