馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【天皇賞・春回顧】キズナが凡走した3つの要因

      2015/05/11

 春の天皇賞のレース回顧も、今回の記事がラスト。

 この記事では1番人気に支持されるも見所なく7着に沈んだキズナを中心に振り返ってみたい。

スポンサーリンク

7着キズナ

 最終追い切りが軽めで色々憶測の飛んだキズナだが、やっぱりちょっと甘さが残る仕上がりだったと思う。

 元々筋肉質で少々太めに見え易い馬体をしている同馬だが、この日はいつも以上に全体的に余裕を感じさせる見せる造りだった。

 マイナス2キロと数字こそは減っていたが、前走の大阪杯の方が締まった身体つきに見えており、直前の追い切りが示すように何らかの原因で攻め切れなかったのではないだろうか。

 さてレースだが、レース後に武豊騎手がコメントしていたようにキズナらしい末脚が全く見られない、不完全燃焼感が色濃く漂う競馬になってしまったように思う。

 いつものように後方から脚を溜める競馬をしたのにも関わらず、今回は何故あの爆発的な末脚が見られなかったのだろうか?

 レース後、武豊騎手や厩舎関係者は「わからない」というコメントを連発していたが、レース全体を振り返ってみれば幾つかの原因らしきものが浮かび上がってくる。

 まず始めに思い当たる要因といえば、先に述べたように状態面の物足りなさだろう。特にキズナは一瞬の切れ味を身上とした馬。甘さの残る仕上げ、馬体では特に切れ味は鈍り易くなるものだ。

 次に昨年よりも多少時計の掛かる馬場になったことも影響しただろうか。この日は馬場の高速化を懸念した馬場造園課により、コースに頻繁に散水が行われていたという情報がある。

 昨年のように日が照って気温が高くなっていれば、この散水によりキズナにとってちょうど良い馬場状態になったのだろうが、この日は雲が多く気温も思ったよりも上がらなかった。その影響で想像よりも水分が残ってしまい、良馬場にしては最後の直線で芝の飛ぶ馬場状態になっていたと思う。

 元々緩い馬場自体はこなすキズナだが、3200mの長丁場となると話しは変わってくる。少しでもスタミナを温存する為に、できればもう少し軽い馬場状態だった方が良かったというのが陣営の本音なのではなかろうか。

 そしてキズナの末脚が不発に終わった最大の要因が、スタミナ自慢の馬たちが上位を独占するようなステイヤー資質を強く問われる流れになってしまったことだろう。

 キズナという馬は以前から何度も述べてるように、本質的にこの距離で高い能力を発揮できる馬ではない。正直ベストの距離は2000m以下だろう。

 まだ馬体に筋肉の付き切っていなかった3歳時こそ、ダービーや凱旋門賞といった2400m戦で結果を残すことが出来たが、古馬になって身体全体に筋肉が付き、以前よりもストライドが狭くなった今では、クラシックディスタンス以上の距離で結果を出すことは以前よりも厳しくなっている。

 他馬と比べても高い能力を誇るキズナだからこそ、今までは適性外の距離でもそう大きく崩れることはなかったが・・・。さすがにここまでステイヤー資質を問われるレース展開になると、能力だけではカバーできなくなる。末脚が不発に終わったのも当然といえるだろう。

 恐らく内心では武豊騎手も佐々木調教師もこういった結果に終わる可能性は充分認識していた筈。馬主や応援してくれるファンの手前、とりあえず敗因不明とコメントしているだけではないだろうか。

 あと佐々木調教師のコメントといえば、一部で「骨折してからトップスピードに乗るのを嫌がっている」とコメントしたらしいが、正直これは根拠が薄いと思う。というのも復帰初戦の京都記念の残り400-200m区間で、自己最速と思われる10秒台後半の脚を使っているからね。

 もし骨折したことを気にしているならば、あのような脚は使えないはず。自分も競馬関係者の端くれだったので良く分かるのだが、レース直後というのは敗因の分析が全然進んでいないため、記者などに敗因を求められてもその時思いついた言葉をポッと使ってしまいがちになる。

 この佐々木調教師のコメントもその類いだろう。あまり真に受けないほうが良いと思う。

 さて個人的には負けるべくして負けたという印象の今回の天皇賞。次走は恐らく宝塚記念になるのだろうが、これで人気を落としてくれたら強気に買いたいところだ。

その他の馬たち

 4番人気に支持されたサウンズオブアースは9着。

 出来は良かったと思う。ただ最後の1ハロンで一気に失速したレース振りを見る限り、少し距離が長かったのではないだろうか。

 昨年の菊花賞では2着に好走している同馬だけど、あれは蛯名騎手がコースロスの全くない、最高の騎乗をしての結果だからね。今回外枠からの発走となり、あれ以上の競馬は望めなかっただけに、本質的に中距離馬であるサウンズオブアースにとってあれだけのパフォーマンスを望むのは酷だったかもしれない。

 3番人気に支持されたアドマイヤデウスは15着と大敗・・・。

 こちらの敗因に関してはレースを見れば一目瞭然だろう。レースの序盤からあれだけ掛かり通しになっては、さすがに最後までスタミナが持つ訳がない。

 元々3歳時から少し気性的に危なっかしい面は指摘されていたのだが・・・。大一番で再度その危なっかしい気性がクローズアップされる結果となってしまった。

 パドックから独特の雰囲気が漂うG1レースでは、今後もこの気性がネックとなる可能性は付きまとうだろう。

 今後同馬がビッグタイトルを掴めるか否かは、厩舎サイドの努力次第となりそうだ。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

リアルスティールをG1馬へと導いたライアン・ムーアの凄さ / 2016ドバイターフ回顧

 ライアン・ムーアという騎手の凄さをまざまざと見せ付けられたというのが、レースを …

プロフェット 叩き合いで屈するが負けてなお強しの内容 / 札幌2歳S回顧

惜しかった(ノД`)プロフェット pic.twitter.com/lpBMivh …

【NHKマイルC回顧】横山典弘が魅せた!絶妙な手綱捌きでクラリティスカイを勝利に導く

 JRA公式ラップ:12.4 – 11.1 – 11.8 …

2015高松宮記念@エアロヴェロシティ
呆れるほどの素質と強さ!万全ではなかったエアロヴェロシティが力で日本馬を捻じ伏せ勝利 ~2015高松宮記念レース回顧~

【PHOTO】エアロヴェロテシティ Aerovelocity http: …

クイーンズリング かなりの成長を見せるも戴冠まではあと一歩・・・ / 秋華賞レース回顧

【報知競馬情報】 【秋華賞】クイーンズリング2着 Mデムーロ「惜しかった」 ht …

【ダービー回顧】ドゥラメンテ その強さは怪物と称するのが相応しい

 JRA公式ラップ:12.7 – 10.9 – 11.8 …

【スプリンターズS回顧】凡戦の一言で片付けるのは勿体ない、色々と考えさせられるレースに

 1つ前に行われた同距離の古馬1000万条件特別、勝浦特別の勝ちタイムが1分8秒 …

【ダービー回顧】騎手の手腕が光ったサトノラーゼンとコメート そして戦い切った男の涙は美しかった

サトノラーゼン。パドックでは助手さんが何とか落ち着かせようと声かけたり、首を撫で …

【京都新聞杯回顧】サトノラーゼン、ポルトドートウィユの2頭はダービーでも期待

 JRA公式ラップ:12.3 – 10.7 – 12.2 …

柴山騎手に撫でられるアルビアーノ
圧勝したアルビアーノに競馬史に残る名牝の姿を見た! ~2015フラワーCレース回顧~

フラワーC勝利のアルビアーノ。 無傷の3連勝で重賞制覇、柴山騎手は約5年 …