馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

クイーンズリング かなりの成長を見せるも戴冠まではあと一歩・・・ / 秋華賞レース回顧

   

 「あそこまで行ったら勝ちたかったが・・・」とはレース後の吉村調教師のコメントだが、確かに樫の女王をクビ差まで追い詰めた末脚を見ると、そう考えるのも無理はないと思えてしまう。

 春から大きく成長し、栄冠まであと一歩と迫ったクイーンズリング。彼女の秋華賞での走りを振り返って見よう。

スポンサーリンク

 春先は線の細さが目立っていたクイーンズリングだが、秋を迎えてかなり充実してきたように思う。

 桜花賞などは440キロ台前半で出走していた同馬だが、今回は458キロ。春に比べて約20キロほど増えた訳だが、確かに視覚的にも馬体の成長は良く確認できた。

 例えば春先はやはりお腹のラインが巻き上がり気味で、トモの生み出す推進力を受け止めるのに大切な胴体の安定感といったものに物足りなさを感じていたのだが、ひと夏越して以前見られていた線の細さ、か細さは解消された。

 また春先のクイーンズリングは典型的な斜尻の馬で、お尻の頂点から下にかけて急激に切れ下がるトモのラインをしていたのだが、秋になってからはお尻の上部に筋肉が付いたせいか、このラインがだいぶ緩やかになってきた。

 それに伴い背中や腰の安定性も増してきており、以前のような歩いてる最中にバランスを崩すような動きを見せることがなくなった。これは競走馬として大きな進歩だろう。

 筋肉の質もマンハッタンカフェ産駒にしては硬くなり過ぎず柔軟性を保ったままであり、今後もこのシルエットが崩れない限りマイルから中距離にかけてのレースで安定した成績を期待できるのではなかろうか。

 レースに関してだがスタートは伸び上がるような格好となってしまい、若干出遅れ気味だっただろうか。ただそこからの二の脚が速かった為にポジションは取れ、結果的に致命傷にはならなかった。

 レースの流れが相当速くなったので、後方からの競馬を選択したミルコ・デムーロ騎手の考えは間違っていなかったと思う。ただ理想を言うならばもう一列前、トーセンビクトリーの居たポジションを取りたかったというのが本音ではなかろうか。

 実際勝負どころの3~4コーナーで何度も外を確認するなど、デムーロ騎手もかなり動きたがっていた。しかしちょうどポケットのようなところに入ってしまったせいで、4コーナーに入っても中々動けない格好に。

 結局4コーナーの出口のところで半ば強引に外に持ち出して最後追い込んできた訳だが、追い出しを我慢したからこそあの脚が使えたとはいえ、もう少しスムーズだったら・・・と陣営もデムーロ騎手も思っていることだろう。

 個人的にはクイーンズリングも予想以上に力を付けていて、またデムーロ騎手もかなり上手く乗ったとは思うが・・・。

 それでも「あそこでもう少しスムーズだったら・・・」と思わずにはいられない、悔いの残るレースだったのもまた事実だ。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

ディーマジェスティ 勝負の明暗を分けた上位2頭との「違い」 / 2016日本ダービー回顧

20165.29 東京10R #日本ダービー #ディーマジェスティ 色んなお膳立 …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …

ゴールデンバローズの敗因を探る / ユニコーンS回顧

 日本のダートでは3戦無敗。勇躍遠征したドバイのUAEダービーでは各国の強豪に混 …

2着に敗れたリアルスティール
勝負どころでの反応が鈍かった?馬鹿を言うな!リアルスティールの敗因は福永祐一 ~2015スプリングSレース回顧vol.1~

2着リアルスティール福永騎手「届いたと思ったんだけどね。勝負所での反応が鈍かった …

【オークス回顧】ルージュバック 限られた時間の中で最善を尽くすもたった1つのミスに泣く

2着ルージュバック・戸崎騎手「前に壁ができなかったけど折合つけたし我慢できた。気 …

【NHKマイルC回顧】横山典弘が魅せた!絶妙な手綱捌きでクラリティスカイを勝利に導く

 JRA公式ラップ:12.4 – 11.1 – 11.8 …

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

亡き愛娘に捧げる悲願の重賞初制覇。松田大作とタガノアザガルが壮絶な叩き合いを制す ~2015ファルコンSレース回顧~

2015年3月21日(土) 中京11R ファルコンS タガノアザガル(松田騎手) …

アドマイヤエイカン 地味ながらもクラシックを意識できる勝ちっぷり / 札幌2歳S回顧

 見事デビュー2戦目で重賞制覇を成し遂げたアドマイヤエイカン。  新馬戦とは打っ …

トゥザワールド惜しい!不利な条件が重なるも地力で2着を確保 2015ザ・BMWレース回顧~

Japanese visitor #ToTheWorld looking sen …