馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

サトノラーゼンとポルトドートウィユ、ダービー追い切りを終えた京都新聞杯組の可能性

   

サトノラーゼン@2015京都新聞杯

 今年のダービー注目馬の追い切り記事もこれで最後。

 この記事では京都新聞杯でワンツーした2頭、サトノラーゼンポルトドートウィユについて考えてみたい。

スポンサーリンク

京都新聞杯1着 サトノラーゼン

 京都新聞杯から中2週、そして昨年の12月に復帰してから毎月出走して今回で7戦目。なので軽めの追い切りになるのは予想していたのだが、それにしてもちょっと軽過ぎるような気がしないでもない。

 正直ラストはもう少し伸ばして欲しかったかな。最後までがっちりと押さえたままで、正直負荷はそれ程掛かっていないように思える。この追い切り内容だと、前走よりも上積みを望むのは厳しいのではなかろうか。

 サトノラーゼンという馬は脚の長さは標準的なのだが、母父のインティカーヴの影響か胴が詰まった体型をしている。ベストはマイルから2000m前後の馬だと思われ、高速馬場なら2400mもこなせなくはないが、パフォーマンスが向上することはないだろう。

 正直上積みはあまり期待できないので、有利な内枠に入ったといっても勝ち負けまで望むのは厳しい印象。上手く行って3着ぐらいが現実的な線ではなかろうか。

京都新聞杯2着 ポルトドートウィユ

 こちらはサトノラーゼンと比べて中2週でもしっかり負荷を掛けてきた印象だ。

 正直相手なりに走る善戦マンといったイメージが強いポルトドートウィユだが、器自体はこのメンバーに入っても見劣りしないものを持っていると思う。将来的にはG1でも勝ち負け可能と評価しているぐらいだ。

 ただ如何せんまだ成長途上。もともとエアグルーヴの血を引く馬は晩成傾向が強く、古馬になってから本当に力を付ける馬が多い。

 香港でG1を勝ったルーラーシップも、3歳春はプリンシパルSでは強い勝ち方を見せたものの、展開が向かなかったとはいえ本番のダービーでは5着に終わった。

 同馬のいとこであるドゥラメンテは見事皐月賞を快勝したが、そのドゥラメンテにしても馬体を見ればまだまだ成長途上。ポテンシャルの高さで補っている印象がある。

 ポルトドートウィユも骨格などは申し分ないものを持っているのだが、如何せんまだその骨格を生かしきれる筋肉が備わっていない。本当に良くなるのは来年以降だろう。

 その状態でここまで相手なりに走り、安定した成績を残しているのだから大したもの。今回の追い切りでも安定したフォームで走れるようになっている様が窺え、一戦ごとに力を付けているのが分かる内容だった。

 好位から中団で競馬を進め、直線では長く良い脚を使うタイプだけに東京コースは向くだろう。また競馬センスも良い馬なので、混戦になれば浮上する可能性は高い。

 現状の力でどこまでやれるのか?掲示板ならば充分期待できるだけの力は持っていると思っている。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

【オークス追い切り】クルミナル 桜花賞よりも上昇

 相変わらず霧の影響で追い切り前半の様子が不明だが、後半の動きは出色モノだったの …

ビックリするほど軽い調整内容に不安説も浮上!?香港の刺客エアロヴェロシティの本当の状態について考えてみた ~2015高松宮記念追い切り~

Aerovelocity winning the HK Sprint &#821 …

【ヴィクトリアマイル】バウンスシャッセが激走する可能性は限りなく大きい

 前走中山牝馬Sの勝利が良いキッカケになったのか?どうやら完全にスランプは脱した …

【ダービー追い切り】リアルスティール 完璧な最終調整

 ほぼ完璧な最終調整だったと言えるのではないだろうか。  27日、栗東トレセンの …

ノンコノユメ 出来は良い意味で平行線 / ユニコーンS追い切り

 前走の青竜ステークスでは上がり34秒7という芝並みの脚を繰り出して快勝したノン …

【ダービー】サトノクラウン 巻き返しに向けて牙を研ぐ

 皐月賞では人気を背負うも6着と敗れたサトノクラウン。  この一戦で人気を落とし …

【オークス追い切り】ミッキークイーン 鋭い動きで頂点を狙う

 霧の影響で調教時計は分からない、ゴール前の部分しか動きが判断できないと酷い有様 …

アドマイヤエイカン 素質は上位、息の長い末脚を生かしたい / 札幌2歳S追い切り

 芝コースで長めから意欲的に追われた須貝厩舎のアドイマイヤエイカン。  大型馬な …

【ダービー】ドゥラメンテ 一週前追い切りで感じた2つの不安

 皐月賞に続く2冠を狙うドゥラメンテだが、中間の調整過程を見る限り不安を感じる部 …

ミッキーアイル 最終追い切りを坂路に戻してきた意味とは / スプリンターズS追い切り

 安田記念では気性面の若さを前面に出してしまい、15着と大敗したミッキーアイル。 …