馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

   

 ゴールドシップという馬はフォトパドックでも実際のパドックでも、目に見えて良く見せるというタイプの馬ではない。

 基本的には調子の変動の少ないタイプの馬で、いつも一定の出来は保っている印象。目に見えて出来が悪かったのは2013年のジャパンカップぐらいではなかろうか。

 今回のフォトパドックでも外見は凄く良く見せるという感じではない。芦毛という毛色もあって筋肉の隆起等も分かりづらく、一般の競馬ファンからしてみると調子の良し悪しは分かり辛いのではなかろうか。

 ただ細かく見ていくと、順調に調整が重ねられ良い感じに仕上がっているのが分かる。皮膚はかなり薄くなって来ているし、それに伴って血管の隆起がクッキリと分かるようになってきた。これは新陳代謝が活発な証拠。内臓の調子の良さを示している。

 筋肉の付き方を見てみれば、肩とトモに重過ぎない程度にちょうど良い感じで柔らかい筋肉が搭載されている。ゴールドシップという馬は全身を大きく使ったストライド走法の馬なので、あまり筋肉が付き過ぎると逆に良くない。これぐらいがちょうど良いのではなかろうか。

 背中は緊張感を保っているし、最近は腰の甘さもあまり感じなくなった。昔はスタートで出ないのは腰の甘さのせいかなと思っていたが、アレはもう気分的なの問題だろうね(苦笑)

 中間にゲート再審査がありそのストレス等も懸念されているが、顔つきを見る限り特にストレスを溜め込んでいるようには見えない。涼しげな顔をしつつ、隙有らばイタズラしてやろうという感じのいつものゴールドシップだ。精神面の悪影響も心配しなくて良いのではなかろうか。

 おそらくこの感じならば本番当日も良い状態で出走してくることは間違いないと思う。あとはレースでどう乗るか次第なのではなかろうか。

 よく気分屋と言われるゴールドシップだが、馬のリズムに沿った乗り方をすればこれほど安定感のある成績を残せる馬もそうはいないと思う。そもそも気分屋で不安定な馬だったら13勝も出来ないと思うしね。

 騎乗する横山典弘騎手がゴールドシップと波長を合わせ上手く導くことが出来れば、宝塚記念3連覇の偉業は案外易く達成できるかもしれない。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

【安田記念馬体診断】フィエロ まだまだ未完成の身体つき

【安田記念】馬体FOCUS フィエロ Fiero 馬体解説・比較 …

【オークス馬体診断】クイーンズリング、素晴らしい出来

【優駿牝馬】馬体FOCUS クイーンズリング Queens Ring&# …

2014皐月賞@イスラボニータ
イスラボニータ 立て直しは成功。春とは状態の差は歴然 / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】イスラボニータ Isla Bonita 馬体解説・比較 …

ヴァンキッシュラン その勢いと風格は四強に勝るとも劣らず / 日本ダービー

#ヴァンキッシュラン #VanquishRun #日本ダービー #東京優駿 #競 …

【安田記念馬体診断】モーリス 器と雰囲気はトップクラス

【安田記念】馬体FOCUS モーリス Maurice 馬体解説・ …

【オークス馬体診断】クルミナル、距離延長に対応できるように馬体を造り変える

【オークス馬体診断】クルミナル 評価B|WIN!競馬 http://t.co/t …

リオンディーズ 東京芝2400mの適性は兄譲りで巻き返し必至 / 日本ダービー馬体診断

#リオンディーズ #Leontes #日本ダービー #東京優駿 #競馬 #kei …

アンビシャス 中距離以下の活躍の場を限定するのは非常に勿体ない馬体 / 毎日王冠

【馬体FOCUS】アンビシャス Ambitious 馬体解説・比較写真は …

スピルバーグ 期待よりも不安の方が大きい / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】スピルバーグ Spielberg 馬体解説・比較写真は …

サトノアラジンに本格化の兆し / エプソムC馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】 エプソムCに出走予定のサトノアラジン。 …