馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

エイシンヒカリの可能性について考えてみた / エプソムC馬体診断

   

 今週は東京競馬場で古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ(G3 芝1800m)」が行われる。

 最大の注目はここまで7戦6勝、再度の重賞挑戦となるエイシンヒカリの走りだろう。

 初めての重賞挑戦となったチャレンジカップでは苦杯を舐めたエイシンヒカリだが、ここで巻き返しが叶うのか?考えてみたい。

スポンサーリンク

馬体から見る適性

 ▼エイシンヒカリのフォトパドック(競馬ブック版)はこちら

 以前から腰の甘さが目に付いていたエイシンヒカリだが、今回のフォトパドックを見ても左後肢を後ろに流して立っており、また腰のラインも落ち気味なのであまり改善していないように見える。

 こういった馬は直線に急坂の有るコースだと最後失速する傾向が強いだけに、中山や阪神、中京といった急坂のあるコースだと合わない。たぶんメインの中央4場の中で一番合うのは京都コースだろうが、東京コースも坂があると言っても緩やかで、残り250mからは平坦でスピードで押し切れるコースだけに合っていると思う。

 父ディープインパクトに母父ストームキャットというのは活躍馬をよく出す配合で、この配合の代表馬といえばダービー馬キズナになるわけだが、エイシンヒカリはキズナとはちょっと違うタイプかな。

 この血統の馬らしくそれなりにパワーを感じさせる筋肉を見に付けているんだけど、キズナより軽さというかスピードに特化している感じ。良くも悪くも重厚感はまるで感じさせない馬体で、これは祖母の父であるカロCaroの影響なのかも知れないね。毛色の芦毛もそこからきている感じだし。

 出来に関してだが、写真を撮った6月4日の時点である程度身体は出来ており肌ツヤも良好。実際1週前追い切りで53秒7-11秒9(栗東坂路)という素晴らしい時計を計時しており、一叩きして出来は上向いていると考えるのが自然だろう。良い状態で当日を迎えることが出来そうだ。

 道悪に関しては馬格もあるのである程度こなすとは思う。ただまだ身体がパンとしてきていないので、基本は良馬場の方が良い。雨が降って重以上の馬場になったら、割引が必要だと思う。

 今までの戦績を振り返っても分かるように、同じ逃げ馬でも道中引き付けて逃げるよりも、自身のスピードを生かしある程度飛ばして逃げる方が良さが出るタイプなので、後続に脚を使わせる逃げを打てる武豊騎手とのコンビはピッタリだろう。

 現状武豊騎手以上にエイシンヒカリに合う騎手は日本にはいないと思われるので、陣営は今後武豊騎手を是が非でも手放してはならないと思う(笑)

 さて結論だが、馬体から受ける印象はスピード優先の完全な中距離馬であるエイシンヒカリ。

 正直なところ現状では大物感はまるで感じない馬体をしているのだが、この舞台は合っているのでG3のここなら戴冠の可能性は大きいと思う。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

【安田記念馬体診断】フィエロ まだまだ未完成の身体つき

【安田記念】馬体FOCUS フィエロ Fiero 馬体解説・比較 …

マカヒキ 大幅な上積みこそ無いが確実に良化 / 日本ダービー馬体診断

#マカヒキ #Makahiki #日本ダービー #東京優駿 #競馬 #keiba …

サトノアラジンに本格化の兆し / エプソムC馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】 エプソムCに出走予定のサトノアラジン。 …

タップザット ライバルより前で競馬したい / ユニコーンS馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】ユニコーンSG3に出走予定のタップザット …

【ダービー馬体診断】リアルスティール 研ぎ澄まされた馬体

【日本ダービー】馬体FOCUS リアルスティール Real Steel& …

【安田記念馬体診断】モーリス 器と雰囲気はトップクラス

【安田記念】馬体FOCUS モーリス Maurice 馬体解説・ …

【ダービー馬体診断】レーヴミストラル 雰囲気良く将来は大きいところも

【日本ダービー】馬体FOCUS レーヴミストラル Reve Mistra …

【安田記念馬体診断】リアルインパクト 全盛期の雰囲気を取り戻す

【安田記念】馬体FOCUS リアルインパクト Real Impact&# …

【オークス馬体診断】クルミナル、距離延長に対応できるように馬体を造り変える

【オークス馬体診断】クルミナル 評価B|WIN!競馬 http://t.co/t …

ディサイファ、休み明けの影響は? / エプソムC馬体診断

【エプソムCC】馬体FOCUS ディサイファ Decipher …