馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

あの評判馬が本来の姿を取り戻した!ここを踏み台に飛躍を狙う素質馬たち ~2015毎日杯追い切り診断~

   

去年の毎日杯、ゴール前の攻防

 昼はオーストラリア、夜はドバイと、本日は世界各国で日本馬の大レース挑戦が行われ注目を集めているが、日本でも毎日杯・日経賞と先のGⅠ戦線に繋がる大事なレースが行われる。

 阪神競馬場で行われる毎日杯は、皐月賞・NHKマイルCといったGⅠを睨む大事なレース。出走馬の追い切りを確認しながら、レースの行方を考察したい。

スポンサーリンク

ダノンリバティが本来の姿を取り戻す

グリュイエール

栗東CWコースで併走。格段動きに鋭さは感じないがしっかりと伸びて先着。まずまず好調か。
評価:★★★

ナヴィオン

栗東坂路で併走。この厩舎の追い切りにしては、最後までフォームが乱れずしっかり動けていた。距離延長は微妙だが動きは良い。
評価:★★★

ロードフェリーチェ

栗東坂路で単走。動きは軽いがまだ重心が高くふらつくところがある。全体的にパワーが付けばもっと良くなる。
評価:★★★

テイエムクロタカ

栗東坂路で単走。フォームに乱れはないが、仕掛けられてからも格別反応を示さず、ずっとワンペースの走り。切れる脚は無いので、脚質通り前に行ってどれだけ粘れるか。
評価:★★

ソールインパクト

美浦南Wコースで単走。輸送を考慮してか軽い追い切り。脚はまずまず振れていて力は出せる仕上がり。
評価:★★★

ダノンリバティ

栗東坂路で併走。まだ若干動きに重さはあるが、復帰当初に比べればだいぶ素軽くなってきた。コース条件も合うしいよいよ本領発揮か。
評価:★★★★

ミュゼエイリアン

美浦南Wコースで併走。血統通りちょっと硬さはあるが動きとしてはマズマズ。内回りだったらもっと信頼できたが。
評価:★★★

シュヴァルグラン

栗東CWコースで併走。全体的に時計の速い影響もあるのか、前半から結構気合を付けられていた。それほど馬場状態が悪くないのに何度もノメっており、捌きが硬くなって前肢が出ないのかも知れない。時計は速いが動きとしてはそこまで評価できず。
評価:★★★

アルバートドック

栗東CWコースで併走。パートナーに先着したが、まだトモが緩く非力さが目立つ。ここに筋肉が付いてパンとしてくれば、もっと良くなるだろう。現状は多少軽めの芝の方が良さそう。
評価:★★★

ルナプロスペクター

美浦南Wコースで併走。動きは正直普通。馬なりということもあるが、追って弾けそうな雰囲気もそんなに感じなかった。これで連勝中なのだから素質は高いのだろう。
評価:★★★

アッシュゴールド

栗東坂路で単走。ストライドの大きい走りだが、デビュー時に比べてだいぶ鋭く反応できるようになった。長く脚を使うタイプの為、直線に坂のあるコースは合いそう。
評価:★★★★

ジュヒョウ

栗東坂路で単走。スパッと切れるような鋭さは感じないが、ジリジリと最後まで伸びる脚は使えていた。出来は悪くない。
評価:★★★

アンビシャス

栗東坂路で併走。併せたダノンリバティに離されたが、元々追い切りではそんなに動くタイプでも無いので、あまり気にする必要は無いかも。時計は出ているし、動き自体は前走時と比べても悪くは無かった。
評価:★★★

※各評価の意味は以下の通りです

超抜 ★★★★★
抜群 ★★★★
好調キープ ★★★
平凡 ★★
全然ダメ

まとめ

 有力どころで1番良く見えたのはダノンリバティだろう。骨折休養明けから叩かれつつ良化し続け、今回が4戦目。本来の素軽さを取り戻した可能性は高い。元々阪神外回りの1800mはキングカメハメハ産駒の得意な舞台。鞍上も強化されたし大崩れは考えにくい。

 アッシュゴールドもこのコースは悪くないと思う。2歳時の朝日杯FSは最後方追走から大外ぶん回しという最悪のレース運びで8着と破れたが、それでも最後それなりの脚を使えていた。走法や血統からもマイルは短い印象だけに、1ハロンでも距離が伸びるのは良いだろう。馬も成長してきているし。

 アンビシャスは追い切りだけ見てると高い評価は出来ないが、これで今までも走ってきているし、あんまり気にしなくても良いかも。ディープ産駒にしてはちょっと切れに欠けるところがあるので、ある程度の位置に付けて末脚を使い切る競馬をしたい。

 ナヴィオンは動きは悪くなかったが1ハロンの距離延長がどう出るか。ハーツクライ産駒でもツルマルレオンに似たタイプだけに、将来的には短距離路線を走っていそうで・・・。

 それならばロードフェリーチェの方を上位に取るという選択もある。まだまだ荒削りだが、その素質はハービンジャー産駒の中でも上位だろう。ゆくゆくはベルーフを超えて、この世代のハービンジャー代表産駒になれるポテンシャルは充分備えている。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

昨年のファルコンSを制したタガノグランパ
荒れることで定評があるファルコンS ~2015ファルコンS調教診断~ 

 21日、中京競馬場では3歳の短距離重賞「第29回 ファルコンステークス(GⅢ、 …

【安田記念追い切り】モーリス 軽めだが走れる仕上がり

 同じく安田記念に出走するリアルインパクトと併せて追い切りを行ったモーリス。   …

【ダービー追い切り】ドゥラメンテ 出来落ちの懸念を払拭できず

 ドゥラメンテを管理する堀宣行調教師は追い切り後の会見で「動き自体は皐月賞より一 …

【ダービー追い切り】リアルスティール 完璧な最終調整

 ほぼ完璧な最終調整だったと言えるのではないだろうか。  27日、栗東トレセンの …

ミッキーアイル 最終追い切りを坂路に戻してきた意味とは / スプリンターズS追い切り

 安田記念では気性面の若さを前面に出してしまい、15着と大敗したミッキーアイル。 …

ゴールドシップは順調そのもの / 宝塚記念一週前追い切り

 17日、東西トレセンでは来週行われるG1宝塚記念出走馬の一週前追い切りが行われ …

【ヴィクトリアマイル】バウンスシャッセが激走する可能性は限りなく大きい

 前走中山牝馬Sの勝利が良いキッカケになったのか?どうやら完全にスランプは脱した …

ビックリするほど軽い調整内容に不安説も浮上!?香港の刺客エアロヴェロシティの本当の状態について考えてみた ~2015高松宮記念追い切り~

Aerovelocity winning the HK Sprint &#821 …

昨年のフラワーCを制したバウンスシャッセ
近年大物を続けて輩出しているフラワーC 今年も今後に大きく注目したい素質馬が出走してきた ~2015フラワーC調教診断~

 牝馬クラシックの正式なトライアルレースではないが、ここで好走した馬がクラシック …

サトノアラジン 池江厩舎必勝の調整パターンで挑む / エプソムC追い切り

 今週日曜の東京競馬場メインレースは古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ …