馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

アラバスター 現時点では完全な力負け。今後の成長に期待か / 札幌2歳S回顧

   

 この記事では後方から追い込むも5着に終わったアラバスターについて、簡単に振り返ってみたい。

 まずパドックでの感想だが、正直馬体の緩さがかなり目立った。

 デビュー戦のパドックと見比べてみたのだが、ほとんど上積みらしいものは感じられなかったといって良いだろう。元々奥手っぽい馬だとは以前から感じていたが、その思いを裏付けるようなスローな良化度合いだった。

 緩慢な歩様にあまり締まりを感じられない馬体。正直「これは厳しいだろうな」と直感せざるを得ないパドックだったと思う。

スポンサーリンク

 さてレースだが、スタートで行き脚が付かず最後方からの競馬になってしまったアラバスター。

 行き脚が付かなかったのはゲート出がイマイチだったこともあるが、トモが緩くてダッシュが利かなかった事が最大の要因だろう。

 鞍上の菱田騎手もポジションが取れなかったことから、腹を括って追い込む競馬を試みる。道中ペースが緩んだところでも全く動かなかったところをみると、おそらく直線だけの競馬でも母親と同じように差し切ることが出来ると思っていたではなかろうか。

 ただその期待はあっさりと裏切られることになる。

 後方であれだけ脚を溜めておきながら、直線ジリジリとしか伸びずに上位2頭との差を全く詰めることが出来なかったアラバスター。その脚色を見ると、現時点では母レーヴディソールほどのバネと脚力は到底備わっていないと判断せざるを得ないだろう。

 少なくとも今回に関しては完全な力負け。現時点ではその評判に実力が伴っていないと見るのが正しいと思う。

 果たして今後どれだけ成長することが出来るか。晩成で本当に良くなるのは古馬になってからと思われるだけに、アラバスターの血統的な底力と今後の成長に何とか期待したいところだ。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

【鳴尾記念】ラブリーデイが完勝でG1に向け弾みを付ける

 宝塚記念の前哨戦としてこの時期に移されてから、今年で4年目となる鳴尾記念。阪神 …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …

ペルシアンナイト 不振に喘ぐ父にとって待望のクラシック候補誕生!? ~2017アーリントンC回顧~

 ペルシアンナイトが思った以上に強かったというのが第一印象だろうか。  開幕週の …

【ダービー回顧】リアルスティール 失望を覚えた1コーナー

4着リアルスティール福永騎手「スタートはいつも通りだったけど1コーナーでハミのか …

クイーンズリング かなりの成長を見せるも戴冠まではあと一歩・・・ / 秋華賞レース回顧

【報知競馬情報】 【秋華賞】クイーンズリング2着 Mデムーロ「惜しかった」 ht …

【オークス回顧】ミッキークイーンの強靭な末脚を引き出した「一瞬の遅れ」

 2戦目で初勝利を挙げたのを現地で見ていた時、「これは後々はオープンで勝ち負けす …

【オークス回顧】クルミナル ゲートで気難しさを見せるがレースでは高い能力を示す

3着クルミナル・池添騎手「ゲート入りで他の馬で迷惑をかけ申し訳なかった。気難しい …

クイーンズリングは桜花賞で通用するのか ~2015フィリーズレビューレース回顧~

【PHOTO】クイーンズリング Queens Ring http://t …

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
【天皇賞・春回顧】ゴールドシップの底力を引き出した横山典弘

 正直パドックの気配はイマイチに見えた。  前走後に脚元に不安を発症したこともあ …

昨年の大阪杯を勝ったキズナ
【天皇賞・春回顧】キズナが凡走した3つの要因

春天パドック、キズナ。 pic.twitter.com/kG0bzzfeLe & …