馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ダービー回顧】雰囲気に呑まれたアダムスブリッジ。そのほか気になった馬たちのダービー回顧

   

ドゥラメンテ@ダービー

 今年のダービーの回顧記事もこれが最後。

 今回の記事では期待されるも下位に終わった馬たち、ミュゼスルタンレーヴミストラルタンタアレグリアポルトドートウィユキタサンブラックアダムスブリッジについて振り返って見たい。

 では、始めよう。

スポンサーリンク

軽症であることを祈りたいミュゼスルタン

 NHKマイルCからの参戦ということでタイトなローテーションが心配されたミュゼスルタンだが、仕上がり自体はまずまず良かったと思う。

 目に見えて身体のラインが不自然ということもなかったし、身のこなしも多少の硬さは見られたがまずまず。そもそも短い路線で活躍する馬なので、中距離を主戦場とする馬と比べたら硬いのは当然。そう考えると悪い仕上がりではなかったと思う。

 距離不安が囁かれていたので、後方からの競馬を選択することは充分想定されていた。実際そのような競馬を行ったということは、柴田善臣騎手の中にも距離に対する不安はあったという証拠だろう。

 直線入り口でスパートを掛けた時の反応と伸びは、一瞬「これは!?」と思わせる勢いを感じた。ただ残り300mほどで勢いは鈍り、最後はバテた先行馬を交わす程度の勢いしか維持できなかった。

 NHKマイルではもう少し末脚が持続していただけに、もしかしたら距離の壁が出たのかもしれない。それかレース後に柴田善臣騎手が異常を感じて下馬しているように、どこか異変があったのかも知れない。

 ただ前が止まらない馬場だっただけに、あの競馬ではいずれにしても限界は有っただろう。まあマイルが主戦場の馬だと思えるだけに、よく頑張ったといえるのではなかろうか。

 異常を感じた脚元については現在経過観察中だと聞く。軽症であることを祈りたい。

現状での力差を思い知らされたレーヴミストラル

 青葉賞の結果が評価されて4番人気に支持されたレーヴミストラルだが、一線級との現状での力の差を見せ付けられる結果になってしまった。

 仕上がりに関しては青葉賞と同じぐらいだったかなと思う。以前の記事でも上積みよりも状態維持に重きを置いた調整をしていると書いたが、そんな感じの状態だった。

 レースでは中団にポジションを取り、結果としてドゥラメンテをマークするような形の競馬をすることになった。4コーナーでの進め方など見ると、川田騎手も案外ドゥラメンテマークで一発を狙っていたのかも知れない。

 ただ直線を向くと、そこからの反応と爆発力で一気に突き放されてしまったレーヴミストラル。現時点での力の差をまざまざと見せ付けられた場面だったね。逆に付いて行こうとして体力を消耗した結果、早々に脚を失くし馬群に飲み込まれてしまった。

 現状では4番人気という評価は高すぎたということだろう。晩成傾向のある馬だけに、今後の成長と巻き返しに期待したいところだ。

その他の馬たち

 7着のタンタアレグリアに関してはスタートで後手を踏んだのがね。大飛びで緩慢な走りをするところが有る馬だけに、スタートで後手を踏むとちょっと厳しい。

 それでも直線ではよく伸びてきているんだけど、スパッと切れる脚はないし前も止まらない馬場ということで、上位に食い込むことは出来なかった。ちょっと運が無かった感じだね。

 ただ距離はどれだけ有ってもいい馬で、今後長めの距離で行われる重賞の常連と成れる存在だろう。覚えていて損のない馬だと思う。

 12着のポルトドートウィユもスタートが全てだったかな。相当酷い出遅れだったし。出来は良かったんだけどね。

 ただ直線ではもう少し脚を使えても良かったかなと思わないでもない。緩みのない流れとなった2400m戦を走りきるには、まだまだ体力不足だったということだろうか。

 今秋以降、古馬になって本領を発揮するタイプの馬だと思っているので、今後の成長に注目したいところだ。

 14着に終わったキタサンブラックの最大の敗因は、激しい先行争いに巻き込まれたことだろう。17番枠からあれだけ激しくやり合えば、いくらスタミナ自慢でも最後脚は上がってしまう。

 またプラス10キロと大幅に馬体重が増えたのも影響していただろうか。一週前、そして直前と追い切りが軽かったので懸念はしていたのだが・・・。陣営としてはもう少し輸送で絞れると思ったんだろうね。

 これで距離が持たないと結論付けるのは総計だろう。先行馬総崩れのレースになったのは間違いないのだから。もう少し様子を見てみたい馬である。

 期待していたアダムスブリッジは17着。非常に厳しい結果に終わった。

 馬体そのものはこのメンバーでも見劣りはしなかったと思う。前後を有力馬に囲まれる形となったが、雰囲気では引けを取っていなかった。

 ただ仕上がりに関しては甘さが目立ったかな。やはり若葉S以来のレースというのは調整が難しかったと思う。馬もどことなくダービーの雰囲気に呑まれていたように見えた。

 レースではスタートからゴールまで全くハミを取らなかったと聞く。確かに4コーナーで和田騎手の手が早々に動いているが、アダムスブリッジは全く反応できていない。レースキャリアの浅さがモロに出た印象だ。

 素質馬の初G1参戦は非常に残念な結果に終わったが、ここから巻き返した馬などいくらでもいる。器の大きさはG1級と見込んでいる存在だけに、いつか大舞台でこの日の悔しさを晴らすことを期待したい。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

【オークス回顧】批判自体はされるべきだが・・・。川田騎手のレース後の発言に違和感

【PHOTO】ゴーグルを投げ入れる浜中俊騎手とミッキークイーン http …

ミッキークイーン 人馬共に素晴らしいパフォーマンスで納得の2冠達成 / 秋華賞レース回顧

 「勝利に相応しい馬が、勝つべくして勝った」  20回目の節目を迎えた今年の秋華 …

エイシンヒカリ そのパフォーマンスレベルは世界の歴代名馬級との評価 / イスパーン賞レース回顧

 ・・・いやはやビックリした。これが今回のエイシンヒカリの海外遠征緒戦となる、イ …

馬場状態をフルに活かしきったバウンスシャッセと田辺騎手 ~2015中山牝馬ステークスレース回顧~

 15日に行われた重賞「第33回 中山牝馬ステークス(GⅢ)」。  ハンデ戦で且 …

【オークス回顧】ルージュバック 限られた時間の中で最善を尽くすもたった1つのミスに泣く

2着ルージュバック・戸崎騎手「前に壁ができなかったけど折合つけたし我慢できた。気 …

その走りに賞賛の拍手を!日本競馬の今後に多大な功績をもたらしたリアルインパクト ~2015ドンカスターマイルレース回顧~

【PHOTO】リアルインパクト Real Impact http://t …

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

2015ドバイSC@ドルニヤ
ハープスターの輝きは何故失われたのか?日本馬にとって明暗分かれたドバイシーマクラシックを振り返る ~2015ドバイSCレース回顧~

Congrats to Dolniya, winner of the 2015 …

ペルシアンナイト 不振に喘ぐ父にとって待望のクラシック候補誕生!? ~2017アーリントンC回顧~

 ペルシアンナイトが思った以上に強かったというのが第一印象だろうか。  開幕週の …

【鳴尾記念】ラブリーデイが完勝でG1に向け弾みを付ける

 宝塚記念の前哨戦としてこの時期に移されてから、今年で4年目となる鳴尾記念。阪神 …