馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

勝算は充分!?ステファノスが香港クイーンエリザベス2世Cの招待を受諾、出走へ

   

2014富士S@ステファノス

 昨年秋の富士Sを快勝し、今年初戦となった中山記念でも強豪相手に3着に健闘するなど、ここに来て力を付けているディープインパクト産駒のステファノス

 そのステファノスにこの程香港ジョッキークラブからクイーンエリザベス2世カップ(香G1)への招待状が届き、ステファノス陣営がその招待を受諾したことが3日JRAから発表された。

スポンサーリンク

G1級の素質の持ち主。「もしかしたら・・・」の期待感は充分

ステファノスが香港QE2世Cへ、鞍上は福永騎手 - 日刊スポーツ

 中山記念3着のステファノス(牡4、藤原英)が、4月26日香港のクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル、シャティン)の招待を受諾したことが3日、JRAから発表された。鞍上は福永騎手を予定。

 中山記念3着後にクイーンエリザベス2世カップへの出走を表明していたステファノスだが、無事に招待状が届いたようだ。

 なにせ素質は高く評価されているといっても、重賞タイトルは昨秋の富士S1つだけだからね。

 実績的に見劣る存在なのは否定しがたい訳で、招待されるか微妙な面は有っただけに、無事に招待状が届いて関係者も一安心といった心境だろう。

 ただ実績的には見劣る存在と言っても、能力的に見劣る訳ではない。前走の中山記念でも差し馬に不利な展開の中、1頭後ろから猛然と追い込んできた姿を見ても分かるように、既にG1級の能力は備わりつつある。日本代表として国外レースに参戦するに当たって、決して恥ずかしくない力量の持ち主だろう。

 まだ出走予定馬の全貌が見えてこないためにレースの展望はし辛いのだが、例年並みのレースレベルなら充分好走は期待できるだろう。ここに来てドンドン力を付けている印象で、一気の戴冠も決して不可能ではない印象だ。

 また血統的にもディープインパクト産駒の中ではパワーの裏付けが取れており、また馬格もあるタイプなので、高いスピード能力とともにある程度のパワーも要求されるシャティンの馬場は合う可能性が高い。

 個人的には楽しみの方が多い挑戦という印象が強く、今から4月末の本番が非常に楽しみだ。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

矢作厩舎躍進の理由 優れたスタッフを統率する矢作芳人調教師の人間力

 以前書いた記事で、栗東の角居勝彦調教師がなぜあれほどの実績を残しているかについ …

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。   …

一緒に放牧されるジェンティルドンナとヴィルシーナ
ジェンティルドンナがキングカメハメハの仔を受胎

投稿 by Northern Horse Park.  昨年の有馬記念を最後に現 …

エイシンヒカリは今季限りで引退。来年から社台スタリオンステーションで種牡馬入りと平井オーナーが表明

Owner-breeder Katsuhiko Hirai can't …

2014ホープフルS@シャイニングレイ
順調にレースに使い続けることはこれほどに難しい・・・。シャイニングレイやブライトエンブレムの回避に思うこと

 皐月賞の追い切り後に左後肢の球節を捻挫し、皐月賞を回避したシャイニングレイ。 …

トーホウジャッカルが蹄を痛め阪神大賞典回避

 昨年の菊花賞を驚異的なレコードで制し、一躍スターダムに伸し上がったトーホウジャ …

リアルスティールが骨折 程度は軽く秋には復帰へ

 過去に競走馬を鍛え上げることを、刀匠が日本刀を研ぐ様に例えた人がいた。  競走 …

リアルインパクトとワールドエースにチャンスあり! ジョージライダーS(豪G1)

The Japanese team is readying themselves …

ウインバリアシオンが引退。種牡馬入りは叶わず乗馬に転向。

この日もマイペースにパドックを周回していたウインバリアシオン。 pic.twit …

トーホウジャッカル 体調不良で秋の天皇賞回避濃厚に。陣営の管理能力に大きな疑問

 昨年の菊花賞馬トーホウジャッカルだが、体調が上がってこないということで陣営が対 …