馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

タッチングスピーチ 敗因は内回りと二度の不利か / 秋華賞レース回顧

   

 前哨戦のローズSを快勝し、秋華賞でも2番人気に支持されたタッチングスピーチ

 大きな期待を寄せられた同馬だったが、実際のレースでは期待を裏切る6着という結果に終わってしまった。

 なぜ彼女は期待に応える走りを出来なかったのか?改めてレースを振り返ってみたい。

スポンサーリンク

 タッチングスピーチの状態は悪くなかったと思う。-4キロと減ってはいたものの肩やトモのボリュームは充分だったし、お腹周りもちょうど良い感じだった。

 ただパドックを見ていて思ったのだが、やはりタッチングスピーチは内回りよりも外回りの方が良い馬かもしれない。

 これに関してはルメール騎手もレース後に語っていたようだが、タッチングスピーチは脚の長さは標準的なものの胴が長く、また身のこなしも身体を大きく使うタイプで一歩一歩の冠歩幅が大きい。

 こういった身体を大きく使う系の馬は、コーナーのきついコースは小脚が使えずに上手く加速出来ないことが多い。また直線に向いてもそこから加速を開始するため、一歩一歩のストライドが大きい馬はピッチ走法の馬よりも加速に手間取り、モタモタしている内にゴールを迎えてしまうことがある。

 タッチングスピーチは典型的なストライド走法タイプの馬で、コーナーでの機動力に乏しく直線では長く脚を使える半面、一瞬の切れでは他のディープ産駒には劣る。

 例えば京都の外回りだったらコーナーの曲率も緩やかだし、4コーナーの下り坂を利用して加速することで瞬発力不足を補うことも出来るので、そういった弱点もそう大きな問題にはならないのだが・・・。今回の秋華賞ではその弱点がモロに出てしまったと言えるだろう。

 またレースでの運もなかったと思う。

 今回タッチングスピーチはレースの最中に二度大きな不利を受けている。

 一つ目はスタート直後の場面。ゲート自体はまずまず出たタッチングスピーチは、その後馬なりのまま流れに乗ってポジションを取りに行こうとする。

 しかしその直後内に居たレッツゴードンキが少し外に。そして外に居たアンドリエッテが大きく内に切れ込んできてしまい、挟まれるような形になったタッチングスピーチは一気に最後方までポジションを落としてしまった。

 元々後ろからの競馬は想定されていたとはいえ、このようにアクシデント絡みでの位置取り悪化は馬にもダメージがあるし、レースプランにも狂いを生じさせる。ルメール騎手にとってもこれは結構痛かったのではないだろうか。

 二つ目の不利は4コーナー。スムーズに加速できないなりにも何とか前方に進出し良いポジションで直線を迎えようと、馬群の外にタッチングスピーチを導くルメール騎手。

 その時内にいたアースライズの川須騎手が進路があまり無いのにもかかわらず馬を強引に外へ。遠心力も合わさって外にバランスを崩したアースライズは、タッチングスピーチの前をカットするような形で馬体をぶつけてしまう。

 これでバランスを崩したタッチングスピーチは当然減速してしまったし、その後態勢を立て直す為にコンマ何秒かのロスが生じてしまった。京都の短い直線を考えると、これも大きな不利だっただろう。

 それでも態勢を立て直してからはしっかりと末脚を使い、ゴール寸前では上位争いに顔を覗かせる位置まで追い込んできた同馬。不利な流れとアクシデントを考えれば充分な走りだったのではないだろうか。

 負けてなお強しといった印象で、今後エリザベス女王杯や阪神外回りのマイル~中距離重賞に出てきたら積極的に見直したいと思う。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

【NHKマイルC回顧】たった1つのミスで栄冠を逃してしまったアルビアーノ

典ちゃんとクラリティスカイ。 pic.twitter.com/nOSywBscM …

スピルバーグが伸び切れなかった理由 / プリンスオブウェールズS回顧

 現地時間の17日、イギリス・アスコット競馬場で芝10ハロンのG1プリンスオブウ …

アラバスター 現時点では完全な力負け。今後の成長に期待か / 札幌2歳S回顧

アラバスター正面図 pic.twitter.com/4IwKFZLdHR &md …

【ヴィクトリアマイル回顧】レッドリヴェールとヌーヴォレコルト、距離適性の壁に泣く

【今日の1枚】ヴィクトリアマイルはストレイトガール!昨年のこのレースの3着を含め …

【鳴尾記念】ラブリーデイが完勝でG1に向け弾みを付ける

 宝塚記念の前哨戦としてこの時期に移されてから、今年で4年目となる鳴尾記念。阪神 …

【ダービー回顧】サトノクラウン、名手もダービーの重圧に呑まれたか

昨日のサトノクラウンのパドック、やっぱり弥生賞と東スポが1番よく見えてた。前を歩 …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
リアルインパクトが見せた素晴らしき勝負根性!火の出るような叩き合いを制し海外G1初制覇 ~2015ジョージライダーSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたジョージ …

【オークス回顧】ルージュバック 限られた時間の中で最善を尽くすもたった1つのミスに泣く

2着ルージュバック・戸崎騎手「前に壁ができなかったけど折合つけたし我慢できた。気 …

【天皇賞・春回顧】優れたスタミナを持つ馬たちが上位を独占

ゴール目前でカレンミロティックがフェイムゲームに差された直後。 よく見る …

アドマイヤエイカン 地味ながらもクラシックを意識できる勝ちっぷり / 札幌2歳S回顧

 見事デビュー2戦目で重賞制覇を成し遂げたアドマイヤエイカン。  新馬戦とは打っ …