馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【オークス回顧】クルミナル ゲートで気難しさを見せるがレースでは高い能力を示す

      2015/05/26

 「桜花賞2着馬が6番人気?ずいぶん評価が低いな」これがクルミナルの人気を知った時に率直な感想だった。

 ここまで4戦2勝、2着1回。実績だけ考えたらもっと上の人気でもおかしくなかったと思うのだが・・・。前走の桜花賞が少々特殊なレースになったことに加えて、一部で距離不安が囁かれたことが思わぬ低評価の要因だろうか?

 マイナス10キロと馬体重を減らしてパドックに登場してきたクルミナル。週中の同馬の馬体診断の記事でも「無駄な肉を削げ落としている」とコメントしたように、ある程度の馬体減は想定の範囲内だった。

 ただそれでも10キロは気にするに値する減り幅なので、パドックでもクルミナルを注意深く見てみたのだが・・・全く問題なかったね。スッキリとしつつも必要な筋肉は全く落ちていない、素晴らしい仕上がりだったと思う。これこそオークス仕様と呼べる仕上がりだった。

スポンサーリンク

 ただパドックでは素晴らしかったクルミナルだが、ゲートではやらかしてしまう。

 元々デビュー前から気難しい馬ということで評判だったクルミナル。デビュー戦や2戦目のパドックでは列の最後尾を歩き、なるべく観客から遠ざけるようにパドックの内を周回していたほどだ。

 前走辺りからパドックも普通に歩けるようになってきたようだが、オークスは今までのレースとは観客の数が違う。しかも発走地点はスタンド前。ファンの大歓声に煽られて気難しい面が表に出てしまったのだろう。ゲート入りをごねてしまった。

 幸い暴れるような面は見せなかった為、体力の消耗は最小限度に抑えられたと思う。ただそれでも少なからず肉体的にも精神的にも消耗したはずで、レースで最後もう一踏んばり利かなかったのは、このアクシデントの影響もあるかも知れない。

 レースに関してはほぼ注文どおりの競馬が展開できたのではないかと思う。ルージュバックを完全にマークする形で騎乗していた池添騎手。かつてはマーク屋と呼ばれ本命馬を競り落とす競馬を得意としていた池添騎手にとって、この展開は絶好だったのではないかと思う。

 ただクルミナルも強かったが、マークしていたルージュバックも強かった。マークする側のアドバンテージを生かせなかったばかりか、最後はミッキークイーンにも差されて3着は完敗というしかないだろう。

 多少早仕掛けの感はあったが、結局のところ上位2頭が強かったということだろう。この距離でやり合うには、ちょっと相手が悪かった印象だ。

 残念ながら3着に敗れたクルミナルだが、まだまだ伸び代は大きく残しているだけにこれから更に強くなる馬だろう。

 ベストはマイルから2000mぐらいだろうが、牝馬にしては大柄でちょっと立ち回りが下手なところがあるだけに、京都内回り2000mで行われる秋華賞は適性面から微妙かもしれない。それよりもエリザベス女王杯やマイルCSの方が期待できる気がする。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

ミッキークイーン 人馬共に素晴らしいパフォーマンスで納得の2冠達成 / 秋華賞レース回顧

 「勝利に相応しい馬が、勝つべくして勝った」  20回目の節目を迎えた今年の秋華 …

トゥザワールド惜しい!不利な条件が重なるも地力で2着を確保 2015ザ・BMWレース回顧~

Japanese visitor #ToTheWorld looking sen …

ソルテ 小回りで長所の機動力が際立つ。秋のJBCでも期待大 / 2016さきたま杯

 いやぁー、ソルテ見事な逃げ切りだった!  JRA所属のG1馬4頭を向こうに回し …

ダノンレジェンドの強さとシゲルカガのスピードが印象的だった東京スプリント

【PHOTO】ダノンレジェンド Danon Legend http:// …

【京都新聞杯回顧】サトノラーゼン、ポルトドートウィユの2頭はダービーでも期待

 JRA公式ラップ:12.3 – 10.7 – 12.2 …

その走りに賞賛の拍手を!日本競馬の今後に多大な功績をもたらしたリアルインパクト ~2015ドンカスターマイルレース回顧~

【PHOTO】リアルインパクト Real Impact http://t …

【鳴尾記念】ラブリーデイが完勝でG1に向け弾みを付ける

 宝塚記念の前哨戦としてこの時期に移されてから、今年で4年目となる鳴尾記念。阪神 …

必死に粘るキタサンブラック
スプリングSはキタサンブラックが勝利 ~2015スプリングSレース回顧vol.2~

 リアルスティールの敗戦が大きな話題となった今年のスプリングSだが、勝ったキタサ …

タッチングスピーチ 敗因は内回りと二度の不利か / 秋華賞レース回顧

【報知競馬情報】 【秋華賞】2番人気タッチングスピーチ6着 ルメール「内回りは忙 …

アドマイヤエイカン 地味ながらもクラシックを意識できる勝ちっぷり / 札幌2歳S回顧

 見事デビュー2戦目で重賞制覇を成し遂げたアドマイヤエイカン。  新馬戦とは打っ …