馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ソロウがマイル路線の頂上決戦を制す / クイーンアンS回顧

      2015/06/27

 いよいよ開幕した英国王室主催の競馬開催、ロイヤルアスコット。

 その開幕を飾るレースが、伝統の古馬マイルG1であるクイーンアンステークス(英G1)。

 当初は日本からもルルーシュが出走を予定(頓挫で回避)していた同レースだが、香港からこの路線の現役世界最強と噂されるエイブルフレンドAble Friend

 フランスからはドバイターフ(首G1)、イスパーン賞(仏G1)のG1・2勝を含む6連勝中のソロウSolow

 そして地元イギリスからは昨年の英2000ギニー(英G1)の勝ち馬で、前走ロッキンジS(英G1)を快勝し復活の狼煙を上げたナイトオブサンダーNight Of Thunderが登場するなど好メンバーが集結。文字通り初日1番の注目レースがこのクイーンアンSだった。

スポンサーリンク

 このレベルの高い争いとなった同レースを制したのが、フランスから遠征したソロウ。

 マズマズのスタートから逃げたトゥーモアToormoreの背後に付けると、そこでじっと脚を溜めるソロウと鞍上のマキシム・ギュイヨン騎手。

 ライバルであるエイブルフレンドやナイトオブサンダーにマークされる位置では有ったが、少頭数という事もありライバルのことは気にせず自分の競馬に徹するソロウとギュイヨン騎手。結果的にこの姿勢が勝ちに繋がったと言えるかもしれない。

 1番のライバルであったエイブルフレンドは馬場が合わなかったのか?体調に問題が有ったのか残り600mで脚取りがおかしくなり失速。鞍上のモレイラ騎手もその時点でレースを諦め流した。

 この時点で1頭ライバルが脱落。もう1頭のライバルであるナイトオブサンダーは、残り500m辺りで外から内に寄ってきて、ソロウの進路を締めに掛かる。しかしギュイヨン騎手も負けていない。そうはさせじとソロウを外に持ち出し、寄ってきたナイトオブサンダーを逆に弾き飛ばす。

 この吹き飛ばされたナイトオブサンダーの姿を見て、「勝負あったな」と思った。有利な態勢だったのに弾き飛ばされたということは、2頭の間であの時点で歴然とした体力差が存在しているということだからだ。

 吹き飛ばされた後も何とか食い下がろうとするナイトオブサンダーを尻目に、トゥーモアを交わし堂々と先頭に踊り出たソロウ。内から伏兵のエソテリクEsoterique、クーガーマウンテンがCougar Mountainが必至に追いすがるも寄せ付けない。

 最後はギュイヨン騎手が派手なガッツポーズを見せるほど、余裕を持ってゴール板を駆け抜けたソロウ。この勝利で名実共に欧州古馬マイル路線の王者に君臨することとなった。

 レース後、ソロウを管理するフレディ・ヘッド調教師は「次走は一応サセックスS(英G1)を考えている」とコメント。大飛びな馬なのでアメリカの小回りコースは合わないと考えているらしく、BC遠征は今のところ考慮していないとコメントした。

 今後は欧州のマイルG1をターゲットに転戦していくのだろう。この勝利で連勝を7まで伸ばしたソロウ。どこまで行けるか今後の走りに注目したい。

 【ソロウ Solow (仏国:フレディ・ヘッド厩舎所属 セン5歳)】
 父:シングスピールSingspiel
 母:ハイメンテナンスHigh Maintenance
 母の父:ハイエストオナーHighest Honor
 通算成績:15戦10勝
 主なタイトル:2015ドバイターフ(首G1)、2015イスパーン賞(仏G1)、2015クイーンアンS(英G1)

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
1着賞金は安田記念の1.6倍!?リアルインパクトとワールドエースが南半球ベストマイラー決定戦、ドンカスターマイルに挑む

 現地時間の4月4日。オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場において当地の …

リアルインパクトとワールドエースにチャンスあり! ジョージライダーS(豪G1)

The Japanese team is readying themselves …

トレヴ圧巻の最終追い切り。凱旋門賞3連覇に向けて視界良好

 いよいよ今年も凱旋門賞の発走の瞬間が迫ってきた。  今年は久々に日本からの出走 …

ドイツのブチコことシルヴァリームーンが快挙達成

 ブチ柄のアイドルといえば日本ではブチコが有名だが、実はドイツにもブチコに勝ると …

ブラジル三冠馬バラバリ、北米移籍初戦のアメリカンステークス(G3)を完勝

 また1頭楽しみな馬が南米ブラジルから誕生したようだ。  昨年のブラジル三冠馬で …

亡き父に捧げる勝利 ディヴァインライト産駒レンクがトルコG2を快勝

 海外に輸出されたサンデーサイレンス系種牡馬の先駆けとして、欧州で活躍した種牡馬 …

カリフォルニアクロームがドバイWC最終追い切りを実施

 日本からはエピファネイアが出走を予定している、今年のドバイワールドカップ(首G …

2015ドバイWC@プリンスビショップ
人馬共に経験値が不足していたホッコータルマエ、ダートがまるで合わなかったエピファネイア ~2015ドバイWCレース回顧~

Here he is – the #20thDWC winner. …

トレヴ G2コリーダ賞を圧勝!凱旋門賞3連覇に向け好発進

 ▼2015コリーダ賞の全着順はこちら  いまだかつて達成した馬どころか、挑戦し …

グレンイーグルスが欧州3歳マイル王として君臨 / セントジェームズパレスS回顧

 英愛2000ギニーを完勝したグレンイーグルスGleneagles。仏2000ギ …