馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

アンビシャス 中距離以下の活躍の場を限定するのは非常に勿体ない馬体 / 毎日王冠

   

 菊花賞は距離が長いということで、毎日王冠から天皇賞というローテが有力視されているアンビシャス

 ただ馬体の造り自体は、逆に距離が伸びて良さが出そうな感じをしているのは何とも皮肉というところだろうか。

 ディープインパクト産駒にしては四肢が長く背も高い同馬。胴の長さも標準的で、またそこまで筋肉量の搭載量の多い造りでも無い。馬体のシルエットだけ見れば、クラシックディスタンス向きの馬と見られても何ら不思議は無いだろう。

 実際血統的な観点からも、アンビシャスが実はスタミナ豊富な可能性は結構ある。母父のエルコンドルパサーは当該馬が牝馬の場合はスピードを伝えるが、牡馬だと豊富なスタミナを伝える傾向が強い。

 クリソライト・リアファル兄弟なんかはまさにスタミナを売りにしているし、ミュゼエイリアンやジャイアントリープなどもスピードよりスタミナが売りの馬だ。

 アンビシャスも馬体的には短い距離よりも断然長めの距離の方が良さそうなので、以前のダービー回避や今回の中距離以下に拘るレース選択は一見理解するのが難しいのだが・・・。

 恐らくこの路線を選択した理由は気性的なモノなのだろう。馬体は中距離以上向きでも、気性がマイラーなのかもね。

 思えば同厩の先輩であるミッキーアイルも同じような面がある。馬体は如何にもマイル~中距離向きなのだが、気性がスプリンターなので短い距離で結果を出している。まああの馬は逃げれば中距離でも結果を出しそうな気はするけど(笑)

 アンビシャスも以前ルメール騎手だったかがレース後の談話で「気性的にマイル向き」みたいなことをコメントしてた記憶がある。陣営もそれを念頭にレース選択しているのだろう。

 まあ今はその路線を選択し結果が出ているので、無理に方針を変更する必要はないと筆者も思う。ただもし壁にぶつかった時、その考えに固執して距離延長などの可能性は最初から排除するのはやめて欲しいかな。

 競走馬というのは日々成長・変化するものなので、以前は正しかったその馬に関する常識や考えが、時間が経つと当て嵌まらなくなるということが良くある。

 同厩のリアファルなんかはその好例だろう。春先のダート馬という考えに固執していたら、今の菊花賞最有力馬としてのリアファルの存在はなかった。

 アンビシャスも同じように大きな可能性を残している3歳馬。この毎日王冠の結果次第で色々な未来が待ち受けていることだろう。

 果たして陣営の思惑通りに中距離以下で大成するのか、それともリアファルのように想定外の舞台で華開くのか。

 まずは毎日王冠での走りに注目したい。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップ。 けさは、横山典騎手が手綱を取り、C …

【ダービー馬体診断】キタサンブラック あのダービー馬に通じる雰囲気を纏う

【日本ダービー】馬体FOCUS キタサンブラック Kitasan Bla …

エイシンヒカリの可能性について考えてみた / エプソムC馬体診断

都大路Sで1着★通算成績7戦6勝としたエイシンヒカリ(父ディープインパクト)の次 …

ディーマジェスティ 仕上がりに一抹の不安 / 日本ダービー馬体診断

#ディーマジェスティ #DeeMajesty #日本ダービー #東京優駿 #競馬 …

【オークス馬体診断】レッツゴードンキ、距離はこなせる造り

【優駿牝馬】馬体FOCUS レッツゴードンキ Let's Go …

トーホウジャッカル 全体的に逞しさは増したが・・・ / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS トーホウジャッカル Toho Jackal& …

【オークス馬体診断】ココロノアイ、桜花賞と比べると出来落ちか

【優駿牝馬】馬体FOCUS ココロノアイ Kokorono Ai&#10 …

スピルバーグ 期待よりも不安の方が大きい / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】スピルバーグ Spielberg 馬体解説・比較写真は …

モーリス 風格すら感じさせる立ち姿 / 安田記念馬体診断

【先“撮”り馬体PHOTO】モーリス (Maurice)https://t.co …

【安田記念馬体診断】リアルインパクト 全盛期の雰囲気を取り戻す

【安田記念】馬体FOCUS リアルインパクト Real Impact&# …