馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トレヴ圧巻の最終追い切り。凱旋門賞3連覇に向けて視界良好

   

 いよいよ今年も凱旋門賞の発走の瞬間が迫ってきた。

 今年は久々に日本からの出走が無いので、例年に比べて国内の競馬ファンからの関心は低いというのが正直なところだろうか。

 ただ日本馬が出ていないとはいえ、それでも世界最高峰の一戦。競馬マニアにとってはそれでも目は向いてしまう。

スポンサーリンク

 今年の凱旋門賞最大の注目といえば、同レース2連覇中のトレヴが3連覇を成し遂げるか否かだろう。

 凱旋門賞2連覇を成し遂げた馬はトレヴを含めて過去に6頭存在するが、3連覇は成し遂げた馬はおろか挑戦した馬すらいない。

 その史上初となる偉業を成し遂げるべくトレヴはいよいよ明日決戦の時を迎えるわけだが、ライバルたちの動向を抜きにすればその視界は良好。最高の状態で偉業に挑むことが出来るのではないだろうか。

 トレヴは今年3戦して3勝。全てが圧勝続きで5歳を迎えて更に強くなった印象すら与える。連覇を成し遂げた昨年などは不振続きで、凱旋門賞前には引退すら囁かれていた状況を考えると、今年彼女が置かれた現状は天と地ほどの差があるとすら思える程だ。

 最終追い切りの動きを見ても、その切れのある動きからは何ら不安要素は感じることが出来ない。

 昨年は背中を痛めていたせいか身体全体の使い方がぎこちなく、トモの生み出す推進力を上手くスピードに転換できない姿を見せていたトレヴだが、今年は背中の位置がまるで上下することなく、スーッと水平移動をするかのように滑らかに加速していく姿を見せている。

 これこそトレヴの名馬たる由縁の一つであり、強さの秘密の一つであろう。管理するクリスティーナ・ヘッド師の表情も自信に満ち溢れている感じだが、それもこの動きを見れば納得と言うしかない。

 今シーズンの欧州クラシックディスタンス路線を締めくくる大一番なだけあって、当然メンバーは揃っている。

 イギリスダービー馬ゴールデンホーンは、今年のこの路線をずっと引っ張ってきた主役の1頭であるし、地元フランスダービー馬のニューベイも前走ニエユ賞を完勝して評価を急激に上げている。

 毎年斤量の恩恵を最大限に受ける3歳牝馬勢も、今年は前走愛チャンピオンSで2着したファウンドが名手ライアン・ムーア騎手騎乗でスタンバイしており、当然のことながら侮れない存在だ。

 それら強力なライバルたちを相手にして、トレヴは世界競馬史に未来永劫に刻まれるような偉業を成し遂げることが出来るのか。

 そして今年の凱旋門賞後に全面改修を行う現行のロンシャン競馬場の最後を、自身の走りで盛大に飾ることが出来るのか。世紀の名牝トレヴのその走りに注目したい。

 - 海外競馬, 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

世界で最も晴れやかな舞台で2歳馬がデビュー!?
まさかそういう理由とは・・・。藤沢和雄厩舎の2歳馬による英国遠征は中止に

 先日藤沢和雄調教師の口から構想として発表されていた2歳馬の英国遠征プラン。   …

フリーイーグル 未完の大器が遂にビッグタイトルを獲得 / プリンスオブウェールズS

 「凄い馬だと、ダービーを勝てた馬だと2年間言い続けてきた」  「その言葉が正し …

【安田記念】ヴァンセンヌ 上位争いの鍵を握るのは福永騎手?

 4連勝を狙って出走した京王杯スプリングカップ(G2)では追い込み届かず2着。 …

【仏オークス】スターオブセヴィルが怒りの連闘でG1制覇

 現地時間の14日、フランス・シャンティイ競馬場で行われた3歳牝馬により芝210 …

【英ダービー】ゴールデンホーンが圧勝!今年の欧州中長距離路線の主役に名乗り出る

 2015英ダービーの全着順はこちら  今年ほど勝利騎手と2着に敗れた騎手との表 …

【ヴィクトリアマイル】ヌーヴォレコルト、単走追い切りで中々の動きを見せる

 もともと追い切りは抜群に動くヌーヴォレコルト。なので今回もある程度冷静に見る必 …

プロフェット スケールの大きさはメンバー中随一 / 札幌2歳S追い切り

 ハービンジャー産駒が1~2番人気を独占しそうな今年の札幌2歳ステークス。  お …

【安田記念】ミッキーアイル 競馬センスの高さは相当

 逃げ戦法だと限界があるということで、差す競馬へと脚質転換を計った近走のミッキー …

昨年のフラワーCを制したバウンスシャッセ
近年大物を続けて輩出しているフラワーC 今年も今後に大きく注目したい素質馬が出走してきた ~2015フラワーC調教診断~

 牝馬クラシックの正式なトライアルレースではないが、ここで好走した馬がクラシック …

【オークス追い切り】レッツゴードンキ、万全の仕上がり

 レッツゴードンキの追い切りは霧が濃すぎて前半まるで見えなかったが、後半の脚取り …