馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

リッチタペストリー 日本の馬場への適性は? / スプリンターズS追い切り

   

 相変わらず世界中で活躍を見せる香港所属のスプリンターたち。

 日本でもその傾向は顕著で、過去10年のスプリンターズSで香港所属馬は2勝(サイレントウィットネス、ウルトラファンタジー)。今年春の高松宮記念も、香港所属のエアロヴェロシティが完勝するなど猛威を振るっている。

 そして今回、そのエアロヴェロシティは遠征してこなかったが、同じく香港所属でアメリカG1スプリントチャンピオンシップSを制した経験を持つリッチタペストリーが、二度目のG1制覇を成し遂げるべく遠征してきた。

 現役世界最強と囁かれるエアロヴェロシティと比べると格下とはいえ、リッチタペストリーもれっきとしたG1馬で、世界トップクラスのスプリンターの1頭。果たして日本の馬場でどれだけの力を見せるのか、興味は尽きないというのが正直な気持ちだろうか。

 今週木曜日に中山競馬場で行われた最終追い切りの動きを観ても、香港所属のスプリンターに共通するパワフルさと同時に、日本の馬場で通用する為に欠かせないしなやかさも兼ね備えていることは、その動きから確認できた。

 そもそも日本で通用しない外国からの遠征馬は、芝でギャロップを踏ませたときに脚が芝をしっかりと捉え切れずに空転するような動きを見せるのだが、リッチタペストリーは繋ぎがしなやかで蹄が馬場をしっかりと捉えて粘り、パワーを空転させること無くスピードに転化させていた。

 これならば日本の高速馬場でもそれほど心配は要らないだろう。流れがとんでもなくスローとなり、上がり32秒台を要求されるような極端な上がり競馬にならない限り、実力どおりの走りを見せてくれると期待している。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

昨年のフラワーCを制したバウンスシャッセ
近年大物を続けて輩出しているフラワーC 今年も今後に大きく注目したい素質馬が出走してきた ~2015フラワーC調教診断~

 牝馬クラシックの正式なトライアルレースではないが、ここで好走した馬がクラシック …

【オークス追い切り】ルージュバックが本来の動きを取り戻す

 桜花賞後に即座にノーザンファーム天栄に放牧に出し、ギリギリまで当地で調整を重ね …

サトノアラジン 池江厩舎必勝の調整パターンで挑む / エプソムC追い切り

 今週日曜の東京競馬場メインレースは古馬の中距離重賞、「第32回 エプソムカップ …

必死に粘るキタサンブラック
【ダービー】キタサンブラック 数少ない「距離が伸びて良い馬」

 今年の皐月賞からダービーへの転戦組の中で、距離が伸びて良さそうと思える馬は意外 …

レッドデイヴィス 7歳になってもまだまだ元気。鳴尾記念で一発狙う

 明日阪神競馬場で行われる鳴尾記念に、レッドデイヴィスが出走する。  以前のブロ …

【オークス追い切り】クルミナル 桜花賞よりも上昇

 相変わらず霧の影響で追い切り前半の様子が不明だが、後半の動きは出色モノだったの …

【ヴィクトリアマイル】ディアデラマドレ追い切りは文句なし!好走の鍵を握るのは馬場状態と展開か

 いつも通りCWコースで3頭併せの最内で追い切られたディアデラマドレ。  直線で …

ゴールドシップは順調そのもの / 宝塚記念一週前追い切り

 17日、東西トレセンでは来週行われるG1宝塚記念出走馬の一週前追い切りが行われ …

去年の毎日杯、ゴール前の攻防
あの評判馬が本来の姿を取り戻した!ここを踏み台に飛躍を狙う素質馬たち ~2015毎日杯追い切り診断~

 昼はオーストラリア、夜はドバイと、本日は世界各国で日本馬の大レース挑戦が行われ …

ノンコノユメ 出来は良い意味で平行線 / ユニコーンS追い切り

 前走の青竜ステークスでは上がり34秒7という芝並みの脚を繰り出して快勝したノン …