馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

トゥザワールド惜しい!不利な条件が重なるも地力で2着を確保 2015ザ・BMWレース回顧~

      2015/10/02

 さきほどオーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたGⅠザ・BMW(芝2400m)で、オーストラリア遠征緒戦に挑んだ日本のトゥザワールド

 堂々の1番人気に支持されて遠征緒戦を白星で飾るべくレースに挑んだのだが、道中5~6番手を追走すると直線大外に持ち出し伸びてくるも、最後は脚が上がってしまい2着でゴール板を通過。

 惜しくも幸先の良いスタートを切ることは出来なかった。

スポンサーリンク

ロスの多いレース振りだったが2着に健闘

◆2015ザ・BMWの全着順(Race7を参照)はこちら

 うーん・・・惜しいなあ。一旦並んで交わすところまで行ったんだけどね。

 仕上がりに関しては陣営も事前に「8割の出来」とコメントしていたように、次走を睨んだ余裕残しの状態だったと思う。オーストラリアは馬体重発表の習慣が無いのだが、見た目にもお腹周りに余裕があったように見えた。

 スタートは少し出遅れ気味だったかな。それでも二の脚が速い馬なので包まれる事無く、上手く中団の5番手を取る事が出来た。

 道中は結構前から離された位置での競馬となったが、正直少し離され過ぎた気がしないでもない。トゥザワールドの武器は抜群の機動力と一瞬の切れで、息の長い脚を使うタイプではない。

 なのであまり離され過ぎると、直線追い込んできても最後は脚色が一緒になってしまい、差し込みきれないパターンがあるかなと懸念していたのだが・・・。まさに懸念していた通りのレースとなってしまった。

 4コーナーで一気に上がって行き先頭に並びかけたトゥザワールド。しかしローズヒルガーデンズ競馬場の最終コーナーは角度が急で、大外を回った同馬はかなり外に振られてしまう。

 それでも内のハートネル(Hartnell)と馬体を併せて叩き合いに持ち込むと、一瞬は先頭に立つところまで行ったのだが・・・。そこで脚が上がってしまい、ハートネルに再度交わされて突き放されてしまった。

 最後はハートネルに1馬身1/3差を付けられて、2着でゴール坂を通過したトゥザワールド。勝ち切れなかったのは残念だが、休み明けという事とレース振りの拙さを考えると、全然悲観する必要の無い大健闘ではなかろうか。

 一叩きされた次走は動きも格段に良くなるだろうし、ホール騎手も同じ過ちは繰り返さないであろう。逆転の可能性はかなり高いと思われる。

 同馬の目標は4月11日に行われるクイーンエリザベスS(豪GⅠ)。ここにはトーセンスターダムも出走を予定しているが、是非とも日本馬2頭で上位を独占して欲しいところだ。

 - レース回顧, 海外競馬

        
follow us in feedly

  関連記事

トーセンスターダム@2014チャレンジカップ
トーセンスターダムがランヴェットステークス(豪G1)に出走

 現在オーストラリアに遠征中の日本馬4頭。その内の3頭が本日21日、遠征緒戦を迎 …

ゴールデンホーン 天才騎手に導かれ名牝の夢を打ち砕く / 凱旋門賞回顧

 フランキー・デットーリといえば日本の競馬ファンにも良く知られた天才騎手である。 …

【スプリンターズS回顧】凡戦の一言で片付けるのは勿体ない、色々と考えさせられるレースに

 1つ前に行われた同距離の古馬1000万条件特別、勝浦特別の勝ちタイムが1分8秒 …

日本に希望をもたらしたヴィクトワールピサ
ドバイワールドカップの公式プロモーション動画

 いよいよ今週土曜日に迫ったドバイワールドカップデー。  先日、メインレースであ …

亡き父に捧げる勝利 ディヴァインライト産駒レンクがトルコG2を快勝

 海外に輸出されたサンデーサイレンス系種牡馬の先駆けとして、欧州で活躍した種牡馬 …

名馬テイクオーバーターゲット、放牧中の事故で死す

 2006年のスプリンターズSを制し、日本でもお馴染みの存在であった豪州のチャン …

【京都新聞杯回顧】サトノラーゼン、ポルトドートウィユの2頭はダービーでも期待

 JRA公式ラップ:12.3 – 10.7 – 12.2 …

【英オークス】クオリファイ しんがり人気馬が激走、大波乱を呼ぶ

 ▼2015英オークスの出走馬全着順はこちら  現地時間の5日、イギリスはロンド …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
1着賞金は安田記念の1.6倍!?リアルインパクトとワールドエースが南半球ベストマイラー決定戦、ドンカスターマイルに挑む

 現地時間の4月4日。オーストラリアのロイヤルランドウィック競馬場において当地の …

クイーンズジュエルがG1サンタラリ賞を圧勝 フランスからまた強い3歳牝馬が現れる

 ▼サンタラリ賞(仏G1)の全着順はこちら  なにか毎年恒例となりつつある気もす …