馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ミッキークイーン 人馬共に素晴らしいパフォーマンスで納得の2冠達成 / 秋華賞レース回顧

   

 「勝利に相応しい馬が、勝つべくして勝った」

 20回目の節目を迎えた今年の秋華賞。そのレースを見終えた現在の素直な感想である。

 勝ったミッキークイーンと2着のクイーンズリングの着差は僅かにクビ。しかし実際にはその着差以上の内容の差を、勝ったミッキークイーンからは感じた。

 戦前は混戦を伝えられながらも、見事1番人気に応えオークス・秋華賞と牝馬2冠を達成したミッキークイーン。

 彼女が素晴らしいパフォーマンスを見せた秋華賞を振り返ってみたい。

スポンサーリンク

 ミッキークイーンの状態は良かったと思う。

 元々背腰の強い馬で体調の変動も少ないタイプなのだが、今回も434キロと数字上は小さな馬体ながらも、何処にも線の細さを見せずに程よくまとまったキレイな馬体をしていた。

 ミッキークイーンという馬は430キロ台の馬の割には背の高く、脚の長さも標準より長めの、しかしながら非常にバランスの良い馬体をしている。

 だからこそ身体の柔軟性と合わさって、広い東京競馬場で行われたオークスでも最後まで息の長い末脚を駆使し勝ち切ったわけだが、同時に全体的にはバランスの良いまとまった馬体の持ち主なので、小回りコースをこなす機動力も高いレベルで備えている。この事からミッキークイーンは競走馬として非常に総合力の高い牝馬だと言えるだろう。

 今回の秋華賞はレース前半からペースも速く、機動力だけではなく持続力、そしてトップスピードの質などパワーを除く全体的な総合力の高さを要求されるレースとなった。

 そういうレースの質になったことを考えると、今回総合力の高いミッキークイーンが勝ち負けしたのは当然だと思う。勝つべくして勝ったと言えるレースだったのではなかろうか。

 また手綱をとった浜中騎手もかなり上手く乗ったと思う。

 レース前は大外18番枠の不利を大きくクローズアップされていたミッキークイーン。

 1コーナーまでの距離が短いコース形態でこの枠から浜中騎手がどう乗るのか注目されていたが、いざスタートを切ると手綱をしごいて積極的に出していった。

 マークされる立場だったのにもかかわらず、自分から積極的にポジションを取りに行った姿勢、レースを作りに行った勇気は賞賛に足る素晴らしいものだったと思う。

 この浜中騎手の動きに他の有力馬の騎手たちの多くは受身の姿勢となってしまい、同馬よりも後ろで身構える形になってしまったのだから。

 これが東京競馬場のような広く長い直線を持つコースならば、ミッキークイーンの動きを観てから仕掛けるという選択肢も充分アリなのだが、京都の内回りは直線も短くコーナーも比較的角度がきつい為、こういった構えた感じでいると仕掛けどころを誤って致命傷になり易くなる。

 実際ミッキークイーンに敗れた馬たちが、3着のマキシマムドパリを除いてミッキークイーンよりも道中のポジションが後ろだったという事実は、総じて自分たちに最適のタイミングで仕掛けられず、結果差し遅れたという現実を物語っている。

 レース序盤からミッキークイーンの能力を信じて積極的な競馬を展開した浜中騎手。不利な枠をハンデと思わず勇敢な姿勢を見せたからこそ、レースの流れを自分に引き寄せることが出来、ミッキークイーンが再び大輪の華を掴む助けとなれた。

 昨年の秋華賞でも見事な手綱捌きでショウナンパンドラを秋華賞馬に導いた浜中騎手だが、今年もそれに勝るとも劣らない素晴らしい手綱運びを見せた。そう思えてならない。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

【スプリンターズS回顧】凡戦の一言で片付けるのは勿体ない、色々と考えさせられるレースに

 1つ前に行われた同距離の古馬1000万条件特別、勝浦特別の勝ちタイムが1分8秒 …

2015ドバイWC@プリンスビショップ
人馬共に経験値が不足していたホッコータルマエ、ダートがまるで合わなかったエピファネイア ~2015ドバイWCレース回顧~

Here he is – the #20thDWC winner. …

アラバスター 現時点では完全な力負け。今後の成長に期待か / 札幌2歳S回顧

アラバスター正面図 pic.twitter.com/4IwKFZLdHR &md …

プロフェット 叩き合いで屈するが負けてなお強しの内容 / 札幌2歳S回顧

惜しかった(ノД`)プロフェット pic.twitter.com/lpBMivh …

ゴールデンバローズの敗因を探る / ユニコーンS回顧

 日本のダートでは3戦無敗。勇躍遠征したドバイのUAEダービーでは各国の強豪に混 …

アドマイヤエイカン 地味ながらもクラシックを意識できる勝ちっぷり / 札幌2歳S回顧

 見事デビュー2戦目で重賞制覇を成し遂げたアドマイヤエイカン。  新馬戦とは打っ …

エイシンヒカリ そのパフォーマンスレベルは世界の歴代名馬級との評価 / イスパーン賞レース回顧

 ・・・いやはやビックリした。これが今回のエイシンヒカリの海外遠征緒戦となる、イ …

ノンコノユメが天を味方につける / 2015JDD回顧

  ◆2015ジャパンダートダービー(Jpn1)ダート2000m◆  降りしきる …

【ダービー回顧】騎手の手腕が光ったサトノラーゼンとコメート そして戦い切った男の涙は美しかった

サトノラーゼン。パドックでは助手さんが何とか落ち着かせようと声かけたり、首を撫で …

【ダービー回顧】雰囲気に呑まれたアダムスブリッジ。そのほか気になった馬たちのダービー回顧

 今年のダービーの回顧記事もこれが最後。  今回の記事では期待されるも下位に終わ …