馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ダービー】ドゥラメンテ 一週前追い切りで感じた2つの不安

      2015/05/26

 皐月賞に続く2冠を狙うドゥラメンテだが、中間の調整過程を見る限り不安を感じる部分が正直ある。

 先週の一週前追い切りでも時計自体はしっかりと出ていたし、最後のパートナーを置き去りする場面は一見「さすがドゥラメンテ」と思うような迫力を感じさせた。

 ただ過去の追い切り動画と比較してみると、若干前肢の出が硬くなっているように思う。以前はもう少し前に向かって伸ばせていたのだが。

 別に一概に前肢が伸びなくなることが悪いという訳ではない。前肢が伸びすぎてストライドが大きくなると脚の回転数(ピッチ)が下がり、結果加速に手こずりトップスピードに到達し辛くなってしまう。

 ピッチが上がればその分加速も高まり、短い時間でトップスピードに到達するようになる。だから直線の短いコースやコーナーが急なコースは、原則ピッチ走法の方が有利なのだ。

 ただ馬にもタイプがある。ドゥラメンテという馬はピッチもそこそこ速い馬だが、基本はその卓抜した柔軟性を武器に大きなストライドで伸びてくる馬だ。

 そういうタイプの馬が馬体の柔軟性をある程度失うのは、果たしてマイナスに働きやしないだろうか?そこを懸念している。

スポンサーリンク

 あともう一つ、過去の追い切りの時と比べて少々胴回りがスッキリし過ぎているようにも思えた。

 実は2週前追い切りの時も、そして一週前追い切りの時もドゥラメンテは追い切り終了後大きく馬体を減らしたという情報が入っている。

 その馬体減自体はその後数日間で回復しているらしいが、いくら汗をかき易くなったとはいえ一回の追い切りで馬体重の変動が大きく生じるとは、体調に少し問題を抱えつつある証拠かも。

 これはまた後で記事にするが、ドゥラメンテのフォトパドックを見たところ少し毛ヅヤが悪くなっているように思えた。毛ヅヤは体調の良し悪しを示すバロメーター。元々毛ヅヤが冴えない馬ならいざ知らず、以前より悪く映ったら自然と黄信号点灯ということだろう。

 もともと体質的にそんなに丈夫じゃない馬で、陣営もデビュー時から大事に使ってきた。賞金を加算する為にセントポーリア賞から中一週で共同通信杯を使った時も、ギリギリまで体調を見極め出走を決定したほど。

 そういう馬だけに皐月賞で激走した反動が少なからず残っている可能性はある。皐月賞の勝ちっぷりから大本命視されているドゥラメンテだが、付け入る隙は現時点では決して小さくはなさそうだ。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

【オークス追い切り】クルミナル 桜花賞よりも上昇

 相変わらず霧の影響で追い切り前半の様子が不明だが、後半の動きは出色モノだったの …

アルタイル 好走の鍵は仕掛けどころ / ユニコーンS追い切り

 ダートでは6戦2勝、2着3回と安定した成績を残しているアルタイル。  先行力が …

2014マーチS
稀に見る混戦も有力どころは3頭に絞られる ~2015マーチS追い切り診断~

 明日の中山メインレースはダートの中距離重賞、「第22回 マーチステークス(GⅢ …

【ヴィクトリアマイル】レッドリヴェール万全の追い切り!輸送をクリアすれば復活の可能性大

 須貝調教師が発した威勢の良いコメントが肯ける、非常に良い動きだったと思う。   …

ノンコノユメ 出来は良い意味で平行線 / ユニコーンS追い切り

 前走の青竜ステークスでは上がり34秒7という芝並みの脚を繰り出して快勝したノン …

【オークス追い切り】ココロノアイ 変則的な追い切りだが動き自体に問題なし

 普段良く行われている追い切りとは違い、前半から押さえずに飛ばして行ったココロノ …

ゴールドシップは順調そのもの / 宝塚記念一週前追い切り

 17日、東西トレセンでは来週行われるG1宝塚記念出走馬の一週前追い切りが行われ …

【ダービー追い切り】ドゥラメンテ 出来落ちの懸念を払拭できず

 ドゥラメンテを管理する堀宣行調教師は追い切り後の会見で「動き自体は皐月賞より一 …

【オークス追い切り】ミッキークイーン 鋭い動きで頂点を狙う

 霧の影響で調教時計は分からない、ゴール前の部分しか動きが判断できないと酷い有様 …

【ヴィクトリアマイル】ウエスタンメルシー追い切りで超抜の動きを披露。一発大穴の期待

 正直格下だとは思う。また追い込みという脚質も、今回予想される展開に向くかと言わ …