馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【天皇賞・春回顧】優れたスタミナを持つ馬たちが上位を独占

      2015/05/11

 ゴールドシップの見事な走りに沸いた今年の春の天皇賞。

 今回の記事では2着から5着まで各馬について、思ったことを記してみたい。

スポンサーリンク

2着フェイムゲーム

 2月のダイヤモンドS以来だった訳だが、状態は素晴らしく良かったと思う。パドックでも1・2を争うぐらい良く見えた。

 若い頃はハーツクライ産駒にありがちなトモの緩さを感じさせた馬だったが、5歳を迎えてその点は完全に解消された。成績が示すとおり、ここに来て完全に本格化したと言って良いと思う。

 レースでは中団の良いところにポジションを取っていて「これは・・・」と思いながら見ていたが、ペースが上がった時に反応が鈍くちょっと立ち遅れたり、4コーナーで周囲を囲まれてスムーズに加速できなかった部分が、クビ差届かないという結果に繋がったかもしれない。

 また鞍上の北村宏司騎手も最後の直線でかなり必死だったのか、お世辞にもキレイとは言えない格好で追っていて、この辺もう少しスマートだったらもっと際どかった気もしないでもないが・・・。まあこれは「タラレバ」の話しになるだろう。

 いずれにしても今回ステイヤー資質を大きく問われるレース展開で、ここまでゴールドシップに迫ったのは大健闘と言ってよく、今後更に注目していきたい馬だと思う。

 秋はメルボルンCなどに遠征してくれないかな?

3着カレンミロティック

 こちらも出来はかなり良かったと思う。

 どちらかというとステイヤーというよりも「長距離もこなす中距離馬」といった感じの馬体をしているカレンミロティックだが、今回のレースでも最後1ハロンで脚が鈍ったところを見る限り、やっぱりベストはもう少し短い距離なのではないだろうか。

 ただゴールドシップの仕掛けにより先行した馬が厳しくなり、カレンミロティック以外が総崩れになったことを考えると、逆に良く粘ったという見方も出来なくはない。

 あまりにも早く、そして勢い良く先頭に立ち突き抜けてしまったが為に、最後脚が鈍ってしまった可能性は大いにある。

 あそこでもう少し我慢できていれば・・・。そう思わせるほどの高いパフォーマンスを見せたことは間違いない。

4着ラストインパクト

 出来はかなり良かったけど、ちょっとテンションが高めだったかな?

 去年は勢い良く行き過ぎて最後失速しただけに、このテンションの高さが道中どう影響するか心配になったのだが・・・。スタンド前で一瞬行きたがるそぶりは見せたものの、それ以外ではしっかりと折り合いは付いており、上手くコントロールできたのではないだろうか。

 レース全体を振り返ると川田騎手も上手く乗ったと思う。終始内ラチ沿いをキープして、最後の直線でも全く詰まるところは見せなかった。

 最後の直線でゴールドシップと一緒に伸びてきたときは「やったか!?」と思ったんだけどね。最後脚色が鈍りカレンミロティックを交わすところまでいけなかった場面を見ると、やっぱりちょっと距離が長かったかなと思う。

 ただ4着という結果は中距離ベストのラストインパクトにとって大健闘だろう。昨年の有馬記念のレース振りを見ても分かるように、いよいよG1タイトルに手が届くところまで力を付けてきているのは間違いない。

5着ネオブラックダイヤ

 3000m超のレースではステイヤーズSが6着、ダイヤモンドSが5着と大崩れはしないネオブラックダイヤだが、それにしてもこのメンバーで5着という結果にはビックリした。

 ただ結果としてスタミナが売りの同馬が5着に入ったということは、今年の天皇賞がいつもよりもステイヤー資質を問われるレースになったということの証明のようにも思う。

 同馬よりも上位を観てみれば、何れもスタミナに定評のある血統構成の馬ばかり。そう考えると今年の春の天皇賞は、以前のような天皇賞らしい天皇賞になったと言えるのではないだろうか。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

阪神大賞典で復活したゴールドシップ
【天皇賞・春回顧】ゴールドシップの底力を引き出した横山典弘

 正直パドックの気配はイマイチに見えた。  前走後に脚元に不安を発症したこともあ …

【オークス回顧】ミッキークイーンの強靭な末脚を引き出した「一瞬の遅れ」

 2戦目で初勝利を挙げたのを現地で見ていた時、「これは後々はオープンで勝ち負けす …

【安田記念回顧】ヴァンセンヌ 競馬において賞賛と批判は紙一重

 見事モーリスという新マイル王者誕生で幕を閉じた今年の安田記念。  この記事では …

ソルテ 小回りで長所の機動力が際立つ。秋のJBCでも期待大 / 2016さきたま杯

 いやぁー、ソルテ見事な逃げ切りだった!  JRA所属のG1馬4頭を向こうに回し …

プロフェット 叩き合いで屈するが負けてなお強しの内容 / 札幌2歳S回顧

惜しかった(ノД`)プロフェット pic.twitter.com/lpBMivh …

亡き愛娘に捧げる悲願の重賞初制覇。松田大作とタガノアザガルが壮絶な叩き合いを制す ~2015ファルコンSレース回顧~

2015年3月21日(土) 中京11R ファルコンS タガノアザガル(松田騎手) …

サトノダイヤモンド ダービー馬の資格は十分に有ったが勝利の女神は振り向かず / 2016日本ダービー回顧

【日本ダービー(G1)PHOTO】制したのは川田将雅騎手&③マカヒキ! ⑧サトノ …

ミッキークイーン 人馬共に素晴らしいパフォーマンスで納得の2冠達成 / 秋華賞レース回顧

 「勝利に相応しい馬が、勝つべくして勝った」  20回目の節目を迎えた今年の秋華 …

ノンコノユメの今後の可能性 / ユニコーンS回顧

 競馬ファンの中で追い込みが嫌いという人は恐らく少数派だと思う。  古くはシービ …

柴山騎手に撫でられるアルビアーノ
圧勝したアルビアーノに競馬史に残る名牝の姿を見た! ~2015フラワーCレース回顧~

フラワーC勝利のアルビアーノ。 無傷の3連勝で重賞制覇、柴山騎手は約5年 …