馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【NHKマイルC展望】グランシルク、アルビアーノ、アヴニールマルシェ辺りが有力か

      2015/05/11

ミッキーアイル@2014NHKマイルC

 正直難解なレースだなという印象が強い。

 人気の仕方を見ても分かるようにこれといった中心馬が存在せず、よく言えば群雄割拠。悪く言えばどんぐりの背比べといったメンバー構成。

 それに加えて昨日のレース後、東京競馬場のある府中市周辺は結構な量の雨が降ったらしい。実際東京競馬場にもかなりの量の降雨が有ったという情報が入っている。

 今朝8時時点のJRAからの馬場状態の発表では芝・ダート共に良馬場となっているが、以上の情報から推測するとそれなりに水分は含んだ良馬場と見るのが正しいだろう。

 天気予報によると今日の天気は晴れで気温も25度前後まで上がる予報となっているので、徐々に乾いていくのは間違いない。ただ東京競馬場の芝コースは内から徐々に乾いていく構造をしているだけに、乾き方によっては内外の差がくっきりと出るかも知れず、それまでのレース傾向をいつも以上に注視する必要が生じるだろう。

 こういった要素を考えると展開一つで結果がコロッと変る可能性の高いレースになりそうで、正直予想するのも心が折れかけているのだが・・・(苦笑)

 そうは言っても折角のG1。予想しないのもアレなので注目馬をピックアップしてみたい。

スポンサーリンク

 父ステイゴールドで東京のマイル戦で大仕事を成し遂げるかと言われると、確かにピンとこないのが正直なところであるが、人気どころで安定していて1番信頼出来そうなのがグランシルクだろう。

 前走こそ立ち上がりかけたところでゲートが開いてしまい大きく出遅れたが、いつもはそこまでゲートの出は悪くない同馬。多少不安はあるが普通に出て中団ぐらいのポジションを取ることが出来れば、あとはメンバー中上位の末脚で勝ち負けに持ち込むことは充分可能だろう。

 また内から乾いていくと予想される馬場状態も、内枠の同馬にとってはプラスに働きそうだ。

 馬体的にもG1で勝ち負けできるだけの風格は備わっており、このレースのみならず今後の活躍も期待できるグランシルク。デビュー前から注目していた馬だけに頑張って欲しいと思う。

 ここまで3戦無敗のアルビアーノも当然有力候補の1頭だろう。

 馬体はいかにもノーザンダンサーの血が濃いアメリカ産馬らしく、若干短足気味の筋肉質でずんぐりむっくりとした体型をしているアルビアーノ。

 それだけに高い機動力が武器となる中山の方が東京よりも向いていることは間違いないだろうが、先行馬にしては追い出してからの一瞬の切れはかなり高いレベルにあるので、脚の使い方さえ間違えなければ東京でも好走は出来る筈。

 理想は好位2~3番手ぐらいで折り合ってレースを進め、直線坂を駆け上がるあたりで仕掛けて一気に抜け出し、最後は一杯になって粘りこむ競馬だろうか。

 脚を使える区間が短いタイプなのでシビアな仕掛けが要求されそうだが、そこはずっとコンビを組み続けている柴山騎手の手腕に期待したい。

 共同通信杯5着以来となるアヴニールマルシェも、乗り方次第では勝ち負けできる1頭だと思う。

 大柄な馬体でまだ成長途上の為に筋肉が不足しているせいか、スタートで前に行く脚が無く、また追い出してから加速するまでに若干手間取る面があるアヴニールマルシェ。

 それだけに上位を目指すには鞍上・北村宏司騎手の好リードが必須だが、上手く同馬を導くことが出来れば素質的にはメンバー中1・2を争う存在だけに、一気に首位台頭も充分ありえるだろう。

 個人的には距離はもっと長い方が良いタイプと思っているだけに、なんとかここで賞金を加算してダービーに出て欲しい気持ちが強い。

 北村騎手は同馬では今一歩足りない競馬が続いているだけに、ここは一念発起して強気な競馬をして欲しいと願っている。

 馬のタイプ的に勝ち切るまではどうかな?と思うが、2・3着ぐらいまでなら充分有りそうなのがアルマワイオリとヤマカツエース、ヤングマンパワーだろうか。

 アルマワイオリは一戦ごとに追い切りの動きが良くなっており、今回の最終追い切りの動きは同馬にしては特筆モノだったと思う。これだったらG1でも良い競馬を期待できるのではなかろうか。

 ヤマカツエースも状態はかなり良い。こちらはあまり時計が速い競馬になるとスピード不足が露呈する可能性も無くはないが、レースの上がりが掛かる競馬になったら浮上する可能性は高いのではなかろうか。

 ヤングマンパワーは主戦の松岡騎手に手が戻るのは大きい。前走は丸山騎手がかなり下手に乗ったので、まともに競馬すれば当然巻き返しは可能だろう。

 頭の高い走法の馬で上がりの速い競馬になり易い東京でどれだけの脚が使えるかは未知数だが、馬の器は結構大きいだけに無視は危険だと思う。

 - レース展望、予想

        
follow us in feedly

  関連記事

【オークス展望】ルージュバックには頭の古いプロ達の鼻を明かす走りを期待

 いよいよ今年のオークスが明日へと迫った。  今週の始めから昨日まで、当ブログで …

【京都新聞杯展望】今年もディープインパクト産駒が有力か

【サンスポ】 【京都新聞杯】高速馬場味方にサトノラーゼン勝機(サンケイスポーツ) …

【京王杯SC予想】エールブリーズ、この条件ではパーフェクトな実績

 東京競馬場の芝コースは今週からBコースに。先週までは内ラチ沿いの芝が結構飛ぶの …

【ヴィクトリアマイル】レッドリヴェール復活の可能性は?

 今週は東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われる。  恐らく昨年のオークス馬 …