馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

新境地を開いたデニムアンドルビー ~2015阪神大賞典レース回顧vol.2~

      2015/03/30

 22日に行われた阪神大賞典のレース回顧パート2。

 今回は初の長距離挑戦で健闘したデニムアンドルビーのほか、主だった馬たちについて振り返ってみたいと思う。

スポンサーリンク

新境地を開いたデニムアンドルビー

2着デニムアンドルビー

 牝馬ながらも果敢にこの距離に挑戦してきたデニムアンドルビーが2着。

 体型から長めの距離への適性には問題なく、ある程度はやれると思っていた同馬だが、思っていた以上に頑張ったという印象。

 出来も確かに良かったが、道中ゴールドシップをマークする形でレースを進め、直線では並びかけるところまで行ったのだから大したものだと思う。

 流石に最後は苦しくなりゴールドシップに突き放されてしまったが、3着のラストインパクトには3馬身差を付けているのだから力は示した。長距離戦に対する目処は完全に立ったといえ、次走もし春の天皇賞に出てくるのなら有力な存在となるのではなかろうか。この距離なら中団からでも競馬は出来るからね。ゴールドシップより先着する可能性はかなり高いと思う。

 考えてみれば昨秋の一連のGⅠレースでも着順こそ芳しくなかったものの、実際は秋の天皇賞は勝ち馬から0秒2差、有馬記念は0秒4差とそれ程負けていない。まだまだ条件次第でビッグタイトルを狙える力は持っていると考えるべきだろう。

 初の長距離戦で新境地を開いたデニムアンドルビー。次走以降の走りにも注目したい。

3着ラストインパクト

 後方から競馬を進めたラストインパクトは、直線思ったほど伸びず3着。

 休み明けにしては出来は良かったと思う。飛節もグッと伸びていたし、緩さも感じなかった。それだけに3着という結果はまだしも、ゴールドシップ、デニムアンドルビーに突き放された形になったのは少々残念だった。

 これだけ離された要因はやはり距離だろう。基本中距離向きの馬体をしている馬なので、荒れた馬場で3000m級のレースをこなすには、少々スタミナ不足のようだ。

 例えば5月の京都のような高速馬場なら、もう少しやれる可能性はあると思うが・・・。ただ昨年の春の天皇賞でも最後崩れているし、やっぱり2400mぐらいまでの距離が良いのかもしれない。

 次走どこになるかは今のところ未定だが、距離短縮で出てきたなら見直しは必要だろう。機動力にも優れている馬なので、宝塚記念でも期待できると思っている。

4着カレンミロティック

 今年で7歳となったカレンミロティックだが、パドックでは非常に良い仕上がり状態で全く年齢を感じさせなかった。

 元々ハーツクライ産駒は奥手な馬ばかりだが、同馬もここに来て更に良くなってきたのではないだろうか?個人的には昨年の宝塚記念より今回の方が良く見えたほど。

 それだけに最後の直線で詰まってしまい、殆どまともに追えなかったのが残念で仕方ない。あの不利がなければ余裕で3着は間違いなかっただろう。

 次は恐らく春の天皇賞だと思うが、ハーツクライ産駒は意外と京都を苦手にしているのがちょっと気になる。具体的に言うと、外回りの下り坂で加速するのが苦手な産駒が非常に多いのだ。恐らく後肢より前肢が短い産駒が多く、それでいて前肢の使い方が下手な馬が多いせいではないかと思うのだが・・・。

 状態も良く距離も全然問題ないだけに、この懸念が杞憂に終わることを願いたい。

その他の馬たち

 重賞連勝中だったラブリーデイは6着。

 プラス8キロの馬体増が示すとおり、ちょっと太かったね。お腹がちょっと出てたし、肩周りとかにも余計な肉が付いていた気がした。

 あと根本的にキングカメハメハ産駒らしい筋肉質な馬体をしているだけに、さすがに3000m級のレースになると距離が長いかも。今後は中距離で見直したいと思う。

 逃げたスズカデヴィアスは8着。前の記事でも触れたけど、流石に前半はオーバーペースだった。2ハロン目の10秒5は明らかにやり過ぎ(苦笑)

 手綱をとった藤岡佑介騎手にしてみれば、是が非でも主導権を握りたいが為のハナ主張だったのだろうが・・・。もう少し冷静になるべきだったね。さすがにこれは要反省だろう。

 さすがに今回の結果は度外視しても良いと思う。充分巻き返せる実力の持ち主なので、次走以降また見直したい。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …

馬場状態をフルに活かしきったバウンスシャッセと田辺騎手 ~2015中山牝馬ステークスレース回顧~

 15日に行われた重賞「第33回 中山牝馬ステークス(GⅢ)」。  ハンデ戦で且 …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

【京都新聞杯回顧】サトノラーゼン、ポルトドートウィユの2頭はダービーでも期待

 JRA公式ラップ:12.3 – 10.7 – 12.2 …

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

アドマイヤエイカン 地味ながらもクラシックを意識できる勝ちっぷり / 札幌2歳S回顧

 見事デビュー2戦目で重賞制覇を成し遂げたアドマイヤエイカン。  新馬戦とは打っ …

【NHKマイルC回顧】横山典弘が魅せた!絶妙な手綱捌きでクラリティスカイを勝利に導く

 JRA公式ラップ:12.4 – 11.1 – 11.8 …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …

マカヒキ 川田将雅の執念が勝利の女神を振り向かせる / 2016日本ダービー回顧

 クラシック開幕を前にマカヒキの鞍上がクリストフ・ルメール騎手から川田将雅騎手へ …

ノンコノユメの今後の可能性 / ユニコーンS回顧

 競馬ファンの中で追い込みが嫌いという人は恐らく少数派だと思う。  古くはシービ …