馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【オークス展望】ルージュバックには頭の古いプロ達の鼻を明かす走りを期待

   

ルージュバック@きさらぎ賞

 いよいよ今年のオークスが明日へと迫った。

 今週の始めから昨日まで、当ブログではオークス有力馬の馬体診断を行ったり最終追い切りのジャッジを行ってきた訳だが、今回の記事では総括としてオークスの展望を行ってみようと思う。

 ここまで調整過程が色々と言われているが、中心はルージュバックで良いと思う。

 フォトパドック、最終追い切り共に前走の桜花賞よりも良く大きな前進が見込める同馬。身体全体を使って徐々に加速するタイプだけに、広々として直線も長い東京コースこそがベストコースだと思う。

 初めて敗戦を喫した桜花賞にしても、歴史的なスローペースにより同馬にとって向かないスプリント勝負になり、スプリント勝負が得意な馬たちに遅れを取ってしまっただけ。その時よりも状態が良いとなれば見直すのは当然だろう。

 一部関係者や識者の中には「本当の名馬なら最後は伸びてくるもの」とコメントし、ルージュバックの評価を下げる人たちが要るようだが、何をバカなことを言っているのだろうか?展開が向かなくて大敗したが、その後巻き返した馬など腐るほど要ると言うのに。

 それこそ競馬史に残る名馬であるオルフェーヴルやゴールドシップですらも、展開や適性が向かなかった為に大敗した経験を持っている。競走馬同士の力量が大きく乖離していた昭和の競馬ならいざ知らず、現在の日本競馬で展開や適性を無視して好走を続ける名馬などまず存在しないのだ。

 1レースだけの結果で全てを見切ったように断を下す事ほど愚かなことはないだろう。ルージュバックには是非とも好走してもらい、プロとは思えないほど硬直した頭を持つ連中のハナを明かして欲しいものだ。

スポンサーリンク

 ルージュバックに続く存在だと思っているのが、桜花賞2着馬のクルミナル

 同馬はデビュー戦からずっと見続けているので、その分評価も高めなのかも知れない。ただ桜花賞2着は決してフロックではなく、またこの時期の2400mを走るに当たって480キロを超える馬格は大いに有利だ。

 あまりに馬場が悪くなると評価を下げざるを得なくなるが、多少雨が降った程度の馬場なら問題ないだろう。総合力はメンバー中屈指だと思うので、ここでも充分勝ち負けになると思う。

 当日のパドックの状態はしっかり確認したいが、走れる状態で出てくればココロノアイも争覇圏の1頭だ。

 あまり高速馬場過ぎると切れ負けする懸念も出てくるが、恐らくそこまで馬場は速くならず、速くなっても普通の高速馬場程度だろう。その程度ならば充分勝負になる

 東京競馬場の乗り方を熟知している横山典弘騎手が鞍上というのも心強い。内枠を引いたこともあって、道中ロスのない競馬で余力たっぷりで直線を迎えるのではなかろうか。

 馬単体の能力だけなら先述の2頭に僅かに劣るという評価を下しているが、なにせ乗ってる人が乗ってる人だけに一発の可能性は決して低くはない。

 桜花賞馬のレッツゴードンキは脚の使い方が勝負の明暗を分けるだろう。

 状態は素晴らしいし距離自体もこなすことはこなすと思う。ただ切れる脚が一瞬しか使えないタイプなので、東京の直線であまりに早く追い出すと最後止まってしまう可能性は高い。

 幸いにして1番枠を引けたので、好位3~4番手の内ラチ沿いでじっと我慢し、直線もギリギリまで我慢して追い出すという競馬が期待できる。その競馬が出来ればもしかしたら2冠達成の可能性も出てくるかも?

 騎乗する岩田騎手がどこまで我慢できるか?それがレッツゴードンキの勝敗の鍵を握ることになるはずだ。

 クイーンズリングミッキークイーンの2頭は有力な存在だと思うが、勝ち切るまではどうかな?という評価。

 クイーンズリングはルージュバックと同じマンハッタンカフェ産駒ということで、スパッと切れるというよりも徐々に加速して長く良い脚を使うタイプ。

 それだけに距離が伸びて東京コースに代わるのは間違いなく歓迎だろう。道中のペースが弛む今回は、桜花賞よりも前で競馬する可能性もあるはずだ。

 こうやって考えてみれば前向きな要素しかないクイーンズリングだが、どうしてもG1を勝ち切るほどの大物感は感じられないのよね。2~3着ならかなり高い確率で突っ込んできそうなんだけど。

 ミッキークイーンも2~3着ならクイーンズリングに負けないぐらいの可能性で確保するのではないかと思っている。同馬はスケールも大きい馬なので将来的にはG1も勝てそうな気がするが、現時点では成長途上。なので少し評価を下げてみた。

 ミッキークイーンに関しては明日パドックを見て考えを変えるかもしれない。ただ今のところは2~3着候補かな。

 トライアル組は桜花賞組に比べて1~2枚落ちるので買う予定はないが、押さえるとしたらシングウィズジョイかな?鞍上の内田博幸騎手は平安Sを勝って今勢いに乗ってるからね。また友道厩舎も東京芝2400mでは好成績を残しているようだし。

 最後に1頭穴馬を挙げるとすれば、矢作厩舎のアースライズを推奨したい。

 如何にも距離が伸びてこそ良さを発揮するタイプだし、何より最終追い切りの動きが素晴らしかった。桜花賞はこの馬にとっては最悪の展開といえる上がりの競馬だったので度外視で良いだろう。好位で大きなストライドを生かす競馬をすれば、直線でファンをビックリさせるシーンを現出させることも不可能ではないはず。

 現在単勝13番人気。下手すれば単勝万馬券クラスの馬だが、ヒモに加えるのも悪くないのではなかろうか。

 - レース展望、予想

        
follow us in feedly

  関連記事

【ヴィクトリアマイル】レッドリヴェール復活の可能性は?

 今週は東京競馬場でG1ヴィクトリアマイルが行われる。  恐らく昨年のオークス馬 …

【NHKマイルC展望】グランシルク、アルビアーノ、アヴニールマルシェ辺りが有力か

 正直難解なレースだなという印象が強い。  人気の仕方を見ても分かるようにこれと …

【京王杯SC予想】エールブリーズ、この条件ではパーフェクトな実績

 東京競馬場の芝コースは今週からBコースに。先週までは内ラチ沿いの芝が結構飛ぶの …

【京都新聞杯展望】今年もディープインパクト産駒が有力か

【サンスポ】 【京都新聞杯】高速馬場味方にサトノラーゼン勝機(サンケイスポーツ) …