馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

リッチタペストリー 日本の馬場への適性は? / スプリンターズS追い切り

   

 相変わらず世界中で活躍を見せる香港所属のスプリンターたち。

 日本でもその傾向は顕著で、過去10年のスプリンターズSで香港所属馬は2勝(サイレントウィットネス、ウルトラファンタジー)。今年春の高松宮記念も、香港所属のエアロヴェロシティが完勝するなど猛威を振るっている。

 そして今回、そのエアロヴェロシティは遠征してこなかったが、同じく香港所属でアメリカG1スプリントチャンピオンシップSを制した経験を持つリッチタペストリーが、二度目のG1制覇を成し遂げるべく遠征してきた。

 現役世界最強と囁かれるエアロヴェロシティと比べると格下とはいえ、リッチタペストリーもれっきとしたG1馬で、世界トップクラスのスプリンターの1頭。果たして日本の馬場でどれだけの力を見せるのか、興味は尽きないというのが正直な気持ちだろうか。

 今週木曜日に中山競馬場で行われた最終追い切りの動きを観ても、香港所属のスプリンターに共通するパワフルさと同時に、日本の馬場で通用する為に欠かせないしなやかさも兼ね備えていることは、その動きから確認できた。

 そもそも日本で通用しない外国からの遠征馬は、芝でギャロップを踏ませたときに脚が芝をしっかりと捉え切れずに空転するような動きを見せるのだが、リッチタペストリーは繋ぎがしなやかで蹄が馬場をしっかりと捉えて粘り、パワーを空転させること無くスピードに転化させていた。

 これならば日本の高速馬場でもそれほど心配は要らないだろう。流れがとんでもなくスローとなり、上がり32秒台を要求されるような極端な上がり競馬にならない限り、実力どおりの走りを見せてくれると期待している。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

アダムスブリッジ、ダービー追い切りで好印象。未知なる可能性を秘めた「大器」

 未知の魅力を備えた大器が満を持して大舞台に登場。ダービー最終追い切りを終えたア …

【安田記念】ヴァンセンヌ 上位争いの鍵を握るのは福永騎手?

 4連勝を狙って出走した京王杯スプリングカップ(G2)では追い込み届かず2着。 …

【ダービー】サトノクラウン 巻き返しに向けて牙を研ぐ

 皐月賞では人気を背負うも6着と敗れたサトノクラウン。  この一戦で人気を落とし …

【安田記念】ミッキーアイル 競馬センスの高さは相当

 逃げ戦法だと限界があるということで、差す競馬へと脚質転換を計った近走のミッキー …

エイシンヒカリ抜群の反応 / エプソムC追い切り

 今週日曜の東京競馬場メインレースは古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ …

【ヴィクトリアマイル】レッドリヴェール万全の追い切り!輸送をクリアすれば復活の可能性大

 須貝調教師が発した威勢の良いコメントが肯ける、非常に良い動きだったと思う。   …

【ヴィクトリアマイル】バウンスシャッセが激走する可能性は限りなく大きい

 前走中山牝馬Sの勝利が良いキッカケになったのか?どうやら完全にスランプは脱した …

【オークス追い切り】ココロノアイ 変則的な追い切りだが動き自体に問題なし

 普段良く行われている追い切りとは違い、前半から押さえずに飛ばして行ったココロノ …

【安田記念追い切り】モーリス 軽めだが走れる仕上がり

 同じく安田記念に出走するリアルインパクトと併せて追い切りを行ったモーリス。   …

【ダービー】リアルスティール 全てにおいて皐月賞より上昇

 ダービーで皐月賞の雪辱を狙うリアルスティールだが、一週前追い切りを見る限り順調 …