馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【オークス回顧】ミッキークイーンの強靭な末脚を引き出した「一瞬の遅れ」

   

 2戦目で初勝利を挙げたのを現地で見ていた時、「これは後々はオープンで勝ち負けする馬になるだろうな」と思った。

 続くクイーンCを2着し、忘れな草賞を快勝した時は「思った以上に強いな。オークスでもそこそこ期待できそう」と少し期待するハードルを上げた。

 そして今週、フォトパドックでその馬体を見た時は、「将来的にはG1を勝てる馬」と最上級に近い評価を下した。

 しかしその評価も「将来的には」であった。まさかこんなに早い時期に、しかもオークスの大舞台でG1制覇を成し遂げるとは・・・。

 春の日差し降り注ぐ東京競馬場のターフの上を、父ディープインパクトを髣髴とさせる末脚で駆け抜けたミッキークイーン。その走りは牝馬らしく可憐で、しかしその裏には芯の強さを垣間見せる見事なものだった。

スポンサーリンク

 初めての東上となったクイーンCの時には前走比マイナス20キロと、大幅に馬体を減らしてしまったミッキークイーン

 もともと牝馬の中でもそんなに身体が大きいタイプじゃないので、再度の前日輸送でどれだけ馬体を維持できるかがまず注目されていた訳だが、蓋を開けてみれば忘れな草賞よりもプラス6キロと増えて登場してきた。

 これはミッキークイーンにとって大きなプラス材料だっただろう。G1に臨むにあたり調教も今まで以上に強化されていた。そのメニューをこなしてかつプラス体重ということは、調教が全て身になっているという事実を示す。

 実際パドックに登場してきたミッキークイーンは素晴らしい状態だった。胴回りは細過ぎず太過ぎずというベストなサイズで、身体全体をみても無駄肉は一切付いていないスッキリとした仕上がり。

 こういう体型の馬は得てして筋肉のボリューム感に不満を覚えることが多いのだが、ミッキークイーンに関しては必要な筋肉はちゃんと付いており、スリムな体型の割りに線の細さは全く感じさせなかった。

 身のこなしも背中のラインが全くブレずに安定しており、その背中を視点に四肢がスッスッとスムーズに捌けていた。今回のオークス出走馬の中でも特に目を引く仕上がりの1頭で、今思えばミッキークイーンが好走したのも当然かもしれない。

 レースでは課題だったスタートを無難にこなし、中団よりやや後方にポジションを取ったミッキークイーン。

 番手順こそ12番手ぐらいだったが、一列前にはクルミナルが居て、もう一列前にはルージュバックが居るなど、末脚を生かす競馬をする馬としてはベストのポジションを獲れたのではないだろうか。

 向こう正面では周りに馬が居なくなった隙に内から外に持ち出すなど、常にいつでも動ける態勢を作りながら有力馬の動向を窺っていた鞍上の浜中騎手。

 ポジションこそ後方だったが常に勝利を意識した攻めの騎乗をしており、この姿勢が勝利を呼び込んだのは間違いないだろう。オークス勝利騎手に相応しい、素晴らしい騎乗だったと思う。

 直線ではクルミナルの後ろから猛然と追い込んできたミッキークイーン。4角から直線までの位置取りでは上位3頭の中で1番後ろだった訳だが、その仕掛けのタイミングも3頭の中では最後だったと思う。そしてその仕掛けのタイミングの差が、ゴール前最後100mで脚色の違いとして現れたのではなかろうか。

 東京競馬場の直線は長い。そしてまだ体力的に古馬と比べると見劣る3歳牝馬は、よほどスローペースで脚を溜めていない限り、あまり早くラストスパートを開始しても、最後までその勢いを持続させることは難しい。

 この日の東京競馬は馬場状態が良く前が残り易い決着が続いていた為、騎手たちの意識も前掛りになっていた。そうなると自然と仕掛けのタイミングも早くなるもの。

 実際このオークスでも、好位にポジションを取っていたルージュバックが4角を回りきらない内に追い出しを開始するなど、非常に早い仕掛けを行っていた。普通のレースならば直線に向いて坂下に差し掛かるまで、ゴーサインを出さないのが鉄則のポジションなのにも関わらず。

 ルージュバックをマークしていたクルミナルも当然それを見て仕掛ける。池添騎手も「良し!」と思っただろう。ただ実際のところそのクルミナルのタイミングでも追い出しが早かったことは、結局ルージュバックを交わしきれなかったレース結果が示している。

 この勝負の明暗を分けた大事な場面で、勝利の女神が微笑みかけたのはミッキークイーンだった。

 直線で進路を確保する為にクルミナルの外に持ち出す必要が生じたとはいえ、その動きが生じたことにより追い出しのタイミングを遅らせることが出来たミッキークイーン。先に抜け出した2頭がゴールまで失速した場面で、ミッキークイーンだけ末脚の勢いを持続できたのはギリギリまで仕掛けを遅らせた賜物だろう。

 ただでさえ上位3頭の中で1番末脚を溜め易いポジションに居た馬が、他の2頭が早めに仕掛ける中ギリギリまで追い出しを我慢しベストのタイミングで追い出されたとしたら・・・。ゴール前で勢いが違ったのは当然ではなかろうか。

 G1を勝つ為には実力だけではなく、運や流れを引き寄せる必要が有るとよく言われるが、この日のミッキークイーンはまさに勝つ為に必要な条件を全て兼ね備えていたように思う。

 2着のルージュバック、3着のクルミナルとも樫の女王に相応しい力量の持ち主だった。

 その2頭を真っ向勝負で打ち破ったミッキークイーン。紛れもなく女王の座にふさわしい、そして今後が楽しみな素晴らしい名牝が誕生したことは間違いない。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

【京王杯SC回顧】ヴァンセンヌの成長力が予想以上

 JRA公式ラップ:12.9 – 11.5 – 11.6 …

ノンコノユメが天を味方につける / 2015JDD回顧

  ◆2015ジャパンダートダービー(Jpn1)ダート2000m◆  降りしきる …

リオンディーズ 皐月賞の敗戦に縛られてしまったデムーロ騎手 / 2016日本ダービー回顧

リオンディーズとミルコ・デムーロ騎手 – Leontes and M …

ルメール騎手を困らせていたサトノアラジン / エプソムC回顧

【エプソムC】 武豊・エイシンヒカリ8戦7勝で重賞初V!! #k …

【スプリンターズS回顧】凡戦の一言で片付けるのは勿体ない、色々と考えさせられるレースに

 1つ前に行われた同距離の古馬1000万条件特別、勝浦特別の勝ちタイムが1分8秒 …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
リアルインパクトが見せた素晴らしき勝負根性!火の出るような叩き合いを制し海外G1初制覇 ~2015ジョージライダーSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたジョージ …

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …

【NHKマイルC回顧】たった1つのミスで栄冠を逃してしまったアルビアーノ

典ちゃんとクラリティスカイ。 pic.twitter.com/nOSywBscM …

【ヴィクトリアマイル回顧】レッドリヴェールとヌーヴォレコルト、距離適性の壁に泣く

【今日の1枚】ヴィクトリアマイルはストレイトガール!昨年のこのレースの3着を含め …

亡き愛娘に捧げる悲願の重賞初制覇。松田大作とタガノアザガルが壮絶な叩き合いを制す ~2015ファルコンSレース回顧~

2015年3月21日(土) 中京11R ファルコンS タガノアザガル(松田騎手) …