馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

グレンイーグルスが欧州3歳マイル王として君臨 / セントジェームズパレスS回顧

   

 英愛2000ギニーを完勝したグレンイーグルスGleneagles。仏2000ギニーを圧勝したメイクビリーヴMake Believe。

 今年イギリスとフランスに誕生した、同世代の中では傑出した力を持つ2頭のマイル王者。この2頭は果たしてどちらが強いのか?多くの競馬ファンが知りたがっていた。

 そして遂に実現した2頭の対決。舞台は欧州一華やかな舞台ロイヤルアスコットで行われる欧州3歳マイル王決定戦、セントジェームズパレスステークス(英G1)。

 私も多くの競馬ファンと同じように固唾を飲んでその時を迎えたが・・・。レースは戦前予想していたとは少々違う形で決着した。

スポンサーリンク

 1頭取り消して5頭立てで行われた今年のセントジェームズパレスS。まずはフランキー・デットーリ騎手騎乗のコンソートConsortが逃げる。

 その直後2番手にメイクビリーヴとオリビエ・ペリエ騎手のコンビがポジションを取り、1番人気のグレンイーグルスはその直後4番手にドシッと構え、いつものように直線での末脚勝負に賭ける。

 デットーリ騎手が刻むペースは淡々としたもので、隊列に変動がないままレースは進んでいく。ただグレンイーグルスはしっかりと折り合いが付いていたが、メイクビリーヴは折り合いこそ破綻していなかったものの、首を下げて行きたがる意思を前面に出し、力んで走っていた。

 前走の仏2000ギニーではスタートから先手を奪い、そのまま他馬を圧倒する走りで逃げ切ったメイクビリーヴ。この逃げた経験が同馬の精神面に影響を与えてしまったのかも知れない。前走では見られなかったメイクビリーヴのその走りを見たとき、嫌な予感を覚えた。

 そしてその予感は的中してしまう。

 4コーナーを回って最後の直線に突入し、一斉に追い出しを開始する各馬。メイクビリーヴもグレンイーグルスも同じようなタイミングでゴーサインが飛ぶ。

 しかし一気にトップにギアが入り加速するグレンイーグルスとは対照的に、それこそ一瞬だけ反応したものの、そこから加速することが出来ずに逆に馬群に取り残されてしまったメイクビリーヴ。

 この日、アスコット競馬場の馬場状態はGood(日本でいうパンパンの良馬場)と発表されていた。しかし実際にレース中の様子を見るといたる所で大きな芝の塊が飛んでいるのが視認出来、実際にはそこまで良い馬場状態ではなかったようだ。

 このようなスタミナを要求される馬場状態で、レース前半から力んで走っては勝負どころでガス欠になるのは当然。メイクビリーヴはグレンイーグルスとの勝負よりもまず自分との勝負に敗れたようだ。早々に馬群に沈んだのは当然の結果であったのだろう。

 自滅したライバルを尻目に、一気に加速して逃げるコンソートを捕らえにかかるグレンイーグルス。その勢いは素晴らしく、必死になって逃げ込みを計るコンソートを一瞬の内に捕らえ先頭に踊り出る。

 後ろからはビュイック騎手騎乗のラザーナックLatharnachが必至に追いかけるも、どこまで行っても追いつけるようには見えない。

 最後は2着に2馬身半差をつけ余裕の表情でゴール板を通過したグレンイーグルス。見事同世代の頂上決戦を制し、華やかな舞台で自身が欧州3歳マイル王であると高らかに宣言した。

 レース後、同馬を管理するエイダン・オブライエン調教師は「グレンイーグルスはジャイアンツコーズウェイよりもスピードがある」とコメント。欧州で一時代を築いた歴史的名馬を引き合いに出してグレンイーグルスの能力の高さを賞賛した。

 併せて「距離延長に関しては今のところ考えていない。次走は恐らくサセックスステークス(英G1)になるだろう」とコメント。この日の開幕レースであるクイーンアンS(英G1)で完勝し、欧州古馬最強マイラーとなったソロウSolowと同じレースに進むことを示唆した。

 この2頭の対決がもし実現すれば、それは相当な盛り上がりとなることは間違いない。

 4走前のジャン・リュック・ラガルデール賞(仏G1)の降着がなければ現在8連勝中のグレンイーグルスと、世界各国で走りながら7連勝中のソロウ。連勝を伸ばすのはどちらか?欧州競馬シーンの話題を独占することは間違いない。

 今年のサセックスSは7月29日にグッドウッド競馬場、芝1600mを舞台に行われる。果たして注目の対決は実現するのか?2頭の動向に注目したい。

【グレンイーグルス Gleneagles (愛国:エイダン・オブライエン厩舎所属 牡3歳)】
 父:ガリレオGalileo
 母:ユーアーソースリリングYou´resothrilling
 母の父:ストームキャットStorm Cat(詳しい血統はこちら
 通算成績:9戦7勝(内G1・4勝)
 主なタイトル:2014ナショナルS(愛G1)、2015英2000ギニー(英G1)、2015愛2000ギニー(愛G1)、2015セントジェームズパレスS(英G1)

 - 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …

アメリカンファラオ ベルモントS一週前追い切りで好調をアピール

 今年こそ3冠達成の瞬間はやってくるのか・・・。  現地時間の6月6日、アメリカ …

トレヴ 凱旋門賞3連覇の夢は潰えたが、その輝きは永遠に色褪せることは無い / 凱旋門賞回顧

Happy Retirement to #Treve A unique …

トレヴ 素晴らしき凱旋門賞CMに現地の盛り上がりを実感

 さすがフランスと言うべきだろうか。  これだけハイセンスな競馬CMは、残念なが …

【フランス2000ギニー】日本で学んだ逃げ戦法で圧勝!ペリエ騎手がメイクビリーヴをG1馬に導く

 ▼仏2000ギニーの全着順はこちら  現地時間の10日に、フランス・ロンシャン …

トレヴ G2コリーダ賞を圧勝!凱旋門賞3連覇に向け好発進

 ▼2015コリーダ賞の全着順はこちら  いまだかつて達成した馬どころか、挑戦し …

メイダン競馬場のダートコース
メイダン競馬場のダートの質が大井競馬場に似てる?

 日本からエピファネイアとホッコータルマエが参戦を予定しているドバイワールドカッ …

ハットトリック産駒がアルゼンチンでG1制覇!南米最強2歳馬へと名乗りをあげる

 地球の裏側から日本の競馬ファンにとって嬉しい報せが届いた。  現地時間の25日 …

強い勝ちっぷりを見せたコントリビューター
トーセンスターダムは2着。勝ち馬は強かったが休み明けの海外遠征初戦としては上々の結果 ~2015ランヴェットSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠラン …