馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

レッドデイヴィス 7歳になってもまだまだ元気。鳴尾記念で一発狙う

   

 明日阪神競馬場で行われる鳴尾記念に、レッドデイヴィスが出走する。

 以前のブログからお付き合い頂いている方はご存知だと思うが、レッドデイヴィスは筆者の一口出資馬。今回は2月の京都記念4着以来となるレースになるので、今からどんなレースをしてくれるのか楽しみでならない。

スポンサーリンク

 今年で7歳になるレッドデイヴィスだが、年を重ねても相変わらず元気だ。

 同世代のライバルたちはほとんどが引退し、種牡馬入りしたり乗馬になったり、また繁殖牝馬となったりしているが、デイヴィスはセン馬なので直ぐに引退という選択肢はない。

 これまでの5年にも及ぶ現役生活の中で、長いスランプに陥ったり怪我をして1年以上休んだりと不遇な時期はそれなりに有ったが、その都度大阪ハンブルグCで久々に勝利したり、休養明け3戦目の京都記念で気を吐いて、ハープスターに先着してみたりと意地を見せてきた。

 この馬には本当に色々な経験をさせてもらった。デビュー前に栗東で大立ち回りを演じ(噂では坂路を逆送したとか・・・)、まだ2歳の春なのに去勢手術を受けセン馬になったり、2歳12月のレースでは、最後の直線でサトノオーにダイビングアタックをかまし、1位で入線したのに10着に降着したこともあった。

 この裁定に怒った音無調教師が、半ば勢いで中一週となるシンザン記念に強行出走させたところ、のちの3冠馬や桜花賞馬を相手に圧勝。出資馬初となる重賞勝利も飾るという出来事もあった。

 そういえばこの時、セン馬がクラシックだけではなくNHKマイルCにも出走できないという事実がクローズアップされたけど、これは音無師がデイヴィスはNHKマイル使えると思い込んでいたことが発端だったね(笑)

 その後も毎日杯を勝ち、鳴尾記念も勝って順調にキャリアを積んでいったレッドデイヴィス。シンザン記念で負かしたオルフェーヴルが3冠を達成し、マルセリーナが桜花賞を勝ったので、その間走っていないのにデイヴィスの評価がグングン上がっていくのを見るのは気持ちよかった。

 自分の出資馬が「実は世代最強では」と言われる経験なんで、そう出来ないからね。あの頃はデイヴィスが負かした馬たちが活躍するたびに、ネットの評判を見るのが楽しみだった気がする(笑)

 そんなデイヴィスも既に7歳。競走馬生活も先が見えてきた年齢となったが、まだまだやれそうな予感もしている。

 元々追い切りは動くタイプの馬だが、暖かくなって太かった身体も絞れ動き易くなったのだろう。鳴尾記念を目標に栗東トレセンに帰厩してから、追い切りでずっと良い動きを見せ続けている。

 鳴尾記念の最終追い切りでも、画面が霞むほどの豪雨の中パートナーのクランモンタナを圧倒。子ども扱いにして大差先着していた。京都記念の追い切りも良かったが、今回はそれ以上に動けていたと思う。

 こういう動きを見せられると本番も期待してしまう。メンバーも何頭かは骨っぽいのがいるが、決して負かせない相手ではない。流れに乗れて末脚をしっかり引き出せれば、充分勝機はありそうだ。

 このレースの後は宝塚記念出走を予定しているだけに、正直勝って向かいたいところ。初コンビとなる福永騎手が上手くデイヴィスの能力を引き出してくれないかと期待しているのだが・・・。頼むよ!いっくん。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

【ダービー】ドゥラメンテ 一週前追い切りで感じた2つの不安

 皐月賞に続く2冠を狙うドゥラメンテだが、中間の調整過程を見る限り不安を感じる部 …

プロフェット スケールの大きさはメンバー中随一 / 札幌2歳S追い切り

 ハービンジャー産駒が1~2番人気を独占しそうな今年の札幌2歳ステークス。  お …

【ヴィクトリアマイル】ディアデラマドレ追い切りは文句なし!好走の鍵を握るのは馬場状態と展開か

 いつも通りCWコースで3頭併せの最内で追い切られたディアデラマドレ。  直線で …

阪神大賞典3連覇を狙うゴールドシップ
ゴールドシップが一歩リード ~2015阪神大賞典追い切り診断~

 春の天皇賞における重要なステップレースとして、過去に幾多の名馬が参戦してきた「 …

アラバスター どうしても付きまとう母の影 / 札幌2歳S追い切り

 名牝レーヴディソールの初仔であり、札幌2歳Sでは1番人気が有力視されているアラ …

リラヴァティ いつになく素軽い動きを見せる / マーメイドS追い切り

 今週日曜の阪神競馬場メインレースは、牝馬限定の中距離重賞「第20回 マーメイド …

【オークス追い切り】ミッキークイーン 鋭い動きで頂点を狙う

 霧の影響で調教時計は分からない、ゴール前の部分しか動きが判断できないと酷い有様 …

ちょっとした誤算も有ったようだが・・・。ルージュバックの桜花賞最終追い切りを見て思うこと

【桜花賞】大竹師「ルージュバックのいちファンとして楽しみ」 http:/ …

【ダービー】レーヴミストラル 緩まない流れになった時どれだけの脚を使えるか

 別路線組で最大の注目を浴びるのは、ダービーと同条件で行われた青葉賞の覇者レーヴ …

必死に粘るキタサンブラック
【ダービー】キタサンブラック 数少ない「距離が伸びて良い馬」

 今年の皐月賞からダービーへの転戦組の中で、距離が伸びて良さそうと思える馬は意外 …