馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ダービー回顧】騎手の手腕が光ったサトノラーゼンとコメート そして戦い切った男の涙は美しかった

   

 この記事からは昨日のダービーでの走りが印象的だった馬を何頭かづつピックアップしつつ、ダービーというレースを振り返ってみたい。

 まずは見事2着と健闘したサトノラーゼン、16番人気ながらも5着と頑張ったコメートについて記してみよう。

スポンサーリンク

サトノラーゼン、岩田騎手の手腕光る

 仕上がりは良かったがテンションの高さが目に付いたサトノラーゼン。

 もともとテンションは確かに高いタイプなのだが、それにしても高くなりすぎている感があり、折からの暑さと共に体力を消耗していないかと心配したのだが・・・それも杞憂に終わったようだ。

 レースに関してはもう岩田騎手の手腕を褒めるしかないだろう。有力馬の騎手がみな守りに入る中、距離不安も恐れずに中団の内ラチ沿いを取りに行ったのは流石の勝負勘と言うしかない。やっぱりこの人の感性は、日本人騎手の中でもずば抜けていると改めて思った。

 外にドゥラメンテを置く形での競馬となったが、結局この2頭がワンツーフィニッシュを決めたのだから、あのポジションがベストだったということだろう。最後は地力の違いでドゥラメンテには離されてしまったが、サトノクラウンの追い込みは封じたのだから大したもの。

 正直競走馬として格、器という点では上位4頭の中では一枚劣る存在だろう。それでも勝ちに行く競馬をすれば、それら格上の存在を凌駕する場合も有るということを、結果で示してくれたサトノラーゼンと岩田騎手だった。

皆をビックリさせたコメートの激走

 5着に入った馬の名前を見てビックリされた競馬ファンは多いのではなかろうか。16番人気と半ば存在を無視されていたといっていいコメートが、まさかの掲示板確保・・・。

 失礼ながら筆者も何かの間違いじゃないかと、何度かモニターを見直したほど。それ程意外な好走劇だったと思う。

 出来に関しては良かったと思う。スラッとした背の高く手足も長い馬で、今思うと広い府中の2400mは絶好の舞台だったのかも知れない。ただ、この舞台に適応する適性があったから好走したという単純な話しでもないと思う。

 好走した最大の理由は、鞍上の嘉藤貴行騎手の冷静なレース運びに尽きるのではなかろうか。これがダービー初騎乗とは思えない、素晴らしい手綱捌きだったと思う。

 ミュゼエイリアンの横山典弘騎手が出ムチをくれて先手を奪ったように、レース序盤は先行馬にとって非常に厳しい流れとなった今年のダービー。1000m通過が58秒8というのは過去10年の同レースにおいて最速の時計で、調べていないのだがもしかしたら過去最速に近い流れだったかもしれない。

 その流れを先行して5着に粘りこんだのは本当に凄いというしかないのだが、それを可能にしたのはスタート直後の先頭争いに巻き込まないようにしたからだろう。

 ハナを競った馬たちが皆外枠で離れていたという幸運もあったが、1コーナー突入までに極力競り合いを避け、コーナーワークを利用してジワッとポジションを確保することが出来た。これはナイスプレーだと思う。

 また都合の良い事に、1000mを通過してから良い具合にペースが落ちた。都合4ハロンに渡って12秒台半ばのラップを刻むことになるのだが、この日の馬場状態を考えれば息を入れ易い流れだったといえるだろう。

 好位の内ラチ沿いで微妙に他馬との位置をずらし、プレッシャーを受け辛い位置を確保しながら勝負どころまでジッと脚を溜める嘉藤騎手。レースを改めて振り返ってみて、「本当に上手いな」と感嘆してしまった。素晴らしい騎乗だったと思う。

 レース後、検量室前に引き上げてきた嘉藤騎手は馬上で号泣していたと言う。それは「もっとやれたはず」という思いから来る悔し涙なのか、騎手デビュー以来苦節16年目にしてようやく辿り着いた夢の舞台で、思う存分力を出し切れたという安堵感からの涙なのか、どちらかは分からない。

 ただその姿に「ダービーという舞台はなんて涙が似合う舞台なんだろう・・・」と率直に思った。

 過去のダービーにおいて多くの嬉し涙を観てきた。悔し涙はもっと観てきた。ただ大の男が一目を憚らず涙を流すほど思い入れを持ってレースに挑むからこそ、ダービーは競馬の頂点に君臨するレースとして、他を圧する光を放ち続けている。

 来年もまた心を打つ涙を見たいものだと、嘉藤騎手の姿を眺めながら改めて思った。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

アドマイヤエイカン 地味ながらもクラシックを意識できる勝ちっぷり / 札幌2歳S回顧

 見事デビュー2戦目で重賞制覇を成し遂げたアドマイヤエイカン。  新馬戦とは打っ …

ディーマジェスティ 勝負の明暗を分けた上位2頭との「違い」 / 2016日本ダービー回顧

20165.29 東京10R #日本ダービー #ディーマジェスティ 色んなお膳立 …

エイシンエルヴィンが大金星!エイシン軍団がフランスの地で2日続けての快挙達成

 正直なところ、まさかエイシンエルヴィンまで勝つとは思っていなかった(苦笑)   …

【オークス回顧】ルージュバック 限られた時間の中で最善を尽くすもたった1つのミスに泣く

2着ルージュバック・戸崎騎手「前に壁ができなかったけど折合つけたし我慢できた。気 …

トゥザワールド惜しい!不利な条件が重なるも地力で2着を確保 2015ザ・BMWレース回顧~

Japanese visitor #ToTheWorld looking sen …

「キズナは終わった?バカなことを・・・」敗れても実力を証明したキズナ ~2015大阪杯レース回顧vol.1~

キズナ。 pic.twitter.com/dGQ7CIrXYo — …

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …

【オークス回顧】クルミナル ゲートで気難しさを見せるがレースでは高い能力を示す

3着クルミナル・池添騎手「ゲート入りで他の馬で迷惑をかけ申し訳なかった。気難しい …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …