馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

ゴールデンバローズ 同期の中でも飛び抜けた風格 / ユニコーンS馬体診断

   

 ゴールデンバローズのフォトパドックを見るのは初めてだが、思わず「ほぉー・・・」と感嘆の声が漏れてしまいそうなほど、素晴らしい馬体をしていた。

 500キロを超える馬とは思えない軽さを感じさせる馬体。しかし要所要所にはダートで結果を出すに相応しい強靭な筋肉が付いており、スピードとパワーが共存している現代型ダート馬の理想型に近いバランスの取れた身体付きをしている。

 すらりと伸びた首は追ってからの確かな脚を保証し、長くしっかりとした胴は強靭なトモが生み出した推進力をしっかりと受け止め、スピードへと転換する。

 四肢と繋ぎの長さは標準的でその分脚を速く回転させることが出来るので、マイルは充分守備範囲だろう。距離適性的にはマイルから2000mまでがベストの馬ではなかろうか。基本はスピード優先の速い馬場の方が良いタイプだとは思う。

 海外遠征帰りということでどうしても状態が懸念されるが、少なくともこの写真からは遠征疲れなどは微塵も感じられない。皮膚も薄く毛ヅヤもピカピカ、張りのある馬体は一目見て状態の良さを連想させるものだ。

 確かに同期の中でも完成度の高い馬だが、それにしても馬体から漂う風格は1頭抜けている。競馬に絶対はないが、それでも今回は負けようが無いのではないかと思ってしまうほどだ。

 ここで同世代との戦いには決着をつけて、秋には古馬との戦いを見てみたい。ゴールデンバローズの馬体を見ていて思わずそう思った。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

スピルバーグ 期待よりも不安の方が大きい / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】スピルバーグ Spielberg 馬体解説・比較写真は …

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップ。 けさは、横山典騎手が手綱を取り、C …

アンビシャス 中距離以下の活躍の場を限定するのは非常に勿体ない馬体 / 毎日王冠

【馬体FOCUS】アンビシャス Ambitious 馬体解説・比較写真は …

【安田記念馬体診断】モーリス 器と雰囲気はトップクラス

【安田記念】馬体FOCUS モーリス Maurice 馬体解説・ …

マカヒキ 大幅な上積みこそ無いが確実に良化 / 日本ダービー馬体診断

#マカヒキ #Makahiki #日本ダービー #東京優駿 #競馬 #keiba …

モーリス 風格すら感じさせる立ち姿 / 安田記念馬体診断

【先“撮”り馬体PHOTO】モーリス (Maurice)https://t.co …

タップザット ライバルより前で競馬したい / ユニコーンS馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】ユニコーンSG3に出走予定のタップザット …

ラキシス デビュー以来最高の出来 / 宝塚記念馬体診断

【宝塚記念】馬体FOCUS ラキシス Lachesis 馬体解説 …

【オークス馬体診断】クルミナル、距離延長に対応できるように馬体を造り変える

【オークス馬体診断】クルミナル 評価B|WIN!競馬 http://t.co/t …

【ダービー馬体診断】ドゥラメンテ 体調に黄信号!?

【日本ダービー】馬体FOCUS ドゥラメンテ Duramente&#10 …