馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【ヴィクトリアマイル】バウンスシャッセが激走する可能性は限りなく大きい

      2015/05/17

 前走中山牝馬Sの勝利が良いキッカケになったのか?どうやら完全にスランプは脱したようだ。

 南Wコースで3頭併せの外で追い切られたバウンスシャッセ

 藤沢厩舎らしい最後まで手綱を抑えたままの追い切りだったが、一瞬でパートナーを交わしそうになった加速力、全力で走りたいと行きたがる面を見せるも全くブレないキレイなフォーム、馬体の迫力に反して重苦しさを感じさせない素軽い動きなど、見る者の目を惹きつける素晴らしい動きをしていた。

 この追い切り内容ならば、状態面はなんら心配ないだろう。パドックではイレ込んだりしていないか?精神面だけチェックすれば良いと思われる。

スポンサーリンク

 あと気になるのは馬場適性やレースの展開などだが、どちらもバウンスシャッセにとって向きそうな感じがする。

 まず馬場適性だが、今の東京競馬場の芝状態は例年よりも時計の掛かる芝となっており、余程のスローペースでない限り超高速の上がり(33秒台前半から32秒台後半)を記録するような切れ味勝負の競馬にはなりそうも無い。

 もちろん直線が長いコースなのでそれなりの脚は欲しいが、それでも中団から前で競馬して34秒半ばの脚が使えれば問題ないだろう。バウンスシャッセなら余裕で使える脚だ。

 あと今の東京の芝はタフで、直線最後まで脚を使い続ける為にはある程度馬格が有った馬が有利。実際土曜日の芝のレースを見ても、大体のレースで馬格のある馬が上位を占めていた。これは身体が大きい分必然的に一完歩の幅が大きくなるので、広くて直線の長いコースだとそれだけ有利になる為だ。

 そしてバウンスシャッセは牝馬としては破格と言える520キロ前後の立派な馬格をしている。今の東京競馬場だとこれは大きな武器になるだろう。最後の1ハロンで他馬の脚が鈍ったとき、その大きな身体を生かして最後の一伸びを見せてくれる筈だ。

 そして展開も本質的には中距離馬の同馬にとって向く流れになるだろう。

 ケイアイエレガントやベルルミエール、ミナレットなどの先行馬が存在するので、ドスローの展開は恐らく無いだろう。ただケイアイエレガント以外は番手でも競馬出来るタイプだけに、ハイペースも無いはず。

 おそらくテンはそこそこ速いものの中盤は少し緩み、また後半4ハロンぐらいから流れ出す展開となるのではなかろうか。所謂中距離に良くある流れになると思われ、バウンスシャッセがペースの違いに戸惑う可能性は限りなく低いと思われる。

 あとは鞍上の北村宏司騎手の乗り方一つだろう。この馬の力をフルに引き出すには序盤から型に嵌める競馬をせず、最初は馬の行く気に任せてレース中盤から徐々に気を入れていく競馬が最良ということを、前走の中山牝馬Sで代打騎乗した田辺騎手が示してくれた。

 これを北村騎手がしっかりと理解していれば、勝ち負けの可能性もグッと高くなると思うが・・・。

 果たして北村騎手がどのような競馬を見せるか?レース本番の走りに注目したい。

 - 追い切り

        
follow us in feedly

  関連記事

ミッキーアイル 最終追い切りを坂路に戻してきた意味とは / スプリンターズS追い切り

 安田記念では気性面の若さを前面に出してしまい、15着と大敗したミッキーアイル。 …

【オークス追い切り】ココロノアイ 変則的な追い切りだが動き自体に問題なし

 普段良く行われている追い切りとは違い、前半から押さえずに飛ばして行ったココロノ …

【ダービー追い切り】サトノクラウン 万全の仕上がり

 皐月賞の時と比べるとソフトな内容だったサトノクラウンの最終追い切り。  管理す …

アルタイル 好走の鍵は仕掛けどころ / ユニコーンS追い切り

 ダートでは6戦2勝、2着3回と安定した成績を残しているアルタイル。  先行力が …

レーヴミストラルとタンタアレグリア、ダービー追い切りで感じた青葉賞組の評価

 ここまで注目馬のダービー最終追い切りを観てきたが、この記事ではトライアルの青葉 …

ゴール前、激しい叩き合いを見せるリアルインパクト
【安田記念】リアルインパクト 本調子を取り戻した今なら勝機は充分

 今年の春、日本競馬に明るい話題を届けてくれた競走馬といえばリアルインパクトだろ …

レッドオーヴァル やるべきことをやった牝馬にいよいよ勝利の女神が微笑むか / スプリンターズS

 レッドオーヴァルという馬は運の無い馬だというイメージが強い。  桜花賞2着、ス …

プロフェット スケールの大きさはメンバー中随一 / 札幌2歳S追い切り

 ハービンジャー産駒が1~2番人気を独占しそうな今年の札幌2歳ステークス。  お …

阪神大賞典3連覇を狙うゴールドシップ
ゴールドシップが一歩リード ~2015阪神大賞典追い切り診断~

 春の天皇賞における重要なステップレースとして、過去に幾多の名馬が参戦してきた「 …

阪神大賞典3連覇を狙うゴールドシップ
ゴールドシップが阪神大賞典の追い切りで良い動きを見せる

 圧倒的1番人気に支持されたAJCCで思わぬ敗北を喫したゴールドシップ。  その …