馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トレヴ圧巻の最終追い切り。凱旋門賞3連覇に向けて視界良好

   

 いよいよ今年も凱旋門賞の発走の瞬間が迫ってきた。

 今年は久々に日本からの出走が無いので、例年に比べて国内の競馬ファンからの関心は低いというのが正直なところだろうか。

 ただ日本馬が出ていないとはいえ、それでも世界最高峰の一戦。競馬マニアにとってはそれでも目は向いてしまう。

スポンサーリンク

 今年の凱旋門賞最大の注目といえば、同レース2連覇中のトレヴが3連覇を成し遂げるか否かだろう。

 凱旋門賞2連覇を成し遂げた馬はトレヴを含めて過去に6頭存在するが、3連覇は成し遂げた馬はおろか挑戦した馬すらいない。

 その史上初となる偉業を成し遂げるべくトレヴはいよいよ明日決戦の時を迎えるわけだが、ライバルたちの動向を抜きにすればその視界は良好。最高の状態で偉業に挑むことが出来るのではないだろうか。

 トレヴは今年3戦して3勝。全てが圧勝続きで5歳を迎えて更に強くなった印象すら与える。連覇を成し遂げた昨年などは不振続きで、凱旋門賞前には引退すら囁かれていた状況を考えると、今年彼女が置かれた現状は天と地ほどの差があるとすら思える程だ。

 最終追い切りの動きを見ても、その切れのある動きからは何ら不安要素は感じることが出来ない。

 昨年は背中を痛めていたせいか身体全体の使い方がぎこちなく、トモの生み出す推進力を上手くスピードに転換できない姿を見せていたトレヴだが、今年は背中の位置がまるで上下することなく、スーッと水平移動をするかのように滑らかに加速していく姿を見せている。

 これこそトレヴの名馬たる由縁の一つであり、強さの秘密の一つであろう。管理するクリスティーナ・ヘッド師の表情も自信に満ち溢れている感じだが、それもこの動きを見れば納得と言うしかない。

 今シーズンの欧州クラシックディスタンス路線を締めくくる大一番なだけあって、当然メンバーは揃っている。

 イギリスダービー馬ゴールデンホーンは、今年のこの路線をずっと引っ張ってきた主役の1頭であるし、地元フランスダービー馬のニューベイも前走ニエユ賞を完勝して評価を急激に上げている。

 毎年斤量の恩恵を最大限に受ける3歳牝馬勢も、今年は前走愛チャンピオンSで2着したファウンドが名手ライアン・ムーア騎手騎乗でスタンバイしており、当然のことながら侮れない存在だ。

 それら強力なライバルたちを相手にして、トレヴは世界競馬史に未来永劫に刻まれるような偉業を成し遂げることが出来るのか。

 そして今年の凱旋門賞後に全面改修を行う現行のロンシャン競馬場の最後を、自身の走りで盛大に飾ることが出来るのか。世紀の名牝トレヴのその走りに注目したい。

 - 海外競馬, 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

レーヴミストラルとタンタアレグリア、ダービー追い切りで感じた青葉賞組の評価

 ここまで注目馬のダービー最終追い切りを観てきたが、この記事ではトライアルの青葉 …

グレンイーグルスが愛2000ギニーを快勝!馬主は英ダービー参戦の可能性も示唆

 ▼愛2000ギニーの出走馬全着順はこちら  磐石の勝利とはこのようなモノを言う …

昨年の日経賞を圧勝したウインバリアシオン
フェノーメノ凡走の可能性も?伏兵多彩な日経賞 ~2015日経賞追い切り診断~

 本日中山競馬場で行われるのは、春の天皇賞の前哨戦「第63回 日経賞(GⅡ)」。 …

エイシンヒカリ抜群の反応 / エプソムC追い切り

 今週日曜の東京競馬場メインレースは古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ …

新たなスーパースター誕生!アメリカンファラオが圧巻の強さでケンタッキーダービーを制す

 その強さに、「今年こそアファームド以来の3冠馬誕生なるか!?」と期待を抱いた競 …

トーセンスターダムがオーストラリア移籍2戦目でハナ差の2着と大健闘

※ゼッケン番号4番がトーセンスターダム  ディープインパクト産駒の良血馬としてク …

【ダービー】レーヴミストラル 緩まない流れになった時どれだけの脚を使えるか

 別路線組で最大の注目を浴びるのは、ダービーと同条件で行われた青葉賞の覇者レーヴ …

【安田記念追い切り】モーリス 軽めだが走れる仕上がり

 同じく安田記念に出走するリアルインパクトと併せて追い切りを行ったモーリス。   …

【ダービー】サトノクラウン 巻き返しに向けて牙を研ぐ

 皐月賞では人気を背負うも6着と敗れたサトノクラウン。  この一戦で人気を落とし …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …