馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【オークス追い切り】ルージュバックが本来の動きを取り戻す

   

 桜花賞後に即座にノーザンファーム天栄に放牧に出し、ギリギリまで当地で調整を重ねてレース10日前に美浦に戻すという、言わば博打に近い手に打って出たルージュバック陣営。

 条件戦とか休み明けの一叩きならばいざ知らず、春の牝馬クラシック総決算のレースであるオークスで、俗に言う「10日競馬」を選択した陣営の決断は、その異例さから各所で議論を呼ぶ形となっていた。

 果たしてその賭けとも言うべき決断は正しかったのか間違っていたのか?ルージュバックの最終追い切りの動きに注目が集まっていたのだが・・・。

 あくまで筆者の個人的な感想と断っておく。そしてその決断の真の是非はレースが終わってみないと正確には分からない。

 ただ・・・、ルージュバック陣営は恐らく賭けに勝った。そう思える動きを披露するルージュバックの姿が、そこには有った。

スポンサーリンク

 元々身体全体を使って豪快な動きをする馬なので、正直いつも良い動きをしているように思ってしまうルージュバック。実際桜花賞の時の動きも、個人的には素晴らしいものだと先程まで思っていた。

 ただ今回の追い切りの動きと桜花賞時の動きを、何度も何度も動画を見比べながら比較すると、その違いが徐々に見えてきた。今回の追い切りの方が馬体に柔軟性が感じられ、身体を大きく使って走れているのだ。なので当然脚の振り、切れも前走時より今回の方が素晴らしい。

 試しにルージュバックの過去の追い切り動画を全部見てみたのだが、今回の動きは底知れぬ可能性を感じさせていた2歳時の動きに良く似ているように思う。今年になってからは重心(胴体部分)が安定した代わりに、ストライドが若干小さくなっていた。

 個人的にはそれは身体に筋肉が付いた影響によって関節の稼動域が狭まり、それによって以前のストライド型から若干ピッチよりに変化したものだと思っていたのだが・・・。実は単純に身体が硬くなっていただけなのかも知れない。

 今回のノーザンファーム天栄での調整では「本来のルージュバックを取り戻す」というテーマで調整を重ねられてきたようだが、今回2歳時に見せていたような荒削りながらも躍動感溢れるフットワークが戻ってきたところを見ると、その調整は成功したと見ていいだろう。牧場側は良い仕事をしたと思う

 見た目には桜花賞時よりも良化し、反撃の態勢は整ったように思えるルージュバック。

 その見方が果たして正しいのか間違っているのか。答えはもうすぐ明らかになる。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

アルタイル 好走の鍵は仕掛けどころ / ユニコーンS追い切り

 ダートでは6戦2勝、2着3回と安定した成績を残しているアルタイル。  先行力が …

【ダービー】リアルスティール 全てにおいて皐月賞より上昇

 ダービーで皐月賞の雪辱を狙うリアルスティールだが、一週前追い切りを見る限り順調 …

【オークス追い切り】ココロノアイ 変則的な追い切りだが動き自体に問題なし

 普段良く行われている追い切りとは違い、前半から押さえずに飛ばして行ったココロノ …

【オークス追い切り】クルミナル 桜花賞よりも上昇

 相変わらず霧の影響で追い切り前半の様子が不明だが、後半の動きは出色モノだったの …

ウリウリ 極上の切れ味をどう生かすか / スプリンターズS追い切り

 スプリント路線に転向してから安定感を増した感があるウリウリ。  もともと一瞬の …

【安田記念追い切り】モーリス 軽めだが走れる仕上がり

 同じく安田記念に出走するリアルインパクトと併せて追い切りを行ったモーリス。   …

トーホウジャッカル 劇的に良化しないと厳しいか / 宝塚記念一週前追い切り

 宝塚記念で復帰を予定している昨年の菊花賞馬トーホウジャッカル。  その宝塚記念 …

ブチコ 2ヶ月ぶりも仕上がりはまずまず / ユニコーンS追い切り

 伏竜ステークス以来2ヶ月ぶりのブチコだが、追い切りの動き自体はそんなに悪くなか …

昨年のスプリングSを制したロサギガンティア
リアルスティール絶対視は危険 ~2015スプリングS追い切り診断~

 過去10年で勝ち馬から4頭の皐月賞馬を輩出するなど、本番に直結するトライアルレ …

レッドオーヴァル やるべきことをやった牝馬にいよいよ勝利の女神が微笑むか / スプリンターズS

 レッドオーヴァルという馬は運の無い馬だというイメージが強い。  桜花賞2着、ス …