馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【オークス追い切り】ルージュバックが本来の動きを取り戻す

   

 桜花賞後に即座にノーザンファーム天栄に放牧に出し、ギリギリまで当地で調整を重ねてレース10日前に美浦に戻すという、言わば博打に近い手に打って出たルージュバック陣営。

 条件戦とか休み明けの一叩きならばいざ知らず、春の牝馬クラシック総決算のレースであるオークスで、俗に言う「10日競馬」を選択した陣営の決断は、その異例さから各所で議論を呼ぶ形となっていた。

 果たしてその賭けとも言うべき決断は正しかったのか間違っていたのか?ルージュバックの最終追い切りの動きに注目が集まっていたのだが・・・。

 あくまで筆者の個人的な感想と断っておく。そしてその決断の真の是非はレースが終わってみないと正確には分からない。

 ただ・・・、ルージュバック陣営は恐らく賭けに勝った。そう思える動きを披露するルージュバックの姿が、そこには有った。

スポンサーリンク

 元々身体全体を使って豪快な動きをする馬なので、正直いつも良い動きをしているように思ってしまうルージュバック。実際桜花賞の時の動きも、個人的には素晴らしいものだと先程まで思っていた。

 ただ今回の追い切りの動きと桜花賞時の動きを、何度も何度も動画を見比べながら比較すると、その違いが徐々に見えてきた。今回の追い切りの方が馬体に柔軟性が感じられ、身体を大きく使って走れているのだ。なので当然脚の振り、切れも前走時より今回の方が素晴らしい。

 試しにルージュバックの過去の追い切り動画を全部見てみたのだが、今回の動きは底知れぬ可能性を感じさせていた2歳時の動きに良く似ているように思う。今年になってからは重心(胴体部分)が安定した代わりに、ストライドが若干小さくなっていた。

 個人的にはそれは身体に筋肉が付いた影響によって関節の稼動域が狭まり、それによって以前のストライド型から若干ピッチよりに変化したものだと思っていたのだが・・・。実は単純に身体が硬くなっていただけなのかも知れない。

 今回のノーザンファーム天栄での調整では「本来のルージュバックを取り戻す」というテーマで調整を重ねられてきたようだが、今回2歳時に見せていたような荒削りながらも躍動感溢れるフットワークが戻ってきたところを見ると、その調整は成功したと見ていいだろう。牧場側は良い仕事をしたと思う

 見た目には桜花賞時よりも良化し、反撃の態勢は整ったように思えるルージュバック。

 その見方が果たして正しいのか間違っているのか。答えはもうすぐ明らかになる。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

【安田記念】ミッキーアイル 競馬センスの高さは相当

 逃げ戦法だと限界があるということで、差す競馬へと脚質転換を計った近走のミッキー …

リッチタペストリー 日本の馬場への適性は? / スプリンターズS追い切り

 相変わらず世界中で活躍を見せる香港所属のスプリンターたち。  日本でもその傾向 …

昨年のフラワーCを制したバウンスシャッセ
近年大物を続けて輩出しているフラワーC 今年も今後に大きく注目したい素質馬が出走してきた ~2015フラワーC調教診断~

 牝馬クラシックの正式なトライアルレースではないが、ここで好走した馬がクラシック …

レーヴミストラルとタンタアレグリア、ダービー追い切りで感じた青葉賞組の評価

 ここまで注目馬のダービー最終追い切りを観てきたが、この記事ではトライアルの青葉 …

トレヴ圧巻の最終追い切り。凱旋門賞3連覇に向けて視界良好

 いよいよ今年も凱旋門賞の発走の瞬間が迫ってきた。  今年は久々に日本からの出走 …

アルタイル 好走の鍵は仕掛けどころ / ユニコーンS追い切り

 ダートでは6戦2勝、2着3回と安定した成績を残しているアルタイル。  先行力が …

レッドオーヴァル やるべきことをやった牝馬にいよいよ勝利の女神が微笑むか / スプリンターズS

 レッドオーヴァルという馬は運の無い馬だというイメージが強い。  桜花賞2着、ス …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【安田記念追い切り】リアルインパクト 最高の動きを見せる

 同じく安田記念に出走するモーリスと併せて追い切りを行ったリアルインパクト。   …

アンバルブライベン 好走する条件は揃った / 函館SS追い切り

 昨秋から一気に頭角を現し、スプリント路線のトップクラスへと成長したアンバルブラ …

アラバスター どうしても付きまとう母の影 / 札幌2歳S追い切り

 名牝レーヴディソールの初仔であり、札幌2歳Sでは1番人気が有力視されているアラ …