馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

アラバスター 現時点では完全な力負け。今後の成長に期待か / 札幌2歳S回顧

   

 この記事では後方から追い込むも5着に終わったアラバスターについて、簡単に振り返ってみたい。

 まずパドックでの感想だが、正直馬体の緩さがかなり目立った。

 デビュー戦のパドックと見比べてみたのだが、ほとんど上積みらしいものは感じられなかったといって良いだろう。元々奥手っぽい馬だとは以前から感じていたが、その思いを裏付けるようなスローな良化度合いだった。

 緩慢な歩様にあまり締まりを感じられない馬体。正直「これは厳しいだろうな」と直感せざるを得ないパドックだったと思う。

スポンサーリンク

 さてレースだが、スタートで行き脚が付かず最後方からの競馬になってしまったアラバスター。

 行き脚が付かなかったのはゲート出がイマイチだったこともあるが、トモが緩くてダッシュが利かなかった事が最大の要因だろう。

 鞍上の菱田騎手もポジションが取れなかったことから、腹を括って追い込む競馬を試みる。道中ペースが緩んだところでも全く動かなかったところをみると、おそらく直線だけの競馬でも母親と同じように差し切ることが出来ると思っていたではなかろうか。

 ただその期待はあっさりと裏切られることになる。

 後方であれだけ脚を溜めておきながら、直線ジリジリとしか伸びずに上位2頭との差を全く詰めることが出来なかったアラバスター。その脚色を見ると、現時点では母レーヴディソールほどのバネと脚力は到底備わっていないと判断せざるを得ないだろう。

 少なくとも今回に関しては完全な力負け。現時点ではその評判に実力が伴っていないと見るのが正しいと思う。

 果たして今後どれだけ成長することが出来るか。晩成で本当に良くなるのは古馬になってからと思われるだけに、アラバスターの血統的な底力と今後の成長に何とか期待したいところだ。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

【天皇賞・春回顧】優れたスタミナを持つ馬たちが上位を独占

ゴール目前でカレンミロティックがフェイムゲームに差された直後。 よく見る …

【安田記念回顧】モーリス 大一番で見せた新たな姿!夢は海を越える

 スタートしてモーリスが何処にいるか確認した時、思わず目を疑った。過去3戦、全て …

【京都新聞杯回顧】サトノラーゼン、ポルトドートウィユの2頭はダービーでも期待

 JRA公式ラップ:12.3 – 10.7 – 12.2 …

2015ドバイWC@プリンスビショップ
人馬共に経験値が不足していたホッコータルマエ、ダートがまるで合わなかったエピファネイア ~2015ドバイWCレース回顧~

Here he is – the #20thDWC winner. …

マカヒキ 川田将雅の執念が勝利の女神を振り向かせる / 2016日本ダービー回顧

 クラシック開幕を前にマカヒキの鞍上がクリストフ・ルメール騎手から川田将雅騎手へ …

タッチングスピーチ 敗因は内回りと二度の不利か / 秋華賞レース回顧

【報知競馬情報】 【秋華賞】2番人気タッチングスピーチ6着 ルメール「内回りは忙 …

エイシンエルヴィンが大金星!エイシン軍団がフランスの地で2日続けての快挙達成

 正直なところ、まさかエイシンエルヴィンまで勝つとは思っていなかった(苦笑)   …

エイシンヒカリ そのパフォーマンスレベルは世界の歴代名馬級との評価 / イスパーン賞レース回顧

 ・・・いやはやビックリした。これが今回のエイシンヒカリの海外遠征緒戦となる、イ …

【ダービー回顧】雰囲気に呑まれたアダムスブリッジ。そのほか気になった馬たちのダービー回顧

 今年のダービーの回顧記事もこれが最後。  今回の記事では期待されるも下位に終わ …