馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ダービー馬体診断】サトノクラウン 極上の馬体

   

 正直、ため息がこぼれてしまうほど素晴らしい、研ぎ澄まされた馬体をしているサトノクラウン

 今年行われてきた重賞レース出走馬のフォトパドックにおいて、これほど圧倒的な存在感と仕上がりを示した馬は初めてではなかろうか。そう言いたくなる位、飛び抜けた馬体に映る。

 まさに「薄皮一枚」と表現したくなるほどの薄い皮膚。極上の光沢を見せる抜群の毛ヅヤ。その皮膚の下には必要な箇所にはち切れんばかりの充実した筋肉が搭載されている。

 お腹には程よく脂肪が残されており、この後に予定される追い切りで絞り込まれていくことだろう。ダービー当日にはキッチリと絞り込まれたサトノクラウンが登場する筈だ。

スポンサーリンク

 サトノクラウンについては父が欧州でマイラーを多数輩出しているマルジュMarju ということで、一部で距離不安が囁かれているが馬体を見る限りその心配は一切ないと言える。

 胴長で背も高く脚も長いサトノクラウン。ストライドも伸びるタイプで、馬体からは距離が伸びて更に良さが出るタイプにすら映る。

 そもそもマイラー種牡馬といわれるマルジュだが、自身は現役時代英国ダービーで2着に入った実績があり、またその子供たちを見ても意外と中距離からクラシックディスタンスで結果を出した馬は多い。

 クイーンエリザベス2世C(香G1)を2勝し、ドバイシーマクラシック(首G1)を2着した香港のヴィヴァパタカViva Pataca はマルジュ産駒だし、同じく香港馬でジャパンCで2着に入ったインディジェナスIndigenous もマルジュ産駒。

 他にもフランスオークス(仏G1)を制したシルシラSil Sila や、ヴェルメイユ賞(仏G1)、ヨークシャーオークス(英G1)を制したマイエマMy Emma も同父の産駒と、中距離以上のG1で活躍した産駒も多数存在する。

 サトノクラウンの全姉であるライトニングパールLightening Pearl は芝6ハロンのG1チェヴァリーパークSの勝ち馬だが、これは距離が持たなかったというよりも早熟で、3歳以降はパッとせずすぐ引退してしまったからだろう。

 そもそも全兄弟といえども馬体の造りが全く別で、全然違ったタイプの馬に出ることは良くあること。血統だけで距離を判断するのは危険だと思われる。

 その辺のサンデー系種牡馬の産駒には負けないスピードを持っているサトノクラウンだが、さすがにディープ産駒相手だと高速馬場では多少不利かもしれない。スローな上がり勝負よりも、道中緩みなく流れる消耗戦の方が勝機は高いだろう。

 その重厚感ある馬体から渋った馬場は大歓迎なタイプなので、一雨降れば俄然注目度は高まる。27日現在でダービー当日の天気予報は雨。果たして天はサトノクラウンに味方するか否か。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

ディサイファ、休み明けの影響は? / エプソムC馬体診断

【エプソムCC】馬体FOCUS ディサイファ Decipher …

タップザット ライバルより前で競馬したい / ユニコーンS馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】ユニコーンSG3に出走予定のタップザット …

【安田記念馬体診断】ミッキーアイル マイル仕様に馬体を作り直したか?

【安田記念】馬体FOCUS ミッキーアイル Mikki Isle&#10 …

ラキシス デビュー以来最高の出来 / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS ラキシス Lachesis 馬体解説 …

【安田記念馬体診断】リアルインパクト 全盛期の雰囲気を取り戻す

【安田記念】馬体FOCUS リアルインパクト Real Impact&# …

【オークス馬体診断】コンテッサトゥーレ、出来は素晴らしいが距離に不安

【優駿牝馬】馬体FOCUS コンテッサトゥーレ Contessa Thu …

【オークス馬体診断】レッツゴードンキ、距離はこなせる造り

【優駿牝馬】馬体FOCUS レッツゴードンキ Let's Go …

【オークス馬体診断】ココロノアイ、桜花賞と比べると出来落ちか

【優駿牝馬】馬体FOCUS ココロノアイ Kokorono Ai&#10 …

【オークス馬体診断】クルミナル、距離延長に対応できるように馬体を造り変える

【オークス馬体診断】クルミナル 評価B|WIN!競馬 http://t.co/t …

マカヒキ 大幅な上積みこそ無いが確実に良化 / 日本ダービー馬体診断

#マカヒキ #Makahiki #日本ダービー #東京優駿 #競馬 #keiba …