馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

レーヴミストラルとタンタアレグリア、ダービー追い切りで感じた青葉賞組の評価

   

レーヴミストラル@青葉賞1

 ここまで注目馬のダービー最終追い切りを観てきたが、この記事ではトライアルの青葉賞で優先出走権を得た2頭、レーヴミストラルタンタアレグリアについて、追い切りの内容と可能性について考えて見たい。

 果たして皐月賞組に一矢報いることが出来る状態なのか、それでは見てみよう。

スポンサーリンク

青葉賞1着:レーヴミストラル

 インタビューなどで「最後のダービーになりますが?」と聞かれても、いつもと変わらぬ自然体の姿で受け答えしている様が印象的な松田博資調教師だが、その師の姿勢を現すような追い切りだったと思う。

 ダービーだからと言って無理に攻めることなく、これから伸びていくレーヴミストラルの現状に合わせたソフトな追い切り内容。

 普通、調教師生活最後のダービーともなれば目一杯仕上げて臨もうと思ってもおかしくないと思うのだが、肩肘に力入れることなくいつもと変らぬ姿勢で大一番に臨むことを選択した師の姿に、さすが名伯楽だなと改めて感心した。

 このように大一番だからと言って、何か特別なことはされなかったレーヴミストラル。充分力は出し切れる動きだが、目に見えて出来が良くなったということは残念ながらないと思う。

 現状の力でどこまでやれるか?あくまで挑戦者としてまずは掲示板を目指すダービーとなりそうだ。

青葉賞2着:タンタアレグリア

 追われてから鋭さや切れを感じさせるといった動きではない。ただその四肢を一杯に使った豪快なフットワークは、消耗戦になった時に意外な破壊力を発揮するのでは?と微かな期待を抱かせる。

 青葉賞2着からダービー本番へと臨むタンタアレグリア。実績的には正直掲示板すら難しいかと思わせるが、その実力は意外と侮れないものを持っているのでは?と密かに思っている。

 追い切りを見ても分かるように、とにかく大飛びで一瞬の切れは正直期待できないタイプなので、位置取りが後ろになったり高速決着になると現状では厳しいだろう。

 ただ道中緩みなく流れ上がりが掛かるような競馬になるならば、その雄大な馬体から繰り出されるしぶとい末脚は、予想以上の破壊力を見せる可能性がある。何より状態がかなり良いのだ。

 ゼンノロブロイ産駒だが、なぜかハーツクライ産駒に通じる雰囲気を醸し出しているタンタアレグリア。正直得体の知れない不気味さを覚えるのだが・・・。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

【オークス追い切り】ココロノアイ 変則的な追い切りだが動き自体に問題なし

 普段良く行われている追い切りとは違い、前半から押さえずに飛ばして行ったココロノ …

【安田記念】モーリス 東京コースとの相性は最悪

 今週行われるG1安田記念。おそらく1番人気は3連勝中のモーリスだろう。  3戦 …

サトノラーゼンとポルトドートウィユ、ダービー追い切りを終えた京都新聞杯組の可能性

 今年のダービー注目馬の追い切り記事もこれで最後。  この記事では京都新聞杯でワ …

ノンコノユメ 出来は良い意味で平行線 / ユニコーンS追い切り

 前走の青竜ステークスでは上がり34秒7という芝並みの脚を繰り出して快勝したノン …

アダムスブリッジ、ダービー追い切りで好印象。未知なる可能性を秘めた「大器」

 未知の魅力を備えた大器が満を持して大舞台に登場。ダービー最終追い切りを終えたア …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【安田記念】リアルインパクト 本調子を取り戻した今なら勝機は充分

 今年の春、日本競馬に明るい話題を届けてくれた競走馬といえばリアルインパクトだろ …

【オークス追い切り】レッツゴードンキ、万全の仕上がり

 レッツゴードンキの追い切りは霧が濃すぎて前半まるで見えなかったが、後半の脚取り …

アルタイル 好走の鍵は仕掛けどころ / ユニコーンS追い切り

 ダートでは6戦2勝、2着3回と安定した成績を残しているアルタイル。  先行力が …

アフターダーク 芝追いで抜群の動きを披露 / 札幌2歳S追い切り

 たまに重賞の追い切りなどを観ていると、そこまで評価は高くないもののやたらと良い …

サトノアラジン 池江厩舎必勝の調整パターンで挑む / エプソムC追い切り

 今週日曜の東京競馬場メインレースは古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ …