馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ダービー】リアルスティール 全てにおいて皐月賞より上昇

      2015/05/26

 ダービーで皐月賞の雪辱を狙うリアルスティールだが、一週前追い切りを見る限り順調に調整できているようだ。

 皐月賞と同じで一週前はCWコースで追い切ったが、その前走時よりも馬場状態の差はあるとはいえ動きは格段と良くなっていた。

 ピッチよりの走法をしているリアルスティールだが、その中でも身体は伸ばして使えていたし、背中から腰のラインもしっかりしていて重心のブレは微塵も感じられなかった。

 脚捌きの切れといった部分でも前走時より良くなっており、全ての部分において上積みが見込めそう。一週前追い切りとしては申し分ないモノだったのではないだろうか。

スポンサーリンク

 あと鞍上の福永騎手との呼吸も随分と良くなっていた印象を受ける。

 以前のリアルスティールの追い切りでは福永騎手がゴーサインを送る前に、勝手にトップにギアを入れてしまう場面が多々見られた同馬。

 それだけ反応が機敏ということだが、逆にいえば福永騎手がしっかりと御せていないということで、仕掛けどころのタイミングが大事になるダービーにおいて、それは諸刃の剣になりかねないと思っていた。

 ところが今回の一週前追い切りでは、福永騎手のゴーサインが出るまで待てる余裕が有ったリアルスティール。これは馬が成長したのか福永騎手の技術が向上したのか分からないが、ダービーに向けては歓迎すべき材料となるだろう。

 陣営は「ソラを使う」と表現しているが、基本切れ過ぎるあまりに末脚の持続力はそうでもないリアルスティール。息の長い末脚を誇るドゥラメンテやサトノクラウンとは、末脚争いになると分が悪いので立ち回りの上手さで対抗しなければならない。

 リアルスティールがドゥラメンテに勝っている点といえば、その機動力の高さだろう。最後の直線に向くまで、機動力の高さを活かしてどれだけのアドバンテージを作れるか?

 ダービーでリアルスティールの頭上に栄冠が輝くかは、一重に福永騎手の手綱捌きに掛かっていると言っても過言ではない。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

コパノリチャード 買い材料は少なく嫌ってみる手も / 函館SS追い切り

 実績的に函館スプリントステークスでは1番人気が予想されるG1馬コパノリチャード …

レッドオーヴァル やるべきことをやった牝馬にいよいよ勝利の女神が微笑むか / スプリンターズS

 レッドオーヴァルという馬は運の無い馬だというイメージが強い。  桜花賞2着、ス …

サトノラーゼンとポルトドートウィユ、ダービー追い切りを終えた京都新聞杯組の可能性

 今年のダービー注目馬の追い切り記事もこれで最後。  この記事では京都新聞杯でワ …

ミッキーアイル 最終追い切りを坂路に戻してきた意味とは / スプリンターズS追い切り

 安田記念では気性面の若さを前面に出してしまい、15着と大敗したミッキーアイル。 …

【オークス追い切り】ミッキークイーン 鋭い動きで頂点を狙う

 霧の影響で調教時計は分からない、ゴール前の部分しか動きが判断できないと酷い有様 …

【オークス追い切り】クルミナル 桜花賞よりも上昇

 相変わらず霧の影響で追い切り前半の様子が不明だが、後半の動きは出色モノだったの …

ゴールドシップ 宝塚記念3連覇に向け舞台整う / 宝塚記念追い切り

 宝塚記念の最終追い切りを坂路で行ったゴールドシップ。  主戦の横山典弘騎手が3 …

【オークス追い切り】ルージュバックが本来の動きを取り戻す

 桜花賞後に即座にノーザンファーム天栄に放牧に出し、ギリギリまで当地で調整を重ね …

ゴールデンバローズ ドバイ帰りも順調な仕上がり / ユニコーンS追い切り

 ドバイのUAEダービー(首G2)以来のレースとなるゴールデンバローズ。  ドバ …

【オークス追い切り】ココロノアイ 変則的な追い切りだが動き自体に問題なし

 普段良く行われている追い切りとは違い、前半から押さえずに飛ばして行ったココロノ …