馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

フリーイーグル 未完の大器が遂にビッグタイトルを獲得 / プリンスオブウェールズS

      2015/06/30

 「凄い馬だと、ダービーを勝てた馬だと2年間言い続けてきた」

 「その言葉が正しかったと証明できて安心した。今後更に良くなる馬で、彼と凱旋門賞を勝ちたい」

 プリンスオブウェールズS(英G1)のレース後、フリーイーグルFree Eagleの手綱を取ったパット・スマレン騎手はそうコメントした。

スポンサーリンク

 2歳8月のメイドンを圧勝した後、翌年の英ダービー前売り1番人気になるほど高く評価されていたフリーイーグル。

 そのダービーは残念ながら骨折により棒に振る結果となったが、昨秋1年振りのエンタープライズS(愛G3)を圧勝すると、キャリア僅か3戦で臨んだ英チャンピオンS(英G1)では3着に健闘するなど、高い素質を見せていた。

 そして迎えた今季初戦、8ヶ月ぶりのレースとなるプリンスオブウェールズS。

 休み明けにも関わらず1番人気に支持されたフリーイーグルは、道中2番手から積極的にレースを展開。

 逃げたゲロチョップGailo Chopを射程圏に捉え最終コーナーを回ると、馬なりのまま先頭に並びかける。そしてゴールまで残り400m、スマレン騎手から満を持してゴーサインが送られると、矢のように伸びて抜け出すフリーイーグル。

 アスコット競馬場の直線はゴールまでずっと上り坂。早めに抜け出すということは体力的にも厳しく、また目標にもなりやすいのだが、そんな事はお構いなしと言わんばかりに力強く伸びる。

 後ろからは2番人気のザグレイギャッツビーThe Grey GatsbyやウエスタンヒムWestern Hymnが迫ってくるが、懸命に粘りこみを計るフリーイーグル。

 2頭の鞍上であるスマレン騎手とスペンサー騎手が壮絶な叩き合いを演じ、ザグレイギャッツビーがハナ差まで迫ったところが栄光のゴール板だった。

 念願のG1初制覇を見事この大舞台で果たしたフリーイーグル。未完の大器が、遂にその器に相応しいタイトルをその手に掴んだわけで、今後の更なる飛躍に大きな期待が集まる。

 レース後、各所からフリーイーグルに対し「次代の欧州競馬を背負って立つのは同馬だ」と賞賛の声が相次いだ。期待は更に高まる一方だが、休み明けでこれだけのレースを演じたフリーイーグルだけに、その大きな期待に応える可能性は決して低くはないはずだ。

 欧州の大舞台への挑戦を続ける日本馬にとっては、また1頭超えなければならない大きな壁が誕生したわけだが、だからこそ壁を超えた時、その価値は非常に大きなものとなる。

 レース後、フリーイーグルを管理するD・ウェルド調教師は「この秋の目標は愛チャンピオンS(愛G1)と凱旋門賞(仏G1)とコメントした。

 果たしてこの秋、日本馬とフリーイーグルとの再戦が実現するのだろうか。もし実現した場合、この高い壁に果敢に挑み乗り超えようとする日本馬の姿と、そうはさせじと全力で立ちはだかるフリーイーグルの熱い戦いを見たいものである。



【フリーイーグル Free Eagle (愛国:D・ウェルド厩舎所属 牡4歳)】
 父:ハイチャパラルHigh Chaparrl
 母:Polisjed Gem
 母の父:デインヒルDanehill
 通算成績:5戦3勝(内G1・1勝)
 主なタイトル:2014エンタープライズS(愛G3)、2015プリンスオブウェールズS(英G1)

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

怪物エイブルフレンドが圧勝で4つ目のG1タイトルを獲得

ABLE FRIEND lands #QueensSilverJubileeCu …

【英ダービー】ゴールデンホーンが圧勝!今年の欧州中長距離路線の主役に名乗り出る

 2015英ダービーの全着順はこちら  今年ほど勝利騎手と2着に敗れた騎手との表 …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
リアルインパクトが見せた素晴らしき勝負根性!火の出るような叩き合いを制し海外G1初制覇 ~2015ジョージライダーSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたジョージ …

アメリカンファラオを種牡馬としてクールモアが購入。購入金額は3冠達成で約60億円に

 圧倒的な強さでケンタッキーダービーとプリークネスステークスの2冠を制し、いま世 …

エイブルフレンドがチェアマンズトロフィーを圧勝。重賞5連勝

 昨年の香港マイル(香GⅠ)を圧勝したエイブルフレンド。  そのエイブルフレンド …

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

2015ドバイSC@ドルニヤ
ハープスターの輝きは何故失われたのか?日本馬にとって明暗分かれたドバイシーマクラシックを振り返る ~2015ドバイSCレース回顧~

Congrats to Dolniya, winner of the 2015 …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロスト最終追い切りで上々の動き。メンバー的にも今回はG1戴冠の大チャンス

※シンガポール航空国際C出走予定馬の調教映像。4分6秒ぐらいからマイネルフロスト …

【シンガポール航空国際C】マイネルフロストは直線伸び切れず4着。ダンエクセルが逃げ切り連覇達成

 ▼シンガポール航空国際カップ(星G1)の全着順はこちら  スタートを決めて外2 …

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
史上初の挑戦!藤沢和雄厩舎の2歳馬がイギリス遠征でデビュー!?

 昨年秋の天皇賞を制したスピルバーグが参戦を予定している、今年のロイヤルアスコッ …