馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ディサイファ、休み明けの影響は? / エプソムC馬体診断

   

 今週は東京競馬場で古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ(G3 芝1800m)」が行われる。

 昨年の同レース覇者であるディサイファ。その後G1では歯が立たなかったものの、G2で掲示板を外さず前走の中日新聞杯は勝利と、着実に実績を積み上げてきた。

 一年経ってディサイファはどの程度変ったのか?馬体を見ながら考えて見たい。

スポンサーリンク

 ディサイファはたまたま新馬戦を現地で見た記憶があるのだが、そのときと比べると本当に身が入ったなと思う。

 デビュー当時も結構騒がれていた記憶があるのだが、当時のパドックを見た印象では人気先行でそこまで走りそうには見えなかった。

 戦績を振り返っても順風満帆というよりは一歩一歩着実に階段を登ってきたという感じだけに、地道に力を積み重ねてきたのだと思う。

 さて馬体だが、ディープインパクト産駒にしては若干パワーよりの馬体をしているだろうか。年齢を重ねてどっしりしてきた影響もあるだろうが、あまり高速決着過ぎるよりも、多少時計が掛かる方が安定して成績を残せそうな馬体をしている。

 四肢の長さは標準だが胴長なので、ある程度広いフットワークを伸ばせる競馬場の方が良いだろう。その点、東京競馬場は合うと思う。

 今回は3ヶ月の休み明けとなる訳だが、やはり全体的に少し緩いかな。太めも多少残っているし、背中の緊張感も緩んで物足りない。ここからレース本番までに追い切りを消化し、どこまで上向くかであろう。

 そこそこパワーの有る馬なので、道悪は有る程度なら大丈夫だろう。実際過去に不良馬場で勝った実績もある。ただあまりにグチャグチャな馬場になると流石に厳しいかな。

 昨年このレースを勝っているように、舞台設定に関しては何ら心配ないだろう。あとはメンバー構成だが、昨年と同じか少し落ちるメンバーのようにも思えるので、当日良い状態で臨めれば連覇の可能性は充分有るのではなかろうか。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップ。 けさは、横山典騎手が手綱を取り、C …

【ダービー馬体診断】キタサンブラック あのダービー馬に通じる雰囲気を纏う

【日本ダービー】馬体FOCUS キタサンブラック Kitasan Bla …

【ダービー馬体診断】リアルスティール 研ぎ澄まされた馬体

【日本ダービー】馬体FOCUS リアルスティール Real Steel& …

トーホウジャッカル 全体的に逞しさは増したが・・・ / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS トーホウジャッカル Toho Jackal& …

【安田記念馬体診断】ヴァンセンヌ 時計の掛かる馬場なら一気に浮上

【安田記念】馬体FOCUS ヴァンセンヌ Vincennes 馬 …

【オークス馬体診断】ミッキークイーン、器はG1級

【優駿牝馬】馬体FOCUS ミッキークイーン Mikki Queen&# …

【安田記念馬体診断】リアルインパクト 全盛期の雰囲気を取り戻す

【安田記念】馬体FOCUS リアルインパクト Real Impact&# …

エイシンヒカリの可能性について考えてみた / エプソムC馬体診断

都大路Sで1着★通算成績7戦6勝としたエイシンヒカリ(父ディープインパクト)の次 …

ラキシス デビュー以来最高の出来 / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS ラキシス Lachesis 馬体解説 …

マカヒキ 大幅な上積みこそ無いが確実に良化 / 日本ダービー馬体診断

#マカヒキ #Makahiki #日本ダービー #東京優駿 #競馬 #keiba …