馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【NHKマイルC回顧】たった1つのミスで栄冠を逃してしまったアルビアーノ

      2015/05/11

 アルビアーノのレースを振り返ると、本当に惜しいという言葉しか出てこない。

 出来に関してはずば抜けたものは感じなかったものの、なんら不安のない順調な姿でレースに出走してきた同馬。

 体型的にもレース振りを振り返ってみても、やはり東京よりも中山、阪神コース向きだと思うが、それでも僅差の2着に入線したこと事実がアルビアーノの能力が世代トップクラスであることを裏付けていると改めて思った。

 このように素晴らしい結果を残した同馬だが、一つ悔やまれるのはやはり仕掛けのタイミングだろう。

 前の記事でも述べたように、スローながらも特殊な流れとなった今回のNHKマイルC。アルビアーノもこの流れに巻き込まれ、それ程長く脚を使えるタイプではないのにも関わらず、直線入り口辺りからの早仕掛けを強いられる展開となった。

 そのような厳しい流れとなっても、同馬はゴール寸前まで良く我慢したのだが、やはり最後の最後で力尽きてしまう。

 それでも3着のミュゼスルタンに交わされなかったのは大したものだが、あそこでもう少し追い出しを我慢できたらもっと際どくなったと思われるだけに、あの場面が本当に悔やまれてならない。

 ミュゼスルタンの3着という結果には正直驚いた。人気はしていたが個人的には過剰人気だと思っていただけに、この結果には反省するばかりである。

 なぜ筆者が同馬の評価を下げたかというと、直前の調整がG1とは思えないほど軽かったことも有るが、骨折の影響なのか馬体の成長がイマイチ見られなかったことが大きい。

 2歳時は素質の高さだけで結果を残すことは可能だが、歳を取るにつれてそれ以外の要素がレースの結果に及ぼす影響は大きくなる。

 そういう意味でも2歳時からの進歩があまり感じられなかっただけに評価を下げた訳だが、結果的には筆者の目が節穴だったと言うことだろう。ミュゼスルタンの能力は思った以上に高かったようだ。

 今回同馬はこれといった不利も受けずスムーズに競馬したように見えるだけに、現時点の能力は出しきったと見るのが自然だろう。個人的には1・2着馬との間には着差以上の差が存在するように思えるが、今後の成長次第ではこの差を逆転することは充分可能だと思う。

 馬体的にはまだまだ幼さを残しているミュゼスルタンだけに、今後どう変るか非常に楽しみだ。

スポンサーリンク

 4着のアヴニールマルシェが最後の直線で見せた末脚は目を引くものだったと思う。

 それだけにもう少しどうにかならなかったと思うのだが、「仕方がない」という思いと「もっとやりようが有った」という思いが混在し、少々複雑な気分ではある。

 まだ全体的に緩さが残る馬だけに、スタートが上手くなくレース序盤に行き脚が付かないのは仕方がないと思う。

 それでも押してポジションを取るべきという意見もあると思うが、身体が付いてこない状態でスタート直後に無理に押していくと馬体に大きな負荷が掛かり、結果的に大きく体力を消耗する結果に終わることが殆ど。なのでスタート直後に無理をしなかった北村騎手の判断は間違っていないと思う。

 ただその後の彼の手綱捌きに関しては、正直色々言いたくなる部分は多い。

 アヴニールマルシェという競走馬は今までのレースを振り返っても明らかなように、仕掛けてから馬が反応して加速するまでに少々タイムラグが発生する馬で、お世辞にも反応の良い馬とは言えない。

 なのでG1のようなハイレベルなレースで勝ち負けに持ち込むためには、先を読みながらしっかりと進路を確保しつつ、仕掛けどころを間違わないように早め早めにアクセルを吹かす必要があるのだが、今回のレースでも直線まで待ち過ぎて仕掛けが遅れ、且つ進路取りに迷って2度ほど軽くブレーキを掛ける騎乗をしてしまった。

 レース後、アヴニールマルシェを応援するファンから「また同じことを繰り返した」との声が上がったが、そう言われても仕方が無いだろう。実際筆者の目にも同じように映ったのだから、彼を擁護することは出来ない。

 もちろんアヴニールマルシェという競走馬は、その血統とは裏腹に本質的にはマイラーではなく中距離馬だと思われるだけに、ベストの騎乗をしていたとしても勝ち負けに持ち込めたのかと言われると、正直疑問符の付く部分もある。

 ただあれだけの脚を見せられると、ファンとしてはタラレバを言いたくなるのも当然。ましてや以前のレースの教訓が全く生かされていないとなれば尚更だろう。

 同馬の今後は恐らくダービーになると思われるが、幸いにして北村騎手はキタサンブラックに騎乗が決まっており、乗り代わりが確実になっている。

 現時点で誰がアヴニールマルシェに騎乗するかは決まっていないが、ダービーで新パートナーにより新たな一面が引き出されることを期待したい。

 5着のグランシルクは出来は素晴らしかったと思う。ただステイゴールド産駒らしく、東京マイル戦の適性の無さが結果に現れた印象かな。

 ステイゴールド産駒は全体的な傾向として、機動力の要求されるコースは滅法強いが、広々とした東京コースは一枚落ちるところがあるからね。以前ジャパンカップでオルフェーヴルがジェンティルドンナに真っ向勝負を挑んで負けたのが、その良い例になるだろう。

 グランシルクも一瞬は良い脚を使っているのだけど、戸崎騎手が直線手前のかなり早い段階から仕掛けたこともあり、残り200mを過ぎた辺りで完全に脚が上がり、前の馬と脚色が一緒になってしまった。

 もう少し追い出しを我慢できればもう少し差は詰まったように思えるが、それでも大勢を覆すところは難しかっただろう。

 今後は中山や福島のような機動力を生かせるコースで見直したいところだ。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

トゥザワールド惜しい!不利な条件が重なるも地力で2着を確保 2015ザ・BMWレース回顧~

Japanese visitor #ToTheWorld looking sen …

【ダービー回顧】ドゥラメンテ その強さは怪物と称するのが相応しい

 JRA公式ラップ:12.7 – 10.9 – 11.8 …

ノンコノユメの今後の可能性 / ユニコーンS回顧

 競馬ファンの中で追い込みが嫌いという人は恐らく少数派だと思う。  古くはシービ …

【オークス回顧】ミッキークイーンの強靭な末脚を引き出した「一瞬の遅れ」

 2戦目で初勝利を挙げたのを現地で見ていた時、「これは後々はオープンで勝ち負けす …

2015高松宮記念@エアロヴェロシティ
呆れるほどの素質と強さ!万全ではなかったエアロヴェロシティが力で日本馬を捻じ伏せ勝利 ~2015高松宮記念レース回顧~

【PHOTO】エアロヴェロテシティ Aerovelocity http: …

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …

その走りに賞賛の拍手を!日本競馬の今後に多大な功績をもたらしたリアルインパクト ~2015ドンカスターマイルレース回顧~

【PHOTO】リアルインパクト Real Impact http://t …

【ダービー回顧】サトノクラウン、名手もダービーの重圧に呑まれたか

昨日のサトノクラウンのパドック、やっぱり弥生賞と東スポが1番よく見えてた。前を歩 …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

【オークス回顧】批判自体はされるべきだが・・・。川田騎手のレース後の発言に違和感

【PHOTO】ゴーグルを投げ入れる浜中俊騎手とミッキークイーン http …