馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

イスラボニータ 立て直しは成功。春とは状態の差は歴然 / 毎日王冠馬体診断

   

 今年の春は中山記念で5着に敗れたあと、次走に予定していた大阪杯は回避と消化不良のシーズンを過ごすこととなったイスラボニータ

 その不振の兆候は馬体にも現れていて、春2走のフォトパドックを見ると馬の表情に覇気が無く、また馬体にも緊張感が足りず緩さが目立っていた。

 その時と比べると今回はしっかり休みをとった効果だろうか。毛ヅヤは明らかに良くなっており、馬体の張りも格段と良くなっている。

 最終的な判断は追い切りを観て下したいところだが、立て直しは成功したと考えても良いかも知れない。

スポンサーリンク

 東京芝1800mという舞台設定は、イスラボニータにとってはまずまず合っていると言えるだろう。

 前脚をピンと伸ばした特徴的なストライド走法を武器とする同馬だが、後ろ脚が少し短い為、ストライド走法の割には意外と脚の使える区間は短めだ。

 道中のペース、仕掛けどころのタイミングにもよるが、大体良い脚を使えるのは2ハロンぐらいだろう。

 脚をしっかりと使い切るという意味では、最後の直線が400mあまりの競馬場が一番合っている印象なのだが、毎日王冠は例年前半スローの上がり3ハロン勝負の競馬になりやすいだけに、その辺は仕掛けるタイミングを遅らせることにより誤魔化せそうな気はする。

 首が少し太くなってきたので、3歳時と比べると距離に限界が出て来ている可能性はある。それでも全体的に見れば馬体に大きな変動は無いため、以前と同じように1800~2000mがベストの馬という評価は大きく変っていなさそうだ。

 レースキャリアを重ねて古馬になると、脚元に歴戦のダメージを抱える馬もそれなりに多くなってくるのだが、今のところイスラボニータにはそのような兆候は無い。この状態ならはこの秋シーズン。本来のイスラボニータの走りを楽しむことが出来るのではないだろうか。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

ヴァンキッシュラン その勢いと風格は四強に勝るとも劣らず / 日本ダービー

#ヴァンキッシュラン #VanquishRun #日本ダービー #東京優駿 #競 …

サトノアラジンに本格化の兆し / エプソムC馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】 エプソムCに出走予定のサトノアラジン。 …

ディーマジェスティ 仕上がりに一抹の不安 / 日本ダービー馬体診断

#ディーマジェスティ #DeeMajesty #日本ダービー #東京優駿 #競馬 …

【オークス馬体診断】ルージュバック、桜花賞よりも良い

【優駿牝馬】馬体FOCUS ルージュバック Rouge Buck&#10 …

ラキシス デビュー以来最高の出来 / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS ラキシス Lachesis 馬体解説 …

【オークス馬体診断】ミッキークイーン、器はG1級

【優駿牝馬】馬体FOCUS ミッキークイーン Mikki Queen&# …

【オークス馬体診断】クルミナル、距離延長に対応できるように馬体を造り変える

【オークス馬体診断】クルミナル 評価B|WIN!競馬 http://t.co/t …

【オークス馬体診断】コンテッサトゥーレ、出来は素晴らしいが距離に不安

【優駿牝馬】馬体FOCUS コンテッサトゥーレ Contessa Thu …

【安田記念馬体診断】フィエロ まだまだ未完成の身体つき

【安田記念】馬体FOCUS フィエロ Fiero 馬体解説・比較 …

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップ。 けさは、横山典騎手が手綱を取り、C …