馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ダービー】ドゥラメンテ 一週前追い切りで感じた2つの不安

      2015/05/26

 皐月賞に続く2冠を狙うドゥラメンテだが、中間の調整過程を見る限り不安を感じる部分が正直ある。

 先週の一週前追い切りでも時計自体はしっかりと出ていたし、最後のパートナーを置き去りする場面は一見「さすがドゥラメンテ」と思うような迫力を感じさせた。

 ただ過去の追い切り動画と比較してみると、若干前肢の出が硬くなっているように思う。以前はもう少し前に向かって伸ばせていたのだが。

 別に一概に前肢が伸びなくなることが悪いという訳ではない。前肢が伸びすぎてストライドが大きくなると脚の回転数(ピッチ)が下がり、結果加速に手こずりトップスピードに到達し辛くなってしまう。

 ピッチが上がればその分加速も高まり、短い時間でトップスピードに到達するようになる。だから直線の短いコースやコーナーが急なコースは、原則ピッチ走法の方が有利なのだ。

 ただ馬にもタイプがある。ドゥラメンテという馬はピッチもそこそこ速い馬だが、基本はその卓抜した柔軟性を武器に大きなストライドで伸びてくる馬だ。

 そういうタイプの馬が馬体の柔軟性をある程度失うのは、果たしてマイナスに働きやしないだろうか?そこを懸念している。

スポンサーリンク

 あともう一つ、過去の追い切りの時と比べて少々胴回りがスッキリし過ぎているようにも思えた。

 実は2週前追い切りの時も、そして一週前追い切りの時もドゥラメンテは追い切り終了後大きく馬体を減らしたという情報が入っている。

 その馬体減自体はその後数日間で回復しているらしいが、いくら汗をかき易くなったとはいえ一回の追い切りで馬体重の変動が大きく生じるとは、体調に少し問題を抱えつつある証拠かも。

 これはまた後で記事にするが、ドゥラメンテのフォトパドックを見たところ少し毛ヅヤが悪くなっているように思えた。毛ヅヤは体調の良し悪しを示すバロメーター。元々毛ヅヤが冴えない馬ならいざ知らず、以前より悪く映ったら自然と黄信号点灯ということだろう。

 もともと体質的にそんなに丈夫じゃない馬で、陣営もデビュー時から大事に使ってきた。賞金を加算する為にセントポーリア賞から中一週で共同通信杯を使った時も、ギリギリまで体調を見極め出走を決定したほど。

 そういう馬だけに皐月賞で激走した反動が少なからず残っている可能性はある。皐月賞の勝ちっぷりから大本命視されているドゥラメンテだが、付け入る隙は現時点では決して小さくはなさそうだ。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

ゴールドシップ 宝塚記念3連覇に向け舞台整う / 宝塚記念追い切り

 宝塚記念の最終追い切りを坂路で行ったゴールドシップ。  主戦の横山典弘騎手が3 …

アラバスター どうしても付きまとう母の影 / 札幌2歳S追い切り

 名牝レーヴディソールの初仔であり、札幌2歳Sでは1番人気が有力視されているアラ …

【ヴィクトリアマイル】バウンスシャッセが激走する可能性は限りなく大きい

 前走中山牝馬Sの勝利が良いキッカケになったのか?どうやら完全にスランプは脱した …

ミッキーアイル 最終追い切りを坂路に戻してきた意味とは / スプリンターズS追い切り

 安田記念では気性面の若さを前面に出してしまい、15着と大敗したミッキーアイル。 …

必死に粘るキタサンブラック
【ダービー】キタサンブラック 数少ない「距離が伸びて良い馬」

 今年の皐月賞からダービーへの転戦組の中で、距離が伸びて良さそうと思える馬は意外 …

エイシンヒカリ抜群の反応 / エプソムC追い切り

 今週日曜の東京競馬場メインレースは古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ …

サトノアラジン 池江厩舎必勝の調整パターンで挑む / エプソムC追い切り

 今週日曜の東京競馬場メインレースは古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ …

プロフェット スケールの大きさはメンバー中随一 / 札幌2歳S追い切り

 ハービンジャー産駒が1~2番人気を独占しそうな今年の札幌2歳ステークス。  お …

【オークス追い切り】ミッキークイーン 鋭い動きで頂点を狙う

 霧の影響で調教時計は分からない、ゴール前の部分しか動きが判断できないと酷い有様 …

【安田記念追い切り】モーリス 軽めだが走れる仕上がり

 同じく安田記念に出走するリアルインパクトと併せて追い切りを行ったモーリス。   …