馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【オークス馬体診断】コンテッサトゥーレ、出来は素晴らしいが距離に不安

   

 コンテッサトゥーレを初めて見たのは1月の紅梅ステークスの時だったが、その時から比べるとだいぶ馬が成長している。

 あの時は如何にも成長途上の幼い牝馬といった風情だったが、半年あまりが経って各部のパーツがしっかりと自己主張するようになり、このメンバーに混じっても見劣りしないばかりが、目を引く存在に感じるほど見栄えする馬体になったと思う。

 ただこの距離でやれるかと言われると、疑問符が付かざるを得ないかな。基本的に同厩の先輩牝馬であるレッドオーヴァルに良く似たタイプの馬であり、将来的にはマイルをこなせるスプリンターとして活躍するだろう。

 よく「この時期の牝馬は距離は関係ない」と言われるが、それにも限度がある。中距離をこなせるマイラーがオークスで好走することは有っても、マイルをこなせるスプリンターがオークスで好走するのが難しいことは、残念ながらレッドオーヴァルで証明済みだ。

 コンテッサトゥーレは440キロの馬格の割には背が低く、また四肢も短い。脚の回転の速さで走る馬なので、2400mの距離は長すぎるし直線の長い東京コースも合わないだろう。

 出来に関しては素晴らしく言うことない状態にあると思うので、思わず押さえたくなるのだが・・・。ルメール騎手の手綱を持ってしても、さすがに好走は厳しいのではないかと思う。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

【オークス馬体診断】ココロノアイ、桜花賞と比べると出来落ちか

【優駿牝馬】馬体FOCUS ココロノアイ Kokorono Ai&#10 …

【オークス馬体診断】クイーンズリング、素晴らしい出来

【優駿牝馬】馬体FOCUS クイーンズリング Queens Ring&# …

【オークス馬体診断】レッツゴードンキ、距離はこなせる造り

【優駿牝馬】馬体FOCUS レッツゴードンキ Let's Go …

【安田記念馬体診断】フィエロ まだまだ未完成の身体つき

【安田記念】馬体FOCUS フィエロ Fiero 馬体解説・比較 …

ヴァンセンヌ 良血開花。ここは今後の可能性を探る一戦 / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】ヴァンセンヌ Vincennes 馬体解説・比較写真は …

トーホウジャッカル 全体的に逞しさは増したが・・・ / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS トーホウジャッカル Toho Jackal& …

エイシンヒカリの可能性について考えてみた / エプソムC馬体診断

都大路Sで1着★通算成績7戦6勝としたエイシンヒカリ(父ディープインパクト)の次 …

【ダービー馬体診断】ドゥラメンテ 体調に黄信号!?

【日本ダービー】馬体FOCUS ドゥラメンテ Duramente&#10 …

スマートオーディン その強靭な筋肉は諸刃の剣 / 日本ダービー

#スマートオーディン #SmartOdin #日本ダービー #東京優駿 #競馬  …

モーリス 風格すら感じさせる立ち姿 / 安田記念馬体診断

【先“撮”り馬体PHOTO】モーリス (Maurice)https://t.co …