馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

グレンイーグルスが愛2000ギニーを快勝!馬主は英ダービー参戦の可能性も示唆

   

 ▼愛2000ギニーの出走馬全着順はこちら

 磐石の勝利とはこのようなモノを言うのだろう。

 前走英2000ギニー(英G1)を完勝し、ここも断然の1番人気に支持されたグレンイーグルス Gleneagles

 道中は中団の内ラチ沿いを追走し、勝負どころでは前が開かなくなる恐れもあったが、焦らずジッと我慢してチャンスを窺い続けた鞍上ライアン・ムーア騎手の冷静さがずば抜けていた。

 逃げ粘る2番人気のイヴァウッド Ivawood を残り100mで捕らえると、一緒に伸びてきたエンドレスドラマEndless Drama も抜き去ったグレンイーグルス。

 最後はエンドレスドラマに3/4馬身差を付け、先頭でゴール板を通過したグレンイーグルス。着差こそ小さいが力で捻じ伏せるレース内容で、地力の違いを見せ付ける競馬だったと思う。

スポンサーリンク

 これで通算成績を8戦6勝としたグレンイーグルス。2敗目を喫した昨年のジャンリュック・ラガルデール賞にしても1位入線したものの、進路妨害により3着に降着となったものだから、実質7連勝と思って差し支えないだろう。まさに向かうところ敵ナシの状態である。

 これでG1タイトルは3勝目。普通ならば今後は欧州3歳マイル路線の総決算レースである、ロイヤルアスコットのセントジェームスパレスS(英G1)に進むものと思われるが、ここに来て馬主のクールモアグループは英ダービー(英G1)出走の可能性も匂わせているという。

 というのも同グループが所有しているダービー候補生たちが、揃いも揃って前哨戦で大敗。例年ダービー戦線を賑わしているクールモア勢がダービー本番では全く期待できないという、ちょっと悲惨な状態となっているのだ。

 それならば血統的に少し距離は短いかもしれないが、底を見せておらず器は一枚も二枚も上であるグレンイーグルスをダービーに向かわせるという決断を下してもおかしくはないだろう。

 また同馬は既に欧州3歳世代の最強マイラーという評価を手に入れており、是が非でもセントジェームスパレスSに向かわなければならない理由はない。以上のことからグレンイーグルスのダービー参戦の可能性は、意外と低くないのではなかろうか。

 同世代のマイル路線では傑出した存在であるグレンイーグルス。彼のダービー参戦が実現するのかどうか?今後の展開に注視したいところだ

【グレンイーグルス Gleneagles (愛国:エイダン・オブライエン厩舎所属 牡3歳 鹿毛)】
父:ガリレオ Galileo
母:ユーアーソースリリング You’resothrilling
母の父:ストームキャット Storm Cat
通算成績:8戦6勝(内G1・3勝)
主なタイトル:2014ナショナルステークス(愛G1)、2015イギリス2000ギニー(英G1)、2015アイルランド2000ギニー(愛G1)

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

クイーンズジュエルがG1サンタラリ賞を圧勝 フランスからまた強い3歳牝馬が現れる

 ▼サンタラリ賞(仏G1)の全着順はこちら  なにか毎年恒例となりつつある気もす …

トレヴ 凱旋門賞3連覇の夢は潰えたが、その輝きは永遠に色褪せることは無い / 凱旋門賞回顧

Happy Retirement to #Treve A unique …

メイダン競馬場のダートコース
メイダン競馬場のダートの質が大井競馬場に似てる?

 日本からエピファネイアとホッコータルマエが参戦を予定しているドバイワールドカッ …

トレヴ G2コリーダ賞を圧勝!凱旋門賞3連覇に向け好発進

 ▼2015コリーダ賞の全着順はこちら  いまだかつて達成した馬どころか、挑戦し …

ムーア騎手連日のクラシック制覇!レガティッシモを英1000ギニー馬に導く

 ライアン・ムーア騎手、連日の英国クラシックレース制覇を達成!!  本当にこの人 …

グレンイーグルスが欧州3歳マイル王として君臨 / セントジェームズパレスS回顧

 英愛2000ギニーを完勝したグレンイーグルスGleneagles。仏2000ギ …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …

その走りに賞賛の拍手を!日本競馬の今後に多大な功績をもたらしたリアルインパクト ~2015ドンカスターマイルレース回顧~

【PHOTO】リアルインパクト Real Impact http://t …

【ベルモントS】アメリカンファラオが3冠達成!アメリカ競馬の歴史が遂に動く

 歴史が・・・遂に動いた!  1978年のアファームド以来、37年間誕生すること …

あの「ワンダーボーイ」が京都参戦!?欧州トップステイヤーが春の天皇賞参戦を示唆

"I'll probably never replace a …