馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【鳴尾記念】ラブリーデイが完勝でG1に向け弾みを付ける

      2015/06/08

 宝塚記念の前哨戦としてこの時期に移されてから、今年で4年目となる鳴尾記念。阪神競馬場芝2000mに、今年は11頭を集めて行われた。

 重賞勝ち馬6頭とG3の割にはメンバーの揃ったこのレースを制したのは、今年これで重賞3勝目と絶好調のラブリーデイ

 次走に予定されている宝塚記念に向け、勢いの付く結果となった。

スポンサーリンク

 ラブリーデイの強さばかりが目立ったレースだった。

 出来に関してはマズマズといった感じだったけど、先を見据えて余裕を残した仕上がりだったと思う。キズナを破った京都記念などと比べたら、まだ上昇の余地は残した感じだった。

 ただ阪神内回りの2000mというのは、脚の回転が速い走りをするラブリーデイにとってはベスト条件だったのでは。

 機動力もあるしパワーも有るから、ゴーサインが出てから一瞬の内に抜け出してみせた。あっという間にセーフティリードを築き上げ、あとはそのままの勢いでゴール板を駆け抜けるという、実に強い競馬内容だったと思う。

 これで今年重賞3勝目。次走の宝塚記念も阪神芝内回り2200mという条件なので、ラブリーデイにとっては絶好の条件なのは間違いない。

 ここはゴールドシップやエピファネイアなど相手が揃い、さすがに勝ち負けまでは厳しいかもしれないが、好枠を引いて上手く流れに乗れれば3着は充分有り得るだろう。

 伏兵の有力候補として覚えておきたい。

 2着以下は大混戦といった感じだったが、その中でも異彩を放っていたのが外から差してきたマジェスティハーツだろう。

 道中バラけて周囲を囲まれずに追走できている時は折り合いも付き、気分良さそうに走っていたのだが、3コーナー過ぎで馬群が密集しだして馬が近くに存在するようになると、途端に馬のスイッチが入った感じで力み、口向きが悪くなった。

 最後の直線は何とか捌いて外に持ち出し伸びてきたが、追い出しを開始すると今度は内にもたれるように頭を曲げるなど、まともに追い出せない始末。それで2着まで浮上してくるのだから、まともなら・・・と思わずにはいられない。

 以前はこのような馬ではなかったと思うのだが?古馬になってから口向きが悪くなるというのは人間側の乗り方の原因であることが殆どなので、正直残念でならない。

 4着のエアソミュールは案外な結果というのがピッタリだろう。ここまで走らないとは思わなかった。

 この馬も次走以降を見据えた仕上がりだったのは間違いなかったが、悪い仕上がりではなかったので取りこぼしはあっても3着までは堅いと思ったのだが・・・。ちょっと不可解な敗戦かな。

 ただ折り合いが破綻するまでではなかったものの、レース前半で結構行きたがっていたのでここで消耗した分はあったかも知れない。それで最後もう一脚使えなかった可能性は高そうだ。

 果敢に逃げたトウケイヘイローは10着。

 さすがに屈腱炎明けの初戦では厳しかったか。パドックでもかつて良かった頃のトウケイヘイローの面影はまるでなく、伸びやかさを欠いた覇気に欠ける同馬の姿がそこにあった。

 これだとさすがに最後頑張れないのも仕方がない。まずは無事に一周回って来たことを良しとするべきではなかろうか。

 おそらく本来の姿を取り戻すには時間が掛かりそうだが、いつか本来の快調な逃げで結果を出すトウケイヘイローを見たいものだ。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

デニムアンドルビーをねじ伏せるゴールドシップ
ゴールドシップ完全復活。他馬に格の違いを見せ付ける ~2015阪神大賞典レース回顧vol.1~

【阪神大賞典】ゴールドシップ史上初3連覇!復活に須貝師興奮「声がかれた」|WIN …

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …

【オークス回顧】批判自体はされるべきだが・・・。川田騎手のレース後の発言に違和感

【PHOTO】ゴーグルを投げ入れる浜中俊騎手とミッキークイーン http …

アラバスター 現時点では完全な力負け。今後の成長に期待か / 札幌2歳S回顧

アラバスター正面図 pic.twitter.com/4IwKFZLdHR &md …

ディーマジェスティ 勝負の明暗を分けた上位2頭との「違い」 / 2016日本ダービー回顧

20165.29 東京10R #日本ダービー #ディーマジェスティ 色んなお膳立 …

エイシンヒカリ そのパフォーマンスレベルは世界の歴代名馬級との評価 / イスパーン賞レース回顧

 ・・・いやはやビックリした。これが今回のエイシンヒカリの海外遠征緒戦となる、イ …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

【安田記念回顧】モーリス 大一番で見せた新たな姿!夢は海を越える

 スタートしてモーリスが何処にいるか確認した時、思わず目を疑った。過去3戦、全て …

ペルシアンナイト 不振に喘ぐ父にとって待望のクラシック候補誕生!? ~2017アーリントンC回顧~

 ペルシアンナイトが思った以上に強かったというのが第一印象だろうか。  開幕週の …

2015ドバイSC@ドルニヤ
ハープスターの輝きは何故失われたのか?日本馬にとって明暗分かれたドバイシーマクラシックを振り返る ~2015ドバイSCレース回顧~

Congrats to Dolniya, winner of the 2015 …