馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ミッキーアイル 最終追い切りを坂路に戻してきた意味とは / スプリンターズS追い切り

   

 安田記念では気性面の若さを前面に出してしまい、15着と大敗したミッキーアイル

 当日はレース前からテンション高めでかなり発汗していたし、控えたことだけが大敗の要因ではないのだろうが、あれだけ行きたがる姿を見ると現状スプリント戦の緩まない流れの方が気性的に合っているのは間違いないのだろう。

 体型的にはどうみてもマイル~中距離向きの馬体をしているのだが・・・。本当に難しい馬だなと見るたびに思う。

スポンサーリンク

 今年に入ってから最終追い切りはずっとCWコースで行ってきたミッキーアイルだが、今回は久々に坂路で追い切ってきた。

 もともと音無厩舎は基本的に坂路で追い切る厩舎なので、これは仕上がりだけを考えれば歓迎できる材料だろう。厩舎に蓄積されているノウハウの面からも、CWコースでの追い切りよりも坂路での追い切りの方が、より攻められるはずだからだ。

 と同時に、今回なぜ以前の調教パターンに戻してきたのか?ということも考えなければならない。

 もうこれ以上折り合い面に配慮する追い切りは必要ないという考えなのか?それとも前走の内容からこれ以上折り合いを求めるのを諦めたのか?

 競走馬というものは能力が高くなればなるほど乗り難しくなるものだと思っている。最近の例で言えばエピファネイアはまさにそんな感じだったし、かのディープインパクトも一つ間違えば制御不能になる危うさを持っていた。

 そんな難しい馬を御すのが騎手の技量というものだが、如何せん人間のやること。どうしても限界がある。馬を完全にコントロール下に置くことなど出来るはずがなく、それを公言するのは傲慢というものだろう。

 結局は暴走してしまう一歩手前のところで妥協するのが、人にとっても馬にとってもベストではないかと思うのだ。馬の後ろでどうしても我慢が出来ないのなら、別に逃げたって良いじゃないか?それが馬の個性というものでもあり、また逃げて結果を出している馬などそれこそ枚挙の暇がないほど居る。

 日本の競馬界に蔓延する必要以上に逃げを忌諱する空気。本当に不思議でならない。

 話が横道に逸れた。

 ミッキーアイルの出来に関してだが、休み明けということを考慮するとかなり良い出来だとおもう。気性的に鉄砲が効き易いせいもあるのか、だいぶ身体は仕上がっているようだ。

 坂路でも身体の使い方にブレは無かったので、体幹もしっかりと鍛えられていると考えてよいだろう。坂路の中ほどで少しふらついた場面はあったが、あれは身体的な問題ではなく気性的な問題だと思われるので気にする必要は無い。

 久々となる中山コースに関しても問題は無いだろう。馬体的にも大きなコースよりも小さいコースの方がよりアドバンテージを生かせそうなので、今までよりもパフォーマンスを上げてくる可能性は高い。

 あとはレース展開と自身がどのような競馬をするかのみ。浜中騎手の判断に全てが掛かっている。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

【ヴィクトリアマイル】レッドリヴェール万全の追い切り!輸送をクリアすれば復活の可能性大

 須貝調教師が発した威勢の良いコメントが肯ける、非常に良い動きだったと思う。   …

リッチタペストリー 日本の馬場への適性は? / スプリンターズS追い切り

 相変わらず世界中で活躍を見せる香港所属のスプリンターたち。  日本でもその傾向 …

ゴールドシップは順調そのもの / 宝塚記念一週前追い切り

 17日、東西トレセンでは来週行われるG1宝塚記念出走馬の一週前追い切りが行われ …

【オークス追い切り】レッツゴードンキ、万全の仕上がり

 レッツゴードンキの追い切りは霧が濃すぎて前半まるで見えなかったが、後半の脚取り …

ビックリするほど軽い調整内容に不安説も浮上!?香港の刺客エアロヴェロシティの本当の状態について考えてみた ~2015高松宮記念追い切り~

Aerovelocity winning the HK Sprint &#821 …

昨年のフラワーCを制したバウンスシャッセ
近年大物を続けて輩出しているフラワーC 今年も今後に大きく注目したい素質馬が出走してきた ~2015フラワーC調教診断~

 牝馬クラシックの正式なトライアルレースではないが、ここで好走した馬がクラシック …

コパノリチャード 買い材料は少なく嫌ってみる手も / 函館SS追い切り

 実績的に函館スプリントステークスでは1番人気が予想されるG1馬コパノリチャード …

アンバルブライベン 好走する条件は揃った / 函館SS追い切り

 昨秋から一気に頭角を現し、スプリント路線のトップクラスへと成長したアンバルブラ …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【安田記念】リアルインパクト 本調子を取り戻した今なら勝機は充分

 今年の春、日本競馬に明るい話題を届けてくれた競走馬といえばリアルインパクトだろ …

サトノアラジン 池江厩舎必勝の調整パターンで挑む / エプソムC追い切り

 今週日曜の東京競馬場メインレースは古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ …