馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

プロフェット 叩き合いで屈するが負けてなお強しの内容 / 札幌2歳S回顧

   

 札幌2歳Sで勝ち馬と激しい叩き合いを演じたものの、惜しくもハナ差及ばず2着終わってしまったプロフェット

 残念ながら1番人気に応えることは出来なかったものの、それでも勝ったアドマイヤエイカンと遜色ない力を示した同馬の札幌2歳Sについて、この記事で振り返ってみたい。

スポンサーリンク

1、パドック

 少しチャカつくような仕草は見られたものの、顔つきなどは平静そのもので何ら問題はなかったと思う。

 プラス6キロとデビュー戦より馬体を増やしてきたが、見た感じは逆に無駄肉が落ちてスッキリしたように見えた。背が伸びたとか脂肪が落ちて筋肉が増えたとかがプラスの要因だろう。前走時より身体的成長が見られた証ではなかろうか。

 馬体の印象としてはハービンジャー産駒らしさを醸し出しながらも、上級クラスで戦える軽さを備えている馬という印象だろうか。

 四肢の長さは標準的でやや胴長、脚捌きは如何にも小回りが効く感じなので、東京コースのような広くてトップスピードの高さを求められる競馬場よりも、機動力やコーナーでのハンドリング適性が求められる中山、福島などの小回りコースが向いていると思う。

 仕上がりは万全。一目みて勝ち負け濃厚な状態だと直感した。

2、レース

 アドマイヤエイカンとの叩き合いで敗れたものの、レース内容に関してはプロフェットも勝ち馬に遜色ない素晴らしいモノを示したと思う。

 前崩れの展開となったレースの流れの中で、一番前のポジションから自分で動き押し切る寸前まで行った内容は出色モノで、これこそ負けてなお強しというべきもの。

 また4コーナーでは一旦アドマイヤエイカンに並ばれたが、直線の入り口では逆に突き放しているように、瞬発力に関しては勝ち馬よりも上のものを示していた。

 最後は流れが厳しかった分わずかに差されてしまったが、この内容でこの着差は同馬も勝ち馬に等しい力を備えているという証明となるだろう。

 レース前にプロフェットの追い切りを伝えた記事において、「ベルーフに並ぶ素質の持ち主」と書いたが、その言葉の真実味が増す強いレース内容であった。

3、将来性

 先にもチラッと触れたが、プロフェットの将来性はかなり高いと思っている。ベルーフに並んでハービンジャー産駒の代表産駒となる可能性もあるだろう。

 成長タイプは大体3歳の秋から4歳夏にかけて完成するタイプではなかろうか。早熟ではないが晩成というわけでもなく、まあ普通の成長過程を見せる馬だと思う。

 馬のタイプとしては中距離からクラシックディスタンス以上の距離を得意とするタイプだろう。自身の血統が示すイメージどおりの馬になると思われ、小回りコースの中長距離戦で堅実な走りを見せる馬に育つと思われる。

 力量的には同馬もクラシックを盛り上げる1頭として今後も活躍することは間違いない。年末のホープフルSや年明けの京成杯に出てきたら、是非とも狙ってみたい1頭だ。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

タッチングスピーチ 敗因は内回りと二度の不利か / 秋華賞レース回顧

【報知競馬情報】 【秋華賞】2番人気タッチングスピーチ6着 ルメール「内回りは忙 …

2着と健闘したデニムアンドルビー
新境地を開いたデニムアンドルビー ~2015阪神大賞典レース回顧vol.2~

【PHOTO】デニムアンドルビー Denim and Ruby (@ak …

【鳴尾記念】ラブリーデイが完勝でG1に向け弾みを付ける

 宝塚記念の前哨戦としてこの時期に移されてから、今年で4年目となる鳴尾記念。阪神 …

エイシンヒカリ 進化した走りで快勝!! / エプソムC回顧

 その個性的な走りと武豊騎手とのコンビから、競馬ファンに「第二のサイレンススズカ …

2015ドバイSC@ドルニヤ
ハープスターの輝きは何故失われたのか?日本馬にとって明暗分かれたドバイシーマクラシックを振り返る ~2015ドバイSCレース回顧~

Congrats to Dolniya, winner of the 2015 …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …

2015大阪杯@ラキシス
キズナを破ったのはフロックではない!いよいよ本格化した女王ラキシス ~2015大阪杯レース回顧vol.2~

 大阪杯で見せたラキシスの激走には、多くの競馬ファンが驚いたのではなかろうか。 …

【NHKマイルC回顧】たった1つのミスで栄冠を逃してしまったアルビアーノ

典ちゃんとクラリティスカイ。 pic.twitter.com/nOSywBscM …

2着に敗れたリアルスティール
勝負どころでの反応が鈍かった?馬鹿を言うな!リアルスティールの敗因は福永祐一 ~2015スプリングSレース回顧vol.1~

2着リアルスティール福永騎手「届いたと思ったんだけどね。勝負所での反応が鈍かった …

【天皇賞・春回顧】優れたスタミナを持つ馬たちが上位を独占

ゴール目前でカレンミロティックがフェイムゲームに差された直後。 よく見る …