馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

リアルスティール絶対視は危険 ~2015スプリングS追い切り診断~

      2015/03/30

昨年のスプリングSを制したロサギガンティア

 過去10年で勝ち馬から4頭の皐月賞馬を輩出するなど、本番に直結するトライアルレースとして地位を確立した「第64回 スプリングステークス(GⅡ 芝1800m)」。

 今年も本番への切符を求めて12頭の若駒たちが参戦してきたが、中々の好メンバーが揃ったといえるだろう。

 果たして本番に向けて飛躍するのはどの馬か?追い切りを見ながら考えてみたい。

スポンサーリンク

ブラックバゴとダノンプラチナが良く見えた

キタサンブラック

栗東CWで併走。終始馬なりで目を引く動きではなかったが、特に悪い部分も感じられず状態としてはマズマズか。
評価:★★★

マイネルシュバリエ

美浦南Pコースで併走。負荷の掛からないコースとは言え、脚の捌きに切れがあり悪くない。京成杯より大幅に良くなったのではないだろうか?
評価:★★★★

ベルーフ

栗東CWコースで併走。何度かノメるところがあり、案外道悪は下手なのかも。動き自体は活気があって悪くない。好調をキープ。
評価:★★★

タケデンタイガー

美浦南Wコースで単走。フレンチデピュティ産駒にしては前捌きが柔らかいが、やはり時計の掛かる芝の方が良さそうな走法。動きは良いがスピード勝負になるとどうか?
評価:★★★

ブラックバゴ

美浦坂路で併走。霧が濃くて最後の部分だけだが、いつになく動きが素軽く見えた。ピッチ走法に変わりはないが、脚が振れる様になっていたのも好印象。間違いなく成長している。
評価:★★★★

リアルスティール

栗東坂路で併走。相変わらず行きたがって頭を上げるなど幼い面を見せるが、動きは素軽く状態は良い。特に前走時より成長した面は見られないが、好調はキープしているだろう。
評価:★★★★

ミュゼスルタン

美浦南Wコースで併走。直線を向いてスッと加速するところなどは流石キングカメハメハ産駒といった印象。骨折休養明けということを考えれば、動きは上々なのではなかろうか。あとは中身が出来ているかどうかだけ。
評価:★★★

ダノンプラチナ

美浦南Wコースで単走。最後まで手綱を引いたままだったが、追えば弾けるといった印象で非常に良い動きだった。少々乗り難しそうな馬なので、トリッキーな中山コースで道中上手く我慢できるかどうかだろう。
評価:★★★★

マイネルサクセサー

美浦南Dコースで併走。負荷の軽いダートコースということを考慮しなければならないが、動きは悪くなかった。前走との比較は付かないが状態は良さそう。一回ダートを使ってみたらどうだろうか?
評価:★★★

ダノンメジャー

坂路で併走。馬場が荒れた時間帯の影響も有るかもしれないが、身体を左に傾けて走っていたのが少々気になった。動き自体は悪くない。前走の競走中止の影響は無さそう。
評価:★★★

フォワードカフェ

美浦坂路で単走。終始馬なりだが動きに活気が有り良い動き。一時期のスランプは完全に脱したようで、動きが別馬のように良くなった。相手は強いここは試金石か。
評価:★★★★

ベストミックス

栗東坂路で併走。重心が高く追われてからフォームを崩す。ただそれでも良い時計で先着しており、素質はかなり高そう。ここは流石に厳しそうだが、後々は走ってくるのでは?
評価:★★★

※各評価の意味は以下の通りです

超抜 ★★★★★
抜群 ★★★★
好調キープ ★★★
平凡 ★★
全然ダメ

まとめ

 追い切りの動きや力関係、馬場適性などを考えるとここはリアルスティールダノンプラチナブラックバゴの3頭の争いではないだろうか。

 その中でもダノンプラチナとブラックバゴが頭一つ抜けている印象で、上がり目をあまり感じないリアルスティールはこのレースに臨む意欲という点でも、ちょっと劣るかな。

 ベルーフも悪くないが、前走は展開がハマッた面もありそこまで推せる印象はない。距離短縮もあまり良くないのではないだろうか。

 穴として面白そうなのはフォワードカフェ。相手は一気に強くなるが同馬も良くなっており、この人気なら押さえても悪くないと思う。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

去年の毎日杯、ゴール前の攻防
あの評判馬が本来の姿を取り戻した!ここを踏み台に飛躍を狙う素質馬たち ~2015毎日杯追い切り診断~

 昼はオーストラリア、夜はドバイと、本日は世界各国で日本馬の大レース挑戦が行われ …

【ダービー】ドゥラメンテ 一週前追い切りで感じた2つの不安

 皐月賞に続く2冠を狙うドゥラメンテだが、中間の調整過程を見る限り不安を感じる部 …

【ダービー追い切り】サトノクラウン 万全の仕上がり

 皐月賞の時と比べるとソフトな内容だったサトノクラウンの最終追い切り。  管理す …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【安田記念】リアルインパクト 本調子を取り戻した今なら勝機は充分

 今年の春、日本競馬に明るい話題を届けてくれた競走馬といえばリアルインパクトだろ …

トレヴ圧巻の最終追い切り。凱旋門賞3連覇に向けて視界良好

 いよいよ今年も凱旋門賞の発走の瞬間が迫ってきた。  今年は久々に日本からの出走 …

レーヴミストラルとタンタアレグリア、ダービー追い切りで感じた青葉賞組の評価

 ここまで注目馬のダービー最終追い切りを観てきたが、この記事ではトライアルの青葉 …

サトノラーゼンとポルトドートウィユ、ダービー追い切りを終えた京都新聞杯組の可能性

 今年のダービー注目馬の追い切り記事もこれで最後。  この記事では京都新聞杯でワ …

【オークス追い切り】ルージュバックが本来の動きを取り戻す

 桜花賞後に即座にノーザンファーム天栄に放牧に出し、ギリギリまで当地で調整を重ね …

【安田記念】ミッキーアイル 競馬センスの高さは相当

 逃げ戦法だと限界があるということで、差す競馬へと脚質転換を計った近走のミッキー …

ブチコ 2ヶ月ぶりも仕上がりはまずまず / ユニコーンS追い切り

 伏竜ステークス以来2ヶ月ぶりのブチコだが、追い切りの動き自体はそんなに悪くなか …