馬事総論ドットコム

馬に関することなら何でも取り上げるブログ

【安田記念馬体診断】フィエロ まだまだ未完成の身体つき

      2015/06/05

 安田記念の馬体診断、今回は昨秋のマイルCS2着馬で前走マイラーズCも32秒台の脚を使って3着に入線したフィエロを取り上げたい。

スポンサーリンク

 「正直、もっと良くなりそうな気がする」写真を見た第一印象はそんな感じだろうか。

 別に仕上がりが悪いわけではない。昨年のマイルCS2着時と比べても遜色ない姿に見える。では何が不満なのか?研ぎ澄まされた、鍛え上げられたという雰囲気が馬体からは全く感じられないのだ。

 ディープインパクト産駒らしい全体的にまとまった品のある馬体をしているが、まだまだ鍛えぬく余地はあるだろう。全体的に緩いというか、研ぎ澄まされた一級のアスリートという雰囲気は全く感じられない。

 これで昨秋のマイルCSで2着に来るのだから、どれほど能力が高いのかと思うのだが・・・。所属する藤原英昭厩舎はじっくりと馬を造る厩舎で、負荷をバンバン掛けて馬を造るということはしない。この辺が現状緩さを感じさせる雰囲気に繋がっているのだろうか。

 500キロ近くある大型馬の割には胴詰まりで脚も短いフィエロ。典型的なマイラーでスタミナを問われる流れになると脆さを出すタイプだろう。一瞬の瞬発力で勝負するタイプで、直線の長過ぎる東京コースは脚の使い所が難しく、合わない印象を受ける。

 馬格が有るといってもパワー豊富な筋肉をしている訳ではないので、道悪はあまり得意ではない。スピード優先な高速馬場で一瞬の脚を生かす競馬が一番能力を発揮できると思う。

 素材は一級品なので、一度充分追い込まれ鍛え上げられたフィエロの姿を見てみたいのだが・・・。

 - 馬体診断

        
follow us in feedly

  関連記事

【ダービー馬体診断】キタサンブラック あのダービー馬に通じる雰囲気を纏う

【日本ダービー】馬体FOCUS キタサンブラック Kitasan Bla …

ゴールドシップ 近走では1番良い状態 / 宝塚記念馬体診断

宝塚記念3連覇を狙うゴールドシップ。 けさは、横山典騎手が手綱を取り、C …

ディーマジェスティ 仕上がりに一抹の不安 / 日本ダービー馬体診断

#ディーマジェスティ #DeeMajesty #日本ダービー #東京優駿 #競馬 …

アンビシャス 中距離以下の活躍の場を限定するのは非常に勿体ない馬体 / 毎日王冠

【馬体FOCUS】アンビシャス Ambitious 馬体解説・比較写真は …

【安田記念馬体診断】モーリス 器と雰囲気はトップクラス

【安田記念】馬体FOCUS モーリス Maurice 馬体解説・ …

スピルバーグ 期待よりも不安の方が大きい / 毎日王冠馬体診断

【馬体FOCUS】スピルバーグ Spielberg 馬体解説・比較写真は …

【ダービー馬体診断】リアルスティール 研ぎ澄まされた馬体

【日本ダービー】馬体FOCUS リアルスティール Real Steel& …

ディサイファ、休み明けの影響は? / エプソムC馬体診断

【エプソムCC】馬体FOCUS ディサイファ Decipher …

サトノアラジンに本格化の兆し / エプソムC馬体診断

【今週の1枚~カラーPHOTOパドック】 エプソムCに出走予定のサトノアラジン。 …

モーリス 風格すら感じさせる立ち姿 / 安田記念馬体診断

【先“撮”り馬体PHOTO】モーリス (Maurice)https://t.co …