馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ウリウリ 極上の切れ味をどう生かすか / スプリンターズS追い切り

   

 スプリント路線に転向してから安定感を増した感があるウリウリ

 もともと一瞬の切れが売り味で長くは脚を使えないタイプだけに、そういった自身の特徴とスプリント戦の流れが周囲の予想以上の好相性となり良い結果をもたらしているのかも知れない。

スポンサーリンク

 今回の追い切りも動きの良さもさることながら、ウリウリの特徴が良く現れたものとなった。

 パートナーを先行させ折り合いに専念。直線に入っても残り100mまでは我慢していたが、そこで鞍上がゴーサインを出すと一瞬の内に加速。瞬時に1馬身ほど逆にリードし、そのままフィニッシュした。

 パートナーを交わす時の瞬時の反応と加速力、スピードはまさにディープインパクト産駒らしい極上の「切れ味」だったと言えるだろう。と同時にその極上の切れ味を使える区間はあくまで一瞬であることも、パートナーを突き放しきれなかったその動きから再確認出来た。

 追い切りの切れのある動きを見ても、出来は間違いなく良い部類に入るだろう。同馬は休み明けでも走れるタイプで前走もそれなりに仕上がっており、叩き2走目の上積みというものが大きくあるタイプではなかろうが、それでも前走よりは全体的にプラスの状態で出てくると思われる。

 好走の鍵を握るのはレース全体の流れと乗り方だろう。

 他馬と比べるとトモが弱く、スプリント戦の速い流れだとスタートダッシュが効かないウリウリ。また同馬にとって最大の武器である一瞬の切れを生かすには後方からの競馬が一番合っている為、やはりある程度は前崩れが見込める速い流れが希望だろう。

 追い込み馬と言っても捲くっていくタイプではなく、直線まで死んだ振りをして最後ズドンと来るタイプだけに他馬以上に展開には左右されるタイプだが・・・。流れが向けば非常に鮮やかな追い込み劇を演じる可能性は結構高いはずだ。

 

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

去年の毎日杯、ゴール前の攻防
あの評判馬が本来の姿を取り戻した!ここを踏み台に飛躍を狙う素質馬たち ~2015毎日杯追い切り診断~

 昼はオーストラリア、夜はドバイと、本日は世界各国で日本馬の大レース挑戦が行われ …

必死に粘るキタサンブラック
【ダービー追い切り】キタサンブラック 素軽さ増すも余裕を残した仕上げ

 栗東CWコースで併せ馬にて追い切られたキタサンブラック。  年明けにデビューし …

レッドデイヴィス 7歳になってもまだまだ元気。鳴尾記念で一発狙う

 明日阪神競馬場で行われる鳴尾記念に、レッドデイヴィスが出走する。  以前のブロ …

プロフェット スケールの大きさはメンバー中随一 / 札幌2歳S追い切り

 ハービンジャー産駒が1~2番人気を独占しそうな今年の札幌2歳ステークス。  お …

昨年の日経賞を圧勝したウインバリアシオン
フェノーメノ凡走の可能性も?伏兵多彩な日経賞 ~2015日経賞追い切り診断~

 本日中山競馬場で行われるのは、春の天皇賞の前哨戦「第63回 日経賞(GⅡ)」。 …

スギノエンデバー 充実振り凄まじく一発を期待 / 函館SS追い切り

 前走鞍馬ステークスで2年半ぶりとなる勝利を挙げたスギノエンデバー。  既に7歳 …

【ダービー追い切り】リアルスティール 完璧な最終調整

 ほぼ完璧な最終調整だったと言えるのではないだろうか。  27日、栗東トレセンの …

ローブティサージュ 過去最高の動き! / 函館SS追い切り

 昨年の函館スプリントステークス2着馬で、その後札幌競馬場で行われたキーンランド …

【ヴィクトリアマイル】バウンスシャッセが激走する可能性は限りなく大きい

 前走中山牝馬Sの勝利が良いキッカケになったのか?どうやら完全にスランプは脱した …

アンバルブライベン 好走する条件は揃った / 函館SS追い切り

 昨秋から一気に頭角を現し、スプリント路線のトップクラスへと成長したアンバルブラ …