馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

勝算は充分!?ステファノスが香港クイーンエリザベス2世Cの招待を受諾、出走へ

   

2014富士S@ステファノス

 昨年秋の富士Sを快勝し、今年初戦となった中山記念でも強豪相手に3着に健闘するなど、ここに来て力を付けているディープインパクト産駒のステファノス

 そのステファノスにこの程香港ジョッキークラブからクイーンエリザベス2世カップ(香G1)への招待状が届き、ステファノス陣営がその招待を受諾したことが3日JRAから発表された。

スポンサーリンク

G1級の素質の持ち主。「もしかしたら・・・」の期待感は充分

ステファノスが香港QE2世Cへ、鞍上は福永騎手 - 日刊スポーツ

 中山記念3着のステファノス(牡4、藤原英)が、4月26日香港のクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル、シャティン)の招待を受諾したことが3日、JRAから発表された。鞍上は福永騎手を予定。

 中山記念3着後にクイーンエリザベス2世カップへの出走を表明していたステファノスだが、無事に招待状が届いたようだ。

 なにせ素質は高く評価されているといっても、重賞タイトルは昨秋の富士S1つだけだからね。

 実績的に見劣る存在なのは否定しがたい訳で、招待されるか微妙な面は有っただけに、無事に招待状が届いて関係者も一安心といった心境だろう。

 ただ実績的には見劣る存在と言っても、能力的に見劣る訳ではない。前走の中山記念でも差し馬に不利な展開の中、1頭後ろから猛然と追い込んできた姿を見ても分かるように、既にG1級の能力は備わりつつある。日本代表として国外レースに参戦するに当たって、決して恥ずかしくない力量の持ち主だろう。

 まだ出走予定馬の全貌が見えてこないためにレースの展望はし辛いのだが、例年並みのレースレベルなら充分好走は期待できるだろう。ここに来てドンドン力を付けている印象で、一気の戴冠も決して不可能ではない印象だ。

 また血統的にもディープインパクト産駒の中ではパワーの裏付けが取れており、また馬格もあるタイプなので、高いスピード能力とともにある程度のパワーも要求されるシャティンの馬場は合う可能性が高い。

 個人的には楽しみの方が多い挑戦という印象が強く、今から4月末の本番が非常に楽しみだ。

 - 競馬雑談

        
follow us in feedly

  関連記事

フェノーメノ引退、種牡馬入り。その競走生活は同じ名を持つあの世界的サッカー選手と被るものを感じた

 フェノーメノという名前はポルトガル語で「怪物」という意味があるという。  かつ …

エイシンヒカリ 天皇賞で武豊騎手は騎乗出来ない!?

 先週のエプソムCで見事重賞初制覇を果たしたエイシンヒカリ。  久々に現れた逃げ …

ビワハイジ
ビワハイジが父オルフェーヴルの牝馬を出産。この仔を最後に繁殖引退の予定

GⅠ6勝の名牝ブエナビスタや阪神JFの勝馬ジョワドヴィーヴルの母として知られるビ …

キズナ、凱旋門賞挑戦を断念。宝塚記念も回避し立て直しへ

 凱旋門賞の一次登録に名前が無かった時点で「もしや・・・」とは思っていたが。   …

あの「ワンダーボーイ」が京都参戦!?欧州トップステイヤーが春の天皇賞参戦を示唆

"I'll probably never replace a …

ハープスターがキングカメハメハと電撃交配

 先日引退を発表した昨年の桜花賞馬ハープスターが、早くも交配を終えたとのニュース …

ホエールキャプチャがオルフェーヴルと交配

 先日引退を発表したホエールキャプチャが、3冠馬オルフェーヴルと交配を実施したそ …

ウオッカ、欧州生活6年目に突入。彼女は日本に帰ってこないのだろうか・・・

 名牝ウオッカが日本を離れてかなりの月日が経った。  国内でG1・7勝をあげ、あ …

ディープジュエリーがオークス回避

 スイートピーSで無傷の3連勝を達成したディープジュエリーのオークス回避が、同馬 …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
1着賞金は安田記念の1.6倍!?リアルインパクトとワールドエースが南半球ベストマイラー決定戦、ドンカスターマイルに挑む

 現地時間の4月4日。オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場において当地の …