馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【オークス馬体診断】ルージュバック、桜花賞よりも良い

   

 桜花賞終了後にノーザンファーム天栄に放牧に出されて、先週半ばに帰厩。オークスに臨む馬としては異例のローテとなったルージュバック

 果たしてその調整過程が吉と出るか凶と出るか注目されたが、写真を見る限りどうやら吉と出たようだ。

 桜花賞時と比べても明らかにボリュームを増した肩とトモの筋肉。毛ヅヤにしても元々冴えない同馬にしてはマシになってきているように思える。

 同期の馬たちに比べて幼さの残っていた馬体も、この放牧で少し成長したようだ。徐々に大人の馬体に近づきつつあると言えるだろう。

 馬体に筋肉が付くと気になるのが関節の稼動域が狭まることだが、まだ全体的に窮屈さのない余裕のある身体付きを維持しており、その点は心配要らないかも。最終追い切りでルージュバックらしい全身を使ったダイナミックなフォームで走れていれば問題ないだろう。

 馬体から窺える距離適性は2000m前後がベストと思われる中距離馬。ただ脚質や道中の巡航スピードを見る限り、2400mは充分守備範囲だろう。パワーもあるので多少の道悪は問題にしないと思う。

 正直前走の敗因はレース展開に尽きると思っていたので、桜花賞の時と同じような馬体で出てきても評価するつもりではあった。ただ今回は明らかに前走よりも良くなっており、これなら主役の評価を与えても大丈夫だろう。

 あとは鞍上がどう乗るかのみ。戸崎騎手は人気馬に乗ると窮屈な競馬をして失敗することが多いだけに、ドンと構えて同馬の良さを引き出す騎乗をして欲しいところだ。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

アンビシャス 中距離以下の活躍の場を限定するのは非常に勿体ない馬体 / 毎日王冠

【馬体FOCUS】アンビシャス Ambitious 馬体解説・比較写真は …

【安田記念馬体診断】フィエロ まだまだ未完成の身体つき

【安田記念】馬体FOCUS フィエロ Fiero 馬体解説・比較 …

トーホウジャッカル 全体的に逞しさは増したが・・・ / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS トーホウジャッカル Toho Jackal& …

ゴールデンバローズ 同期の中でも飛び抜けた風格 / ユニコーンS馬体診断

【ユニコーンS】ゴールデンバローズ 馬体FOCUS 馬体解説・比較写真は …

ラキシス デビュー以来最高の出来 / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS ラキシス Lachesis 馬体解説 …

タップザット ライバルより前で競馬したい / ユニコーンS馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】ユニコーンSG3に出走予定のタップザット …

【ダービー馬体診断】サトノクラウン 極上の馬体

【日本ダービー】馬体FOCUS サトノクラウン Satono Crown …

ヴァンセンヌ 良血開花。ここは今後の可能性を探る一戦 / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】ヴァンセンヌ Vincennes 馬体解説・比較写真は …

【安田記念馬体診断】ヴァンセンヌ 時計の掛かる馬場なら一気に浮上

【安田記念】馬体FOCUS ヴァンセンヌ Vincennes 馬 …

【オークス馬体診断】クルミナル、距離延長に対応できるように馬体を造り変える

【オークス馬体診断】クルミナル 評価B|WIN!競馬 http://t.co/t …