馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ヴィクトリアマイル回顧】レッドリヴェールとヌーヴォレコルト、距離適性の壁に泣く

   

 前記事に引き続き、今回もヴィクトリアマイルのレース回顧を行う。ここでは4着以下に敗れた馬たちについて触れよう。

 まずは好位から脚を伸ばすも4着だったレッドリヴェール

 マイナス6キロと馬体を減らしてきたが、力を出し切れる状態にはあったと思う。欲を言えばあと10キロぐらい増えて、胴と腰とトモがもっとガッシリすれば最高なのだが、ようやく体調も安定してきたようだし、これは今後の課題ということだろう。

 返し馬でも脚の切れは際立っていたし、完全に昨秋のスランプは脱したと思う。

 レースでは好位の4番手を進んだ訳だが、ミナレットが飛ばしたと言っても馬群はだいぶ離されており、無理のないペースで道中は進んでいたと思う。

 ルメール騎手としてもさすがに最後は前が止まる筈と考えていたと思うが、直線に向いて追い出しを開始してもなかなか前との差は詰まらない。

 同じように追い出しを開始したストレイトガールが矢のように伸びたことにより、置いて行かれてしまったレッドリヴェールは一見伸び悩んだように見えがちだが、上がりの脚自体は33秒7としっかり使っている。

 要は勝負どころでスプリンターと中距離馬のスピードの差が出たということだろう。さすがにスピード勝負になると中距離馬は分が悪い。

 レッドリヴェールの走破タイムの1分32秒4は、例年の同レースだと勝ちタイムに相当する。いつもの年だと充分勝ち負けになる走りを見せられているのだが・・・。中距離馬にはマイルで1分31秒台の壁は高かったということだと結論したい。

 5着のカフェブリリアントは良く頑張ったんじゃないかと思う。

 道中はストレイトガールを見る位置で、4コーナーでもその後ろから進出。上手く乗れたと思うけど、そこからの一瞬の脚が勝ち馬とは違った。ジリジリと伸びては来ているのだが、スパッと抜け出した馬たちとの差が思うように詰まらない。

 最後はレッドリヴェールに詰め寄ったものの5着という結果は、高速馬場での瞬間的なスピードの差を露呈したものだろう。やはりサンデーの血を持っていないことが、大一番で小さくない差となって現れてしまったのかも知れない。

スポンサーリンク

 6着のヌーヴォレコルトに関してはファン・関係者の間でも意見が分かれるだろうが、筆者は良く走っている方ではないかと思う。

 これは推測なので数字に誤りがあるかも知れないが、ヌーヴォレコルトはレースの後半1000mを推定56秒半ばから57秒ぐらいで走り抜けているのではないかと思う。

 これは中距離からクラシックディスタンスがベストと思われる同馬にしてみれば、相当速い時計だ。しかも今回記録した33秒5の末脚は、今までのキャリアの中で自己最速。これで思ったよりも走らなかったと言われたら、ヌーヴォレコルトも立つ瀬が無いだろう。

 レッドリヴェールでも述べたが、ヌーヴォレコルト自身は例年なら充分勝ち負けになる時計で駆け抜けている。ただレース序盤に離され過ぎた位置取りや、1分31秒台の走破時計を求められる流れが単純に合わなかったということだろう。

 やはり同馬の真価は中距離以上で発揮される。そういう結論で良いのではなかろうか。

 7着のディアデラマドレは出来が非常に良かった。これぞキングカメハメハ産駒と呼ぶべき逞しいトモの筋肉は、牝馬離れしていると言っても良かっただろう。

 それだけにスタートで大きく出遅れてしまったのは痛かった。まともにスタートを出ていればその後のポジションの取り方に工夫も出来ただろうが、あれだけ出遅れてしまうと遅れを取り戻すことが精一杯。

 それでもペースに緩みがあればどこかで巻き返す手も合っただろうが、馬群が縦長になるとそれも難しい。そしてマイル戦はあっという間に勝負どころを迎えてしまうので、奇策に出る余裕も殆ど与えられない。

 このレースでもメンバー中最速の上がり32秒8の脚を繰り出したディアデラマドレ。さすがの末脚だが7着まで押し上げるのが精一杯だった。

 スタートの心配もあるし、またキングカメハメハは前半から速い流れよりも、後半上がりが速くなる競馬の方が相性の良い馬が多い傾向にあるだけに、同馬も2000m以上の方が良いのかも知れない。

 - レース回顧

        
follow us in feedly

  関連記事

サトノダイヤモンド ダービー馬の資格は十分に有ったが勝利の女神は振り向かず / 2016日本ダービー回顧

【日本ダービー(G1)PHOTO】制したのは川田将雅騎手&③マカヒキ! ⑧サトノ …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
リアルインパクトが見せた素晴らしき勝負根性!火の出るような叩き合いを制し海外G1初制覇 ~2015ジョージライダーSレース回顧~

 現地時間の21日。オーストラリア・ローズヒルガーデンズ競馬場で行われたジョージ …

エイシンヒカリ 進化した走りで快勝!! / エプソムC回顧

 その個性的な走りと武豊騎手とのコンビから、競馬ファンに「第二のサイレンススズカ …

馬場状態をフルに活かしきったバウンスシャッセと田辺騎手 ~2015中山牝馬ステークスレース回顧~

 15日に行われた重賞「第33回 中山牝馬ステークス(GⅢ)」。  ハンデ戦で且 …

【天皇賞・春回顧】優れたスタミナを持つ馬たちが上位を独占

ゴール目前でカレンミロティックがフェイムゲームに差された直後。 よく見る …

ゴールデンバローズの敗因を探る / ユニコーンS回顧

 日本のダートでは3戦無敗。勇躍遠征したドバイのUAEダービーでは各国の強豪に混 …

ノンコノユメの今後の可能性 / ユニコーンS回顧

 競馬ファンの中で追い込みが嫌いという人は恐らく少数派だと思う。  古くはシービ …

【オークス回顧】ルージュバック 限られた時間の中で最善を尽くすもたった1つのミスに泣く

2着ルージュバック・戸崎騎手「前に壁ができなかったけど折合つけたし我慢できた。気 …

【京都新聞杯回顧】サトノラーゼン、ポルトドートウィユの2頭はダービーでも期待

 JRA公式ラップ:12.3 – 10.7 – 12.2 …

タッチングスピーチ 敗因は内回りと二度の不利か / 秋華賞レース回顧

【報知競馬情報】 【秋華賞】2番人気タッチングスピーチ6着 ルメール「内回りは忙 …